このまちアーカイブス INDEX

町田繁栄のきっかけ「絹の道」


生糸の産地と港を結ぶ、『絹の道』を通じ横浜の居留外国人との交流も MAP 1

開国後、当時の輸出品の多くを占めていた生糸を、産地・集積地である八王子から横浜港へと運ぶルートであった町田街道は、昭和30年代頃から『絹の道』と呼ばれることとなる。当時、横浜に居留していた外国人たちは、馬を使い町田・八王子方面などへ遠乗りに出かけた。その中の一人、イタリア人ベアトが撮影した幕末頃の風景は、現在の原町田四丁目付近。現存する町田市内の写真としては最古の記録とされる。

ベアトが撮影したのは現在の原町田商店街の南端、町田街道と町田ターミナル(旧・国鉄「原町田」駅)に通じる交差点付近とみられる。

町田街道沿いの「二・六の市」が原町田商店街の起源 MAP 2

原町田一帯では、農業以外の副収入として1587(天正15)年から町田街道にて「二の市」を開催。これが発展して天保の頃には「二・六の市」となり、現在の原町田商店街の原型となった。当初は町田原産の炭・薪・蚕糸・綿糸・畑作物などを扱っていたが、町田街道が『絹の道』として発展し、さらに鉄道が開通したことで一大商業地としての土台が築かれていった。写真は大正期のものと思われる。


『絹の道』が運んだ近代思想と自由民権運動

この地図は、1879(明治12)年頃の神奈川県全域を示した「神奈川県管内地図」。現在の町田市域を含めた多摩地区は、当時神奈川県に属していた。その後、1893(明治26)年に多摩地区(西多摩郡、北多摩郡、南多摩郡)は東京府へと移管され、地図上に示した赤い線が東京府と神奈川県との境となった。『絹の道』は物流の他、外国の思想や文化も伝える道ともなり、武相地域では自由民権運動も拡大、多摩地区の東京府移管の理由の1つとなった。

『絹の道』と多摩の東京府移管 MAP 3

現在、小田急線「町田」駅南口付近にある「絹の道」の石碑

現在、小田急線「町田」駅南口付近にある「絹の道」の石碑

江戸末期以降、町田が発展した大きな理由は、『絹の道』にある。八王子は江戸時代から繭や生糸の産地であり、さらに甲州や上州など大生産地からの集積地としても発展、「桑都」とも呼ばれた。一方、横浜港は開国以降、貿易港として発展、明治以降には国策でもあった生糸輸出のための積み出し港となる。この八王子と横浜港をつないだのが『絹の道』で、そのほぼ中間に位置する原町田は中継地として発展した。

『絹の道』は横浜を通じて、キリスト教や自由民権思想など、外国
の思想・文化も運んだ。特に自由民権思想は『絹の道』沿道の豪農など、村の有力者を中心に広まる。町田は石坂昌孝、青木正太郎といった有力な指導者を輩出、また大規模な集会が開かれるなど、自由民権運動の中心地となった。

その後、現・町田市域を含む多摩郡が属していた神奈川県の県議会では、多摩郡出身の自由党議員が勢力を拡大、県知事と対立するなど県政の混乱が見られるようになる。県知事は多摩郡の東京府への移管を政府に要請、東京府としても水源地である多摩郡を管理下に置きたいという理由もあり、境域変更法案は帝国議会でわずかな審議ののち可決、多摩郡は1893(明治26)年4月、神奈川県から東京府に移管された。

『絹の道』がなかったら、また自由民権運動が拡大することがなければ、現在は「神奈川県町田市」であったかもしれない。



次のページ 「二・六の市」の伝統を受け継ぐ老舗


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る