このまちアーカイブス INDEX

武蔵野の自然と水に恵まれた地


豊島氏が築城した「石神井城」 MAP 1

「石神井城」は、豊島氏によって「三宝寺池」の南側の台地に、鎌倉中期~末期頃に築城されたといわれる。豊島氏の本拠は「石神井川」の下流にあったが、この地に城を構えたことは勢力範囲が西に拡大されたことを物語っている。この城は1477(文明9)年、太田道灌に攻められて落城し、以降は廃城となった。現在は「東京都立石神井公園」の一部となり、土塁と空堀が残っている。【図は江戸後期】

江戸時代、幕府の命で建設された「千川上水」 MAP 2

1696(元禄9)年、幕府の命により、市中の本郷、下谷、浅草方面の飲料水供給のために、「玉川上水」を分水して「千川上水」が開削された。後に川沿いの農業用水にも使われ、明治以降は工業用水としても使用されていた。図は、「玉川上水」「青山上水」「三田上水」「千川上水」「神田上水」の配水状況を描いたもの。【図は江戸中期】

現在は、ほとんどが暗渠(あんきょ・地下水路)化されている。写真は西武池袋線「中村橋駅」付近の「千川通り」の様子。

武蔵野の湧水池として知られる「三宝寺池」 MAP 3

「井の頭池」「善福寺池」と並ぶ武蔵野の湧水池の一つ「三宝寺池」。池の東側には1394(応永元)年に創建された、真言宗の寺院「三宝寺」がある。「武蔵野台地」の地下水が湧き出した谷頭に水が溜まったため、杓子のような形をしていることが特徴。江戸時代には既に景勝地として知られていた。【画像は明治後期~大正初期】

現在、池周辺は「東京都立石神井公園」として整備されている。


「富士街道」と沿道の発展

練馬区錦二丁目の庚申塔

練馬区錦二丁目の庚申塔

練馬区内をほぼ東西に走る都道「富士街道」。江戸時代に「富士山」や相模国(現・神奈川県)の「大山」に参詣する人が通った道の一つで、当時「ふじ大山道」と呼ばれていた。この道は、板橋区志村二丁目で旧「中山道」から分かれ「城山道」を通り、「川越街道」の「下練馬宿」へと至る。その後、柳沢から府中に出ると、参詣者は、そこから「甲州街道」などを通り「富士山」へ向かう。江戸市中を経由することなく参詣することができる道でもあった。

1871(明治4)年「富士街道」に沿うように「田柄用水」が開削された。これは、田無、上保谷、関、上・下石神井、谷原、田中、下土支田、上・下練馬の10ヶ村の田畑に給水するもので、このことにより、明治期に一帯の農地開発は更に盛んになった。

大正期に入り、武蔵野鉄道(現・西武池袋線)等の東京西郊に延びる鉄道が開通。「石神井駅」(現「石神井公園駅」)などの駅が置かれると「富士街道」沿道も住宅地・商業地として発展、沿線の交通を支える道路となった。現在も「富士街道」は、都心部から放射状に延びる主要道を結ぶ道路として、商業・経済を支える重要な役割を果たしている。

現在「東武練馬駅」の南東には、1753(宝暦3)年に「下練馬村講中」が建てた「下練馬の大山道道標」も存在する。また、練馬区錦二丁目には「右ふじ大山道」と記された庚申塔が残されている。その他にも沿道には地蔵、不動といった「大山詣で」「富士信仰」の道としての面影が数多く残されている。


次のページ 鉄道開通と沿線開発


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る