このまちアーカイブス INDEX

戦後の新宿、焦土のなかからの再出発

「太平洋戦争」末期の「東京大空襲」では新宿も被害を受けたが、急速に復興を遂げ、歌舞伎町などの繁華街も新たに形成された。


戦後の復興計画で整備された「歌舞伎町」 MAP __

空襲で新宿一帯は焦土と化したが、終戦わずか4日後の1945(昭和20)年8月19日には地元(当時の角筈一丁目北町、現在は歌舞伎町の一部)の町会長・鈴木喜兵衛が復興計画に着手、8月23日には町会員に趣意書を送った。その後、民間主導の戦災復興事業へと発展、歌舞伎劇場の「菊座」や映画館、演芸場、ダンスホールなどから成る興行街を中心とした計画が立てられた。歌舞伎劇場の誘致を目指していたことから「歌舞伎町」への町名変更の手続きも行われ、1948(昭和23)年4月に実現している。しかしながら、建築規制や預金封鎖により、「菊座」の開設は頓挫、ほかの娯楽施設も建設が中止となり、すでに着工されていた映画館「地球座」のみが建設された。【画像は1958(昭和33)年頃】

歌舞伎町の街並み。日本有数の繁華街として知られ、飲食店などの商業施設が入った雑居ビルがひしめきあう。

「歌舞伎町」の復興計画に弾みをつけた博覧会 MAP __

1950(昭和25)年には歌舞伎町地区をメイン会場として「東京産業文化博覧会」が開催された。娯楽施設の建設が中断されていた敷地にパビリオンを建て、会期後に転用する目論みもあったという。博覧会は興行的には失敗に終わったが、博覧会開催による知名度の向上や建築規制の撤廃もあり、街の開発は再び動きはじめることとなる。上の写真は「東京産業文化博覧会」の様子。階段の奥には「児童館」や巨大な恐竜模型などが展示されており、のちに「新宿コマ劇場」の場所となる。左の建物は「婦人館」で、のちに「新宿劇場」を経て現在は「ヒューマックスパビリオン新宿アネックス」である。階段手前の空間も「歌舞伎町シネシティ広場」として残る。

「生活文化館」(上写真)の建物を転用して「東京産業文化博覧会」の翌年、1951(昭和26)年に「新宿東急文化会館」が誕生。

1952(昭和27)年には「東京スケートリンク」(上写真)もオープンしたが、後にボウリング場へと姿を変えた。1996(平成8)年には「新宿TOKYU MILANO」に改称。2014(平成26)年に閉鎖となり、現在は「新宿 TOKYU MILANO 再開発計画」が行われている。

復興のシンボルとして完成した「コマ劇場」 MAP __

復興計画には、家族連れで楽しめる文化的アミューズメント施設の建設が盛りこまれていた。歌舞伎劇場の計画こそ頓挫したが、1956(昭和31)年に「新宿コマ・スタジアム(のちの新宿コマ劇場)」が開業したことは意義深い。「コマ劇場」の名は、舞台全体がコマのように回転する仕掛けに由来する。1950~60年代にかけて、大衆娯楽の聖地として人気を博した。【画像は1957(昭和32)年】

「コマ劇場」跡地に建つ「新宿東宝ビル」には新宿最大級の映画館とホテルが入る。

店内に響く歌声に人々が明るい未来を託した MAP __

戦後復興が加速していた1954(昭和29)年、食堂で人々が歌を口ずさんだことをきっかけに、「西武新宿駅」前に生まれたのが歌声喫茶「灯」(現「ともしび」)であった。ステージリーダーと一緒に、喫茶に集った人々が朗らかに歌いあげる歌声喫茶のスタイルは瞬く間に東京各地に広がった。最盛期には都内に20軒もの歌声喫茶があったという。「ともしび」は現在も存続し、新宿で誕生した高度成長期の象徴といえる文化を今に伝えている。【画像は1960年代】


戦後、ヤミ市の時代の面影を色濃く残す「ゴールデン街」 MAP __

『露店』1952年

『露店』1952年

米軍による「東京大空襲」によって1945(昭和20)年、東京の市街地は焼け野原となった。もちろん、新宿も例外ではなかった。やがて「新宿駅」周辺には、自然発生的にヤミ市や露店商が軒を連ねはじめた。その後、ヤミ市は区画整理や都市計画によって整理されていくが、「ゴールデン街」のように、今もなお、戦後の面影を残すエリアが残るのも新宿の奥深さといえる。


1968(昭和43)年の様子。中央に見える都電の専用軌道の右側に広がるのが「ゴールデン街」

1968(昭和43)年の様子。中央に見える都電の専用軌道の右側に広がるのが「ゴールデン街」。

1949(昭和24)年以降、新宿二丁目や駅の東口にあった露店商が移転したのが、現在の「ゴールデン街」のはじまり。高度成長期にかけて、「ゴールデン街」の飲食店は作家や映画監督などの文化人が集う、流行の発信地となった。バブル経済の時代には、「東京都庁舎」の建設に合わせて、この一帯にも再開発計画が持ち上がったこともあったが、店主らが協力して守り抜いた。現在は、約240軒もの木造長屋がひしめき合う飲食店街となっている。近年は、その独特の街並みが外国人観光客にも人気で、世界に知られる観光スポットとなっている。


次のページ 江戸・東京を支えた「玉川上水」


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る