このまちアーカイブス INDEX

繁華街としての新宿、その発展

江戸時代の「内藤新宿」の頃から新宿は商業地であったが、「新宿駅」の発展とともに大小の商店が多数生まれた。


マスクメロンや輸入バナナなど、珍しい果物が並んだ「高野」 MAP __

1885(明治18)年、初代・髙野吉太郎は繭の仲買や古道具の販売店として「高野」を創業。1900(明治33)年に果物の専門店に改められた。創業時の木造の店舗は、1937(昭和12)年に地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造りのビルに改築され、モダンな佇まいで評判になった。マスクメロン、リンゴ、ブドウ、輸入果物のバナナ、マンゴーなど、当時としては珍しかった果物を取り扱い、都市生活を送る人々に新しい食文化を提示した。【画像は1936(昭和11)年】

現在の「新宿高野」の建物。新鮮なフルーツを提供するスポットとして、多くの人々に愛されている。

新宿とともに発展していった「新宿中村屋」 MAP __

1901(明治34)年、相馬愛蔵・黒光は、「東京大学」の正門前にあったパン屋「中村屋」を買い取り、オーナーとして創業。1907(明治40)年に新宿に出店し、1909(明治42)年に現在地へ移転した。1927(昭和2)年には喫茶部(レストラン)を開設し、カリーやボルシチを提供した。他にも、中華まんや月餅などを売り出し、業容を広げていった。【画像は明治後期】

「中村屋」は「タカノフルーツパーラー」に隣接して建つ。建物の面影は変われど、昔からの新宿の食文化を楽しめる。

書物を通じて、新宿から活字文化を発信した「紀伊國屋書店」 MAP __

薪炭問屋であった「紀伊國屋」が、書店業に転じたのは1927(昭和2)年のこと。幼い頃から読書好きだった創業者・田辺茂一の発案による。「紀伊國屋書店」は井伏鱒二ら小説家が集うサロンのような存在で、出版産業の拡大とともに店舗も拡大した。【画像は1947(昭和22)年】

現在の本社ビルは、戦後を代表する建築家・前川國男の設計で1964(昭和39)年に竣工。陶板タイルを貼り付けた優美な佇まいで、縦長で奥行きのある独特の構造が特徴的である。

昭和初期に生まれた、紳士淑女の社交の場 MAP __

1923(大正12)年の「関東大震災」と、1927(昭和2)年の金融恐慌を乗り切った日本経済は右肩上がりに成長していった。「新宿駅」に商業施設が相次いで生まれた昭和初期、「三越」(現「ビックロ」)の裏手には、西洋風のダンスホールやカフェー、バーが集まる小洒落たカフェー街が形成された。文化人だけでなく、サラリーマン、学生も集った社交の場であった。小説家の林芙美子も、23歳のころに、新宿界隈のカフェーに勤務していたという。【画像は昭和初期】

現在、カフェー街は姿を消してしまっているが、替わって飲食店などが建ち並び、昼夜問わず賑わう空間となっている。奥に見える「ビックロ」(旧「三越」)の建物はそのままだ。


次のページ 百貨店・映画館の開店ラッシュ


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る