このまちアーカイブス INDEX

秀吉の大坂城・徳川の大坂城

1583(天正11)年、豊臣秀吉によって壮麗な大坂城が築かれた。しかし、わずか32年後の1615(慶長20)年、大坂夏の陣で大坂城は焼失する。第二代将軍 徳川秀忠の命により、大規模な大坂城が1629(寛永6)年に完成した。


昭和の復興天守閣 MAP 1

【画像は昭和30年代頃】

昭和初期に、関一大阪市長によって天守閣の再建計画が発表されると、住友財閥の住友吉左衛門による25万円の寄贈を筆頭に、子供達がためた小遣いの10銭単位の寄付に至るまで、大阪市民がこぞって寄付金を寄せた。その結果、わずか半年間で目標の150万円に達した。こうして1931(昭和6)年、三代目の復興天守閣が完成した。第二次大戦の空襲にも、天守閣は持ちこたえた。現在の写真を見ると、高齢者用のエレベーターが増設されたのが異なるだけで、戦前とほとんど同じ姿を残している。

「京橋」 江戸期の大坂の玄関口 MAP 2

【画像は明治後期(明治40年と明治44年の記念印あり)】

寝屋川に架かる京橋は、江戸時代は大坂の玄関口として賑わった。大坂の魚市場といえば、堀江の雑喉場(ざこば)が有名だが、京橋の北詰には、川魚を扱う魚市場が大正初期まで開かれていた。水道橋となった京橋の上には現在、歩道橋の「大坂橋」が架けられている。右隅にかすかに見えるのは大阪城天守閣。

「乾櫓」現存する大阪城最古の建築物 「伏見櫓」今はなき大阪城最大の三重櫓 MAP 3

【画像は明治後半〜大正初期】

江戸時代の1626(寛永3)年に建てられた二代目の天守閣は、完成してわずか39 年後に落雷で焼失した。つまり、江戸時代の大半は、大坂城に天守閣がなかった。そのため、大坂城の北にあった伏見櫓が、大坂城の中で最も大きい櫓だった。伏見櫓という名は、解体された伏見城の櫓が移築されたものという伝説に基づいている。1枚目の絵葉書では左奥に伏見櫓が、右手前に乾櫓が見える。伏見櫓は1945(昭和20)年の空襲で焼失してしまったが乾櫓は生き残った。乾櫓は徳川時代初期に建てられており、千貫櫓と並んで現存する大阪城の最古の建築物である。

東洋一の軍事工場「大阪砲兵工廠」 MAP 4

【画像は昭和初期】

1枚目の絵葉書は、天守閣から北西の旧二の丸を眺めたもの。戦前は、砲兵工廠の軍事工場や関連施設が、旧二の丸周辺を埋め尽くしていた。砲兵工廠跡は今では緑多い大阪城公園の一部となり、すっかり様子は一変した。下方は大阪城の内堀。右下隅に、秀頼、淀君が自害した所といわれる山里曲輪(現在の刻印石広場)が少し見える。


次のページ なにわ三橋


MAP

この地図を大きく表示

※「おおさか」を漢字で書くとき「大阪」と「大坂」の表記がある。江戸時代は、「大坂」と書かれることが多かったが、大坂の「坂」の字が「土に反る」と読めるので縁起が悪いという理由で(諸説あり)、明治時代以降「大阪」に統一された。本文中では、江戸時代以前は「大坂」、明治時代以降は「大阪」に便宜上統一した。

※企画制作協力/画像古地図提供 / 原島 広至



トップへ戻る