このまちアーカイブス INDEX

歴史深き地「上町台地」


日本列島を守護する神を祀る「生國魂神社」 MAP 1

「生國魂神社」は、第一代神武天皇が東征に際して、上町台地の最北端の地、石山崎に日本国土の御神霊である「八十島神(やそしまがみ)」である「生島神」と「足島神」を祀ったのが始まりとされる。その後、羽柴(豊臣)秀吉による「大坂城」の築城により、現在の場所(天王寺区生玉町)に移った。本殿は「生國魂造」という桃山文化の独特の建築様式が継承されている。【画像は明治後期】

1945(昭和20)年の「大阪大空襲」、1950(昭和25)年の「ジェーン台風」で大きな被害を受けたが、その後、再建され、現在も参拝客で賑わっている。

帝塚山の地名の由来は「帝塚山古墳」 MAP 2 MAP 3(大阪市立住吉中学校)

「帝塚山(てづかやま)古墳」は「上町台地」の西の端、古くは海を臨む場所にあった、4世紀末~5世紀初頭の前方後円墳で、当時の豪族、大伴金村の墳墓ともいわれている。1898(明治31)年の陸軍特別大演習の際に明治天皇が統監した場所でもある。現在は前方後円墳「小帝塚山」一つが残っているが、以前は「大帝塚山」と呼ばれる古墳も存在し、その跡地には「大阪市立住吉中学校」が建つ。「帝塚山」の地名は、ここから生まれた。【画像は昭和初期】

現在、「帝塚山古墳」の周りには住宅街が広がっている。

全国に名高い摂津国一宮、「住吉大社」の本殿は国宝 MAP 4

全国に2,000社以上ある「住吉神社」の総本社で、「摂津国一宮」でもある。四棟の御本殿は「上町台地」上に位置しており、「住吉造」といわれる神社建築史上最古の特殊な様式で、国宝に指定されている。第一~三本宮に海の神様として知られる「住吉三神」、第四本宮には神功皇后が祀られている。境内の「石舞台」や「反橋(太鼓橋)」も有名で、参道の西大鳥居(一の鳥居)も広く知られている。【画像は大正期】

広い境内をもつ「住吉大社」。阪堺線の「住吉鳥居前停留場」方面からは、一の鳥居をくぐると、本宮まで真っすぐな参道が続いている。

「阿倍王子神社」は、「熊野九十九王子」の一つ MAP 5 MAP 6(阿倍晴明神社)

『摂州東成郡阿倍権現縁記』では、仁徳天皇により創建とされる「阿倍王子(あべおうじ)神社」。「熊野九十九王子(くじゅうくおうじ)」の一つで、「熊野街道」沿いに鎮座している。境外社(末社)として、約50m北側にある「安倍晴明神社」があり、平安時代の陰陽師として有名な安倍晴明の生誕地とされている。【画像は1926(大正15)年】

大阪府下で唯一、当時の場所に現存する王子社として貴重な存在となっている「阿倍王子神社」。境内にはご神木のクスノキなど緑が多く、市街地の中に閑静な空間が広がる。

「上町台地」の西側を通る「熊野街道」 MAP 7

「上町台地」の西には、かつて海が迫っていたといわれている。台地の西側には、「淀川」河口の「渡辺の津」(現「天満橋」付近)を起点とし、「四天王寺」や「阿倍王子神社」などを通り、紀州の熊野三山まで続く「熊野街道」(「熊野古道 紀伊路(きいじ)」)が開かれた。鎌倉期には「熊野詣」が庶民に広がり、「蟻の熊野詣」といわれるほどの盛観を示した。画像は『攝津名所圖會』で描かれた「阿倍王子神社」と、その前を通る「熊野街道」。【画像は1798(寛政10)年】

「阿倍王子神社」前の住宅街の中を通る、かつての「熊野街道」。


大阪の歴史の中心地「上町台地」

天王寺方面を南から俯瞰した様子(大正期)

天王寺方面を南から俯瞰した様子(大正期)

「上町台地」は、「大阪平野」の中央、「大阪城」から「住吉大社」まで、南北約9km、東西約2kmにわたって延びる標高10~25m前後の洪積台地。約6000年前の縄文時代前期には東に海が拡がる半島状の地形であった。台地上では古くから人々の営みが行われており、「森の宮遺跡」では貝塚や人骨なども発掘されている。

古墳時代から古代にかけての時代の「上町台地」も、海や湖、河川に囲まれていた。西側の台地の下は砂浜や干潟が拡がる浅瀬となっており、「難波津(なにわつ)」「住吉津(すみのえのつ)」と呼ばれる港があったという。台地上には「帝塚山古墳」「生國魂神社」「四天王寺」「住吉大社」「難波宮」が置かれるなど、政治、信仰、交易の中 心地であった。「生國魂神社」は日本国土の御神霊とされる「生島神」「足島神」を祀り、「難波津」では平安時代から鎌倉時代まで、天皇の即位の儀式の一つである「八十島(やそしま)祭」も行われていたといわれており、国家的にも重要な地であったと考えられる。

戦国時代、「上町台地」上には蓮如により「大坂御坊」(後の「石山本願寺」)が開かれた。地形を利用した強固な要害をもち、城砦として強化され、後に織田信長との「石山合戦」の舞台となった。織田信長の死後、その家臣であった羽柴(豊臣)秀吉によって、「大坂城」が「石山本願寺」の跡地に築かれた。大坂は「大坂夏の陣」の後、江戸幕府直轄領となり、「大坂城」は2代将軍徳川秀忠によって修築が行われた。「大坂城」の南側の「上町台地」上は武家地、寺町として発展した。

「上町台地」上では、明治時代以降も信仰の地としての歴史は引き継がれているほか、「天王寺駅」周辺は鉄道の要衝や中心商業地として、阿倍野、帝塚山周辺などは高級住宅地としても発展するなど、有史以来の大阪、そして日本の中心地となっている。


次のページ 聖徳太子ゆかりの地


MAP

この地図を大きく表示

※「おおさか」を漢字で書くとき「大阪」と「大坂」の表記がある。江戸時代は、「大坂」と書かれることが多かったが、大坂の「坂」の字が「土に反る」と読めるので縁起が悪いという理由で(諸説あり)、明治時代以降「大阪」に統一された。本文中では、江戸時代以前は「大坂」、明治時代以降は「大阪」に便宜上統一した。



トップへ戻る