このまちアーカイブス INDEX

金沢北条氏と「金沢文庫」創設


金沢北条氏の菩提寺だった「称名寺」 MAP 1

「称名寺(しょうみょうじ)」は、鎌倉幕府の要職を務めた北条氏の有力一門、金沢北条氏の祖である北条実時が1258(正嘉2)年、金沢の邸宅に建てた持仏堂(じぶつどう)が起源とされている。その後、1267(文永4)年に僧の審海を開山に招いて、真言律宗の寺院となり、金沢北条氏の菩提寺となった。写真右の鐘楼(しょうろう)は『金沢八景』のひとつ「称名晩鐘(しょうみょうのばんしょう)」としても描かれた。また「金沢文庫」を引き継いだ寺でもある。写真左の「金堂」は1681(天和元)年に建立されたもの。【画像は昭和戦前期】

閑静な境内は国の史跡に指定されている。

日本最古の武家文庫である「金沢文庫」

「金沢文庫」は1275(建治元)年頃、北条実時が邸宅内に設けた蔵書の文庫であり、日本最古の武家文庫。金沢北条氏の滅亡後は、菩提寺である「称名寺」により守られてきたが、室町時代から江戸時代にかけて蔵書が散逸した。画像内の文章は中国から伝わった政治書『群書治要』を実時が書写したものとされる。実時の手蹟(しゅせき)と花押(かおう)であり、右下に「金澤文庫」の墨印記が確認できる。【画像は鎌倉期】

「観梅」の名所として有名だった「杉田梅林」 MAP 2

戦国時代に久良岐郡(くらきぐん)杉田村は後北条氏の家臣、間宮氏の一族の配下にあった。天正年間(1573~1592年)の頃に、杉田村領主の間宮信繁はこの地で梅の栽培を奨励したとされる。この「杉田梅林」は江戸中期から大正期にかけて観梅の名所として有名になり、「妙法寺」の境内には店が出て、文人墨客と見物人が多く訪れた。【画像は大正期】

信繁の墓は磯子区杉田の「妙法寺」にあり、境内は「照水梅(しだれ梅)」をはじめとするさまざまな種類の梅の木が植えられ、現在も観梅の名所となっている。


鎌倉時代創設の「金沢文庫」が歴史博物館になるまで MAP 3

画像は1930(昭和5)年頃の「金沢文庫」外観

画像は1930(昭和5)年頃の「金沢文庫」外観

北条実時は、鎌倉幕府の執権だった北条氏の有力な一門の金沢北条氏の実質的な初代とされており、幕府の要職を務める一方で読書家としても知られ、学問・文学を好み、河内本『源氏物語』の注釈書の編纂も行っている。1275(建治元)年、政務を引退した実時は金沢の地に居を構え、邸宅内に蔵書を集めた「金沢文庫」を創設したが、翌年亡くなったとされる。

この文庫は実時亡き後も、金沢北条氏に受け継がれた。鎌倉時代末期に一時、執権を務めた実時の孫・北条貞顕(さだあき)は、京の六波羅探題を務め、その間に宋版の漢籍などを収集していた。収集していた経験を活かし、自らが写本を行うなどして文庫の充実・収集に注力した。しかし、貞顕をはじめとする金沢北条氏の一門は、1333(元弘3・正慶2)年に鎌倉幕府とともに滅亡し、「金沢文庫」は、金沢北条氏の菩提寺である「称名寺」に受け継がれることとなる。その後、室町時代から江戸時代にかけては、この地を支配した有力者である後北条氏、江戸幕府初代将軍の徳川家康らが蔵書を持ち出し、散逸したとされる。

明治維新後、初代内閣総理大臣の伊藤博文が散逸した蔵書の収集・回収を行い、1897(明治30)年、「称名寺」の「大宝院」に文庫を再建した。

しかし、新設された「金沢文庫」は1923(大正12)年の「関東大震災」で倒壊。その後の1930(昭和5)年に現在の金沢区に別荘を持っていた実業家・大橋新太郎の寄付を受け、「神奈川県立金沢文庫」が誕生した。1990(平成2)年には、現在のような中世の歴史博物館に姿を変えて、文化財の展示や講座が行われている。


次のページ 金沢の海


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る