このまちアーカイブス INDEX

新宿御苑いまむかし 誕生と移り変わり

都市のオアシスとして親しまれている「新宿御苑」は、江戸時代には信州高遠藩内藤家の武家屋敷であった。明治維新を経て、現在の姿になるまでの変遷をたどる。


家康から拝領した信州高遠藩の庭園跡 MAP 4

1590(天正18)年、内藤家は徳川家康から、江戸幕府が開かれる前に約20万坪(約66ha)に及ぶ広大な土地を拝領したとされる。この地はちょうど江戸の西の玄関口にあたり、内藤家は土地を与えられる代わりに、防御の要の見張りを命じられたのだ。その後、「内藤新宿」の開設にあたり、幕府に一部の土地を返上するなど、明治維新のころには往時の半分以下の土地になっていたという。写真は、内藤家の屋敷にあった「玉川園」の一部で「玉藻池」の様子。【画像は1934(昭和9)年】

現在、約18万坪(約58.3ha)の広さのある園内では、四季折々の風景を楽しむことができる。「大木戸門」付近には内藤家の庭園の面影が残されている。

日本の近代農業、園芸はここからはじまった

1872(明治5)年、政府は内藤家の土地とその隣接地を組み合わせて購入し、近代的な農業振興のための「内藤新宿試験場」を整備した。約58.3haという広大な農場で、欧米型の進んだ農業を導入しようと試みたのである。数年後、「内藤新宿試験場」はその機能の一部を駒場に移転し、1879(明治12年)、この地は新たに宮内省によって「新宿植物御苑」となった。【画像は1908(明治41)年】

フランス人の造園家の設計で、壮大な庭園が完成

「新宿植物御苑」では引き続き、果樹、野菜、花の栽培技術の研究が進められていた。そんななか、1898(明治31)年、御苑技師の福羽逸人が責任者に就任すると、ベルサイユ園芸学校の教授だったアンリー・マルチネーに、植物御苑を庭園に改造する計画を依頼した。1906(明治39)年5月、現在とほぼ同じ形の「新宿御苑」が完成し、日露戦争の戦勝祝賀を兼ねた開苑式が、明治天皇のご臨席のもとに催された。皇室の庭園となった「新宿御苑」は戦後、国民公園として運営されることが決まる。1949(昭和24)年、「国民公園新宿御苑」として一般に開放された。【画像は昭和中期】

大正から昭和へ 時代の変遷を見守った新宿御苑

大正天皇は、1926(大正15)年12月25日、静養していた葉山御用邸(神奈川県三浦郡葉山町)で崩御された。47歳という若さであった。翌年の1927(昭和2)年2月7日から大喪儀が行われ、「新宿御苑」が大喪の礼の会場となった。皇居から御苑までの沿道の整備が行われ、苑内には葬場殿や正門、参列者控所などの施設が建設された。天皇の霊柩を乗せた大喪列車の発着のため、急きょ「新宿御苑仮停車場」も設置された。【画像は1927(昭和2)年】


「農事試験場」で改良されたフルーツの王様、マスクメロン

「野菜の作方」1902年 池久吉ほか 国立国会図書館蔵

「野菜の作方」1902年 池久吉ほか 国立国会図書館蔵

新宿御苑にあった「農事試験場」の福羽逸人は、日本の果樹の研究に大きな功績を残した。現在、私たちがスーパーマーケットで買い求める果物も、そこで栽培や品種改良の研究をされたものも少なくない。なかでも、栽培に成功した「マスクメロン」は、新宿から広まったフルーツとして名高い。

新宿に「高野(創業時は「高野商店」)」が産声を上げ、明治中期になると、この地を代表する果物店に成長していた。人々の間で進物に果物を用いることが流行すると、これに目を付けたのが二代目・髙野吉太郎だった。1920(大正9)年、「高野」は店頭でマスクメロンの販売を開始。同年、早稲田大学の創始者・大隈重信がマスクメロンの試食会を開催したところ、瞬く間に話題となった。これを機に、「高野」も高級果樹販売店へ舵を切ることになる。

1926(大正15)年、「高野」は店舗を洋風建築に改装し、果物が主役の喫茶店「フルーツパーラー」を開店した。「フルーツパーラー」の流行とともに、マスクメロンは人々に広く認知されていったのである。



次のページ 鉄道の発達


MAP

この地図を大きく表示


トップへ戻る