このまちアーカイブス INDEX

江戸期までの銀座・京橋


かつて「江戸前島」だった場所に作られた銀座・京橋

江戸期に入るまで、現在の丸の内から新橋にかけての一帯には浅瀬の海が広がり(「日比谷入江」)、現在の銀座のあたりは砂が堆積し半島となっていた(「江戸前島(えどまえじま)」)。徳川家康は、江戸を開府した1603(慶長8)年から、全国の大名に普請を命じ、「外濠」や運河の開削、「平川(日本橋川)」といった河川の付け替えなど、江戸の街の大改造を行った。「日比谷入江」は1592(天正20)年、「西の丸」の築城工事の残土で埋め立てが始まり、1603(慶長8)年から本格化した。開府の翌年の1604(慶長9)年、「日比谷入江」の埋立て地及び「江戸前島」を通る形で「東海道」が延伸された(1601(慶長6)年の制定当初は今の港区芝一丁目あたりが起点であった)。「京橋」「新橋」は、「東海道」の橋として慶長年間に架橋されて以来の橋名・地名となる。図は現在の地形・標高を色と影で表現した「陰影段彩図」に、「地形分類図」(「国土地理院」作成)記載の「砂州・砂堆」(黄色横線)、「旧水部」(現在の水部も含む・青色斜線)の形状を重ねたもの。

1612(慶長17)年に駿府より移転してきた「銀座役所」 MAP __(碑の場所)

「銀座役所」は江戸期の幕府の銀貨鋳造所で、1601(慶長6)年に京都・伏見に置かれ、1606(慶長11)年には駿府(現・静岡市)の両替町にも置かれた。駿府の「銀座役所」は1612(慶長17)年に江戸の「京橋」の南(図では左)に移され、既に日本橋にあった「金座役所」周辺が両替町と呼ばれていたことから、この地は新両替町と呼ばれるようになった。図は1666(寛文6)年発行の『寛文六年刊 江戸図』の一部、右が概ね北となる。「銀座」「京橋」などの文字が見える。【図は1666(寛文6)年】

1801(享和元)年、不正行為の発覚から、「銀座役所」は蛎殻町(現・日本橋人形町)に移転となったが、移転後も銀座は通称の地名として残った。図は幕末期に発行された切絵図で、上が概ね北となる。「銀座役所」が移転して約60年たっているが、新両替町の表記の下に「銀座町トモ云(ともいう)」とあり、地名として「銀座」が使われていたことがわかる。銀座一帯は灰色に着色され町家(町人地)であったことも示されている。「木挽町」は江戸初期、「江戸城」の大修築のために木挽職人を多く住まわせたのが地名の由来で、「三十間堀」沿いに七丁目まであった。【図は1861(文久元)年】

銀座は1869(明治2)年に公式に町名となった。「銀座役所」は現在の「ティファニー 銀座本店」のあたりで、「銀座通り」沿いに「銀座発祥の地」の碑が建てられている。

水路と河岸

江戸時代初期、徳川家康が造らせた江戸の街には、多くの堀や水路が張りめぐらされ、「江戸城」の大修築や、生活物資の輸送に利用された。「東海道」が「日本橋」まで伸びた当初、現・中央区内の堀・川と交わる場所には、北から「日本橋」「京橋」「新橋」が架けられた(のち、江戸初期に「紅葉川」が開削され「京橋」の北に「中橋」が架けられが、江戸中期に埋められた)。「京橋」は「東海道」の起点「日本橋」から京都方面へ向かって最初の橋であることから命名された。1664(寛文4)年、「京橋」の北詰西側に青物(野菜)市場ができ、大根を多く扱ったため「大根河岸」と呼ばれた。写真は昭和初期の頃の様子。【画像は1931(昭和6)年頃】

「大根河岸」は明治期以降も市場として発展したが、大正期に「関東大震災」の被害を受けた。震災後、日本橋の「魚市場」が先に築地へ移転となり、「大根河岸」も1935(昭和10)年に移転・統合となり、「東京市中央卸売市場 築地本場(築地市場)」が開設された。写真は1959(昭和34)年に建立された「京橋大根河岸青物市場跡」の碑。橋が架かっていた「京橋川」は1954(昭和29)年から埋立てが始まり、川跡には「東京高速道路」(この区間の開通は1963(昭和38)年)と道路の高架下のビル(写真左)が建設された。 MAP __

図は歌川広重により1857(安政4)年に描かれた『名所江戸百景 京橋竹がし』。橋は「東海道」に架かる「京橋」で、左が「日本橋」方面、右が「新橋」方面となる。「京橋」の北詰東側は竹問屋が多く「竹河岸」と呼ばれていた。立てかけられた竹や、まだ陸揚げされていない竹筏が描かれている。当時、竹は建築資材としても重要であった。【図は1857(安政4)年】

1907(明治40)年の「竹河岸」の様子。現在は当時の面影はないが、近年、かつて河岸があった通りに「京橋竹河岸通り」の道路愛称名が制定された。 MAP __(竹河岸跡地付近)【画像は1907(明治40)年】


次のページ 明治期の銀座


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る