このまちアーカイブス INDEX

福岡・博多の前史


神功皇后が祠を建てる 社殿は奈良時代の竣工 MAP 1

社伝では、200(仲哀天皇9)年に神功皇后が祠を建てて、仲哀天皇の神霊を祀ったといわれる「香椎宮」。社殿は724(神亀元)年に竣工したと伝わり、明治維新後は官幣大社として多くの人の信仰を集めてきた。【画像は明治後期】

古代には霊廟とされた地で、今も厳かな雰囲気が漂う。

日本三大八幡宮のひとつ 正月に玉取祭 MAP 2

「筥崎宮」は、「宇佐神宮(大分)」、「石清水八幡宮(京都)」と並ぶ、日本三大八幡宮のひとつ。923(延長元)年の創建で、応神天皇、神功皇后、玉依姫命を祀る。1月3日に「玉取祭(玉せせり)」、9月に「放生会」が行われる。【画像は昭和前期】

楼門は小早川隆景が1594(文禄3)年に建立した。

元寇の舞台 金印発見の志賀島 MAP 3

博多湾に延びる「海の中道」で、「志賀島」は九州本土と結ばれている。この「志賀島」は元寇の文永の役(1274(文永11)年)・弘安の役(1281(弘安4)年)では蒙古軍と日本軍との戦いの舞台となった。1784(天明4)年に発見された「金印(漢委奴国王印)」の出土地としても有名で、古くから海外との関わりがあったことが分かる。【画像は昭和前期】

三韓出兵、船の帆柱の伝説 天然記念物の化石 MAP 4

「名島の檣(帆柱)石」は、「名島神社」境内の海岸にある珪化木で、カシ属の樹木の化石とされる天然記念物。「帆柱石」と呼ばれるのは、古代、神功皇后の三韓出兵の際に使用された船の帆柱が化石になったといわれる。【画像は明治後期】

現在、「帆柱石」のある名島の海岸は、潮干狩りの名所となっている。

黒田氏52万石の居城 古代の鴻臚館の遺構も MAP 5

福岡藩主黒田氏の居城となった「福岡城」は、別名「舞鶴城」と呼ばれる平山城。本丸跡は「舞鶴公園」となっている。外交施設「鴻臚館」の遺構があり、現在は「鴻臚館跡展示館」が建てられている。【画像は昭和前期】

城の本丸から三の丸一帯は現在、「舞鶴公園」となり、その西側は「大濠公園」となっている。

異なる発展を遂げた「福岡」と「博多」

那珂川の中洲を境に、地図の右(東)側に博多、左(西)側に福岡の町が見える。博多の町は、商人の町らしく縦横に規則正しく区割りされている様子がわかる。一方、福岡の町は福岡藩主の黒田氏によって築城された「福岡城」を中心に堀がめぐらされ、武家屋敷などが置かれていた。両者は、近接した地域であるが、それぞれ異なった発展を遂げてきた。【画像は1754(宝暦4)年】



次のページ 都市の近代化


MAP

この地図を大きく表示

※本ページでは、古代律令時代の役所、その遺跡に関するダザイフは「大宰府」、中世以降の地名や天満宮については「太宰府」と表記する。



トップへ戻る