このまちアーカイブス INDEX

鎌倉時代に築かれた都市構造


源頼義が勧請し、頼朝が遷座した「鶴岡八幡宮」 MAP 1

源氏の氏神として崇敬された「鶴岡八幡宮」は、奥州を平定した源頼義が1063(康平6)年、「石清水八幡宮」を由比ガ浜に勧請したことに始まる。1180(治承4)年に源頼朝が現在地に移し、1191(建久2)年に現在に受け継がれる上下両宮の体裁となった。【画像は大正期】

現在の本殿は1828(文政11)年、「江戸幕府」第11代将軍の徳川家斉が造営した。国の重要文化財に指定されている。

「鶴岡八幡宮」へ続く参道「若宮大路・段葛」 MAP 2

由比ガ浜から「鶴岡八幡宮」へ続く鎌倉のメインストリートである「若宮大路」は、源頼朝が1182(寿永元)年、妻・北条政子の安産祈願のための参道として造営したと伝えられている。当時の幅員は約33mで現在よりも広かった。この道路は「段葛」と呼ばれる中央部分の歩道が特徴であり、明治初期までは「鶴岡八幡宮」の社頭から海岸に近い「一の鳥居」まで続いていたという。【上画像は大正期、下画像は1958(昭和33)年】

「段葛」は現在「二の鳥居」までの約500mが残っており、2016(平成28)年3月には整備工事が完了した。

三方の山を開き、道を造った「鎌倉七口」

南に「相模湾」があり三方を山に囲まれた鎌倉には、周辺との交通を確保する手段として、山稜の尾根を垂直に掘り下げて底面を路面とする「切通」が鎌倉時代に設けられた。代表的な「切通」として、「名越(なごえ)切通」「朝夷奈(あさいな)切通」「巨福呂坂(こぶくろざか)切通」「亀ヶ谷坂」「仮粧坂切通」「大仏切通」「極楽寺坂切通」の七つが存在し、「鎌倉七口」と呼ばれるようになった。画像は「名越切通」。 MAP 3(名越切通) MAP 4(朝夷奈切通) MAP 5(巨福呂坂切通) MAP 6(亀ヶ谷坂) MAP 7(仮粧坂切通) MAP 8(大仏切通) MAP 9(極楽寺坂切通) 【画像は1960(昭和35)年】

七つの「切通」は文化庁選定の「歴史の道百選」に認定されている。

日本最古の築港遺跡「和賀江島」 MAP 10

1232(貞永元)年、勧進(かんじん)聖人往阿弥陀仏が「鎌倉幕府」に願い出て、3代執権・北条泰時らの協力のもと「和賀江島」を築港、幕府直轄の港とした。後に関所として「極楽寺」が管理し、関米(税)を徴収。宋(中国)との貿易の拠点となり大いに賑わっていた。画像は明治時代のもので、手前に写る飯島崎から「和賀江島」方面を望んだもの。【画像は明治期】

江戸時代までは港として利用されていたが、高波や震災などにより破損。干潮時には姿を現すものの、満潮時には水面下に没する。日本最古の築港遺跡として国の史跡に指定されている。


「鎌倉幕府」が進めた政策 都市と社寺の整備

明治期の「円覚寺」鐘楼

明治期の「円覚寺」鐘楼 MAP 11(円覚寺)

明治期の「建長寺」山門

明治期の「建長寺」山門 MAP 12(建長寺)

鎌倉の歴史は、源氏の氏神である「鶴岡八幡宮」の創設に始まるといえる。源頼義が京都から「石清水八幡宮」を勧請すると、その子孫である源頼朝は、平家を打倒し鎌倉を日本の政治の中心地と定めた。三方を山に囲まれ、南に海を控えた要害性の高い地形を活かしてまちづくりを進めていった。まず山稜に囲まれた平地に「鶴岡八幡宮」を置き、中心軸である「若宮大路」を造営。さらにその周囲にも道路網を整備し、平地を囲む山稜部には「朝夷奈切通」をはじめとする「切通」を開削し、周囲との交通路を確保した。同時に「切通」は防衛の砦としての役割も果たしていた。

武家政権を樹立した頼朝は支配強化を目的に積極的に宗教政策に取り組み、「杉本寺」や「荏柄天神社」を再建・建立するなど鎌倉の社寺を重要視した。頼朝の没後、妻の北条政子が「寿福寺」を建立し禅宗興隆の礎を築くと、幕府の政権を担った北条氏の執権たちも「建長寺」「円覚寺」などを創建し、宗教政策を展開。こうして幕府に保護・建立された社寺は、供養の場としてだけでなく、武家の精神修養や学問・文化修得の場にもなり、武家文化の発信源となっていった。また、戦時には防衛拠点としての役割も果たした。

こうして築かれた鎌倉の都市構造や文化は、現在に継承されしっかりと息づいている。



次のページ 江戸時代に観光地化


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る