このまちアーカイブス INDEX

鉄道の発達と繁華街の賑わい

新宿の繁華街としての発展は鉄道とともにあった。度々の駅舎の改築を経て、町外れの駅前は乗降客数で世界有数のターミナル駅に発展。それに伴うように、駅周辺が賑わいの中心へと変貌を遂げていく。


盛り場から離れた場所に完成した初代駅舎

1885(明治18)年、日本鉄道「新宿」駅は「内藤新宿」駅として完成。初代駅舎は現在の「ルミネエスト」の位置にあった。当時は人通りもまばらで駅舎も木造、駅前には茶屋があるだけだった。発着する列車も2両編成、改札口は1ヶ所、駅の乗降客は1日50人程度だったという。【画像は1911(明治44)年】

震災が引き金となり、駅の利用者が急増

1923(大正12)年に発生した関東大震災は、東京の人の流れを大きく変えることになった。当時、東京西部に広がる武蔵野台地上の宅地開発が進められており、震災で大きな被害を受けた浅草や両国などの下町から、地盤の安定した西部へと移り住む人が急増した。「新宿」駅は、こうした動きを受けて利用者が増加。1925(大正14)年、現在の東口側に鉄筋コンクリート造2階建ての3代目駅舎が完成したころから、駅前の市街地化が進んでいった。【画像は昭和初期】

民衆駅の完成、現在の姿へ MAP 5

“民衆駅”とは、駅舎を国鉄と大手企業や地元の資本が協力して、構内に商業施設を設けた駅のことで、現在でいう“駅ビル”を指す。太平洋戦争の空襲で焦土となった都市の復興を兼ねて各地に建設された。「新宿」駅もまた1964(昭和39)年に民衆駅舎として「新宿ステーションビル(後の「マイシティ」、現・「ルミネエスト」)」となった。また、昭和40年代後半には駅前の商店の一角が日本一地価の高い土地となった。【画像は1964(昭和39)年】

現在の「ルミネエスト」。民衆駅舎「新宿ステーションビル」の完成当時から外観がほとんど変わっておらず、高度成長期の新宿の面影を残している。

駅名変更と移転を繰り返した京王電気軌道の「新宿」駅 MAP 6

駅名変更と移転を繰り返した京王電気軌道の「新宿」駅

京王電気軌道(現・「京王電鉄」)の「新宿」駅は、1915(大正4)年5月に「新宿追分」駅として開業。新宿三丁目の「伊勢丹新宿店」の筋向い、追分交差点の道路上に駅があった。その後、駅は1927(昭和2)年に完成した「新宿ビルディング」の場所へ移転。さらに、1930(昭和5)年に「四谷新宿」駅、1937(昭和12)年に「京王新宿」駅と駅名が変更され、1945(昭和20)年に現在の西口に移転し、ようやく「新宿」駅となった。【画像は1926(大正15)年、地図は1931(昭和6)年】

現在の様子。甲州街道と明治通りが交わる要衝に「京王新宿追分ビルディング」が建つ。

昭和初期、繁華街の形成と空前の賑わい MAP 7

昭和に入ると、「新宿」駅周辺の発展は留まるところを知らず、1927(昭和2)年には一日あたりの乗降客数が日本一となった。東口には一大繁華街が形成され、郊外から列車に乗って通勤する人々が消費活動を支えた。当時は昭和恐慌の煽りを受け、不況に陥る商業地が少なくなかったが、新宿は世の中の不景気を感じさせないほどの賑わいだったという。【画像は昭和前期】

現在、新宿には家電量販店が多数進出するなど、都内有数のショッピングエリアとなった。写真は現在の「新宿」駅東口周辺の様子。


宿場町から駅の周辺へ、盛り場の移り変わり

追分から駅に向かって伸びる青梅街道の様子(昭和初期)

追分から駅に向かって伸びる青梅街道の様子(昭和初期)

江戸時代のこの地域の盛り場といえば、宿場町の「内藤新宿」であった。しかし、明治時代に入ると、それまで徒歩や馬に頼っていた人々の交通手段が、徐々に鉄道へと転換していく。これにあわせて、街の中心もこれまでの街道沿いから駅前へと移り変わっていくこととなる。

1885(明治18)年に青梅街道に面して完成した日本鉄道「内藤新宿」駅は、宿場町からの人の流れを大きく変えるきっかけになった。2年後に「新宿」駅に改称され、その後は次々に鉄道路線が整備されていく。1889(明治22)年4月には、新宿から立川まで甲武鉄道が開通(8月には八王子まで延伸)し、現在のJR中央本線の原型が完成した。明治30年代に入り、乗降客や貨物の取扱量が増加すると、1906(明治39)年に甲州街道に面する位置に駅舎が移転、甲州街道沿いに商店が立ち並びはじめた。

1925(大正14)年、再び青梅街道沿いに面して、3代目「新宿」駅舎が完成すると、青梅街道沿いが商業地となり発展を遂げていく。鉄道の黎明期から発展期まで、新宿の街並みの形成は駅の改築に翻弄されてきたのであった。



次のページ 繁華街としての新宿


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る