このまちアーカイブス INDEX

江戸期からの行楽地 「飛鳥山」と「滝野川」


王子の地名の由来となった「王子神社」 MAP __

「王子神社」は、創建年代は不詳で、古くから紀州「熊野三山」の「熊野権現」が祀られていたという。1322(元亨2)年、武蔵国豊島郡の一帯を本拠とした中世の武家・豊島氏は、紀州の「熊野三山」より「王子大神」を勧請し、「若一王子宮(にゃくいちおうじぐう)」として再興。戦国時代には後北条氏、江戸時代には徳川将軍家の庇護の下で発展、「王子権現社」と呼ばれ江戸の名所となった。三代将軍・家光は社殿を造営、特に「紀州徳川家」出身の八代将軍・吉宗は紀州との所縁から、1737(元文2)年に「飛鳥山」を寄進している。明治になると神仏分離が行われたため、「王子権現社」は「王子神社」へ改称された。写真は明治後期~大正前期の「王子神社」。【画像は明治後期~大正前期】

「王子神社」は「東京大空襲」で社殿をはじめ境内のほとんどを焼失。社殿は1964(昭和39)年に再建され、1982(昭和57)年に現在の社殿となった。写真は現在の「王子神社」で、王子の地名の由来ともなっている。

「飛鳥山」の桜

八代将軍・徳川吉宗は1737(元文2)年に「王子権現」へ「飛鳥山」を寄進し、桜を植樹。その後、江戸庶民の行楽地として開放し、桜の名所となった。図は歌川広重が幕末期の1858(安政5)年頃、『富士三十六景』で描いた「飛鳥山」。西側(図右)には「富士山」が描かれている。 MAP __【図は1858(安政5)年頃】

1873(明治6)年1月、政府は各府県に公園を設定するよう「太政官布達」を発した。「太政官布達」では、古くからの名所旧跡など多くの人が集まる場所を「公園地」とするようにあり、東京府は上野・芝・浅草・飛鳥山・深川(いわゆる「東京五公園」)を選定。「東京五公園」は同年3月に「公園地」に指定され、日本における最初の公園となった。写真は現在の「飛鳥山公園」で、桜の名所としての賑わいも引き継がれている。わずかながら「富士山」が見える場所もある。

図は江戸後期の1800(寛政12)年頃、葛飾北斎が『東都名所一覧 乾』で描いた「飛鳥山」。図中央には1737(元文2)年に吉宗の功績を顕彰するために建てられた「飛鳥山碑」が見える。 MAP __【図は1800(寛政12)年頃】

写真は現在も残る「飛鳥山碑」。

写真は、昭和40年代に「北区役所」屋上から撮影した「飛鳥山公園」。中央左には、1970(昭和45)年、「飛鳥山公園」に開業した回転式展望タワー「スカイラウンジ」(通称「飛鳥山タワー」)が見える。1990(平成2)年、「王子駅」東側の貨物ヤード跡地に、北区の文化施設「北とぴあ」が完成、17階に展望ロビーができたこともあり、「飛鳥山タワー」は1993(平成5)年に廃止、解体された。2009(平成21)年、「王子駅」の「中央口」前から、かつて「飛鳥山タワー」があった山頂付近まで「飛鳥山公園モノレール」(車両の愛称は「アスカルゴ」)が開業している。 MAP __飛鳥山タワー跡地【画像は昭和40年代】

四季を通じて賑わった「滝野川」

八代将軍・徳川吉宗は「石神井川」(このあたりでは「滝野川」とも呼ばれた)沿いにカエデの植樹も行っており、その後、紅葉の名所として発展した。図は幕末の1856(安政3)年、歌川広重が描いた『名所江戸百景 王子滝の川』。かつて、このあたりの「石神井川」は蛇行していた。中央左の橋は「松橋」で、橋の右下に見える鳥居のある岩屋は、弘法大師作といわれる弁財天像が祀られていた「松橋弁財天」。右端に見える「弁天の滝」は、昭和初期には涸れていたという。右上には「金剛寺」の屋根が描かれている。図内には水遊びをしている人が見えることから、夏の様子と思われる。このあたりは、江戸期から、春には桜、夏には水遊び、秋には紅葉と、四季を通じて賑わう地であった。 MAP __【図は1856(安政3)年】

「石神井川」は、1975(昭和50)年頃に直線的に改修された。湾曲していた部分は「音無もみじ緑地」として整備され、1981(昭和56)年に開園している。現在、「松橋弁財天」と「弁天の滝」の痕跡はないが、「金剛寺」(写真では右上に屋根が少し見える)は同じ場所にある。

写真は明治初期の「滝野川」の様子。正面が「松橋」で、前掲の『名所江戸百景 王子滝の川』の対岸からの撮影となる。 MAP __【図は明治初期】

現在の「音無もみじ緑地」を北側から撮影。現在も桜や紅葉の名所となっている。

「石神井川」(「滝野川」)は、吉宗ゆかりの地である紀州の川名をとって「音無川」とも呼ばれた。震災復興期、「飛鳥山」から中十条方面へ向かう道路の整備が進められた。「石神井川」には「音無橋」が架橋され、1930(昭和5)年に完成した。 MAP __【画像は昭和戦前期】

「石神井川」流域は1958(昭和33)年に「狩野川台風」で大きな被害を受け、翌年より、本格的な護岸工事が始められた。「王子駅」付近では1966(昭和41)年から1968(昭和43)年にかけて、「飛鳥山」の下に約472mのバイパスとなるトンネル「飛鳥山分水路」が作られた。旧流路の一部は、「音無親水公園」として整備され、1988(昭和63)年に開園した。写真は現在の「音無橋」と「音無親水公園」。

江戸でも著名な料理屋であった「扇屋」

行楽地となった「飛鳥山」「石神井川」(「滝野川」)一帯は、江戸後期になると料理屋も発展し、なかでも「海老屋」「扇屋」は当時の江戸の料理屋番付で上位に入る有名店であった。写真は明治初期の撮影で、中央が「石神井川」、右の建物が「扇屋」で、対岸(写真左手)には「扇屋」の庭園が広がっていた。「海老屋」は、「扇屋」の隣、写真では奥側にあった(この写真では見えない)。 MAP __(明治期の場所)【画像は明治初期】

写真は現在の同地点の様子。このあたりの「石神井川」の旧流路は「音無親水公園」になっている。写真左手、かつての「扇屋」の対岸、庭園であった場所に「新扇屋ビル」がある。「扇屋」は戦後、この場所で料亭を営業していたが、現在は閉店し「新扇屋ビル」の一画で玉子焼の販売のみを行っている。「扇屋」の玉子焼は、開国した頃に外国人に教わって以来の名物という。 MAP __(現在の扇屋)

江戸期に始まり、昭和戦前期にはレジャー施設となった「名主の滝」 MAP __

「名主の滝」は、江戸末期の安政年間(1854年~1860年)、王子村の名主が自邸に開いたのが始まり。明治中期頃に庭園として整備され、1938(昭和13)年には「精養軒」が買収し、食堂やプールなどがあるレジャー施設となったが、1945(昭和20)年の空襲で焼失した。画像は明治後期~大正前期の様子。【画像は明治後期~大正前期】

1960(昭和35)年、有料の「東京都立名主の滝公園」として開園し、1975(昭和50)年に北区へ移管された。現在、「名主の滝」は園内四つの滝の総称となっているが、戦前期まで「名主の滝」と呼ばれた滝は、その中の「男滝」(写真)にあたる。「名主の滝」は、かつて「王子七滝」の一つとされた。「王子七滝」の初出は1910(明治43)年刊の『東京名所図会』で、「名主」「稲荷」「弁天」「不動」「権現」「見晴」「大工」が挙げられていたが、現存するのは「名主の滝」だけとなる。


次のページ 近世までの北区域


MAP

この地図を大きく表示

※本ページでは、現在の北区一帯を対象としている。
 特に明記していない場合、「震災」は「関東大震災」、「戦前」「戦時中」「終戦」「戦後」「戦災」の戦争は「太平洋戦争」のことを示している。



トップへ戻る