このまちアーカイブス INDEX

中近世の「青梅街道」と寺社


「大宮八幡宮」は太古からの聖域に創建 MAP 1

「大宮八幡宮」は、「前九年の役」で奥州を平定した清和源氏の武将、源頼義が1063(康平6)年に「石清水八幡宮」の御分霊を得て神社を建て、その子の源義家が「後三年の役」の後に社殿を修築したと伝わる。画像は大正時代の鳥居と参道、奥には本殿が見える。1969(昭和44)年の発掘調査で、境内の北端につづく旧境内地から弥生時代の祭祀遺跡や族長の住居跡が発掘され、太古からの聖域であったことが判明している。【画像は1919(大正8)年】

広さは東京23区内の神社のうち「明治神宮」「靖國神社」に次ぎ3番目に大きく、1万5,000坪の境内には本殿のほか、結婚式場「清涼殿」、弓道場「振武殿」、「大宮幼稚園」などもある。都内の人口の重心であったことから「東京のへそ」の愛称でも親しまれている。

石灰を江戸に運んだ「青梅街道」

「青梅街道」は、1606(慶長11)年に「江戸城」修築に必要な石灰を上成木村・北小曽木村(現・青梅市)から搬出するために大久保長安が中心となって開削した街道で、明治時代に入ると馬車が走り、石灰石や丸太の輸送が行われていた。画像は『江戸名所図会』で「宝仙寺」内に建つ三重塔を描いた『中野塔』。主題である三重塔よりも前景に描かれた街道のほうがむしろ細かく描かれており、人馬の往来、葭簀(よしず)張水茶屋、商売家の様子がわかる。【画像は1893(明治26)年】

1889(明治22)年にJR中央線の前身となった甲武鉄道が開通し、輸送の役割は鉄道に取って替わられた。街道は拡幅工事が行われ整備されて現在に至る。

本尊・薬師如来が眼病にご利益、「新井山梅照院」 MAP 2

現在は西武新宿線の駅名にもなっている「新井薬師」は、正式には真言宗豊山派の寺院「新井山梅照院」である。1586(天正14)年、鎌倉時代の僧・行春が結んだ草庵のあった場所の梅の木から薬師如来像が発見された。これを安置するために薬師堂を建立したのが「梅照院」の始まりといわれている。江戸時代には二代将軍、徳川秀忠の五女・和子(東福門院)が祈願し眼病が快癒したことから、目の病にご利益がある仏様として広く信仰されてきた。この本尊は秘仏とされ、12年に一度、寅年に開帳されている。画像は戦前の本堂。【画像は昭和戦前期】

境内には本堂のほか、太子堂、額堂、銀杏や杉の巨木などもあったが戦災で焼失。現在は本堂、えんま堂(旧大師堂)、庫裏(くり)が復興されている。

「やくよけのおそっさま」として崇められた「妙法寺」 MAP 3

「除厄け祖師」として人気があり、多くの江戸の人々が訪れたのが日蓮宗本山の「妙法寺」である。元は真言宗の尼寺で、江戸時代の元和年間(1615~1623年)に覚仙院日逕(かくせんいんにっけい)上人が老母の菩提を弔うために日蓮宗に改宗した。「祖師堂」に祀られた「日蓮大聖人」は「おそっさま」と呼ばれ親しまれている。また、この寺に参詣する粗忽者を題材としたのが、古典落語の『堀の内』であり、方向を間違え、道に迷いながら「鍋屋横丁」を通って、ようやく寺にたどり着く様子が面白おかしく描かれている。画像は戦前期の「祖師堂」。【画像は昭和戦前期】

「仁王門」をくぐると、目の前に見える「妙法寺」内で最も大きなお堂が「祖師堂」である。1960(昭和35)年に東京都指定有形文化財になっている。


「青梅街道」から分岐する「堀之内妙法寺道(鍋屋横丁)」

大正期の「鍋屋横丁」にある文具店を写したもの。

大正期の「鍋屋横丁」にある文具店を写したもの。

1979(昭和54)年に設置された「鍋屋横丁の由来碑」

1979(昭和54)年に設置された「鍋屋横丁の由来碑」 MAP 4

江戸時代、「青梅街道」が通る現在の中野本町付近から、北は「新井薬師」へ、南は「堀之内妙法寺」へと分岐し、「堀之内道」「妙法寺道」などと呼ばれる参詣道があった。その分岐点に「鍋屋」という茶店が存在したことから、この付近は「鍋屋横丁」の名前で呼ばれることとなった。「鍋屋」は広大な敷地に二百数十株の梅林を営み、参詣客や文人墨客などが遊覧に訪れたという。大正から昭和初期までは「中野銀座」ともいわれるほど街道筋のなかでは賑やかで、中野町内でもひときわ繁華な場所として知られていた。

「青梅街道」には、1921(大正10)年に西武軌道が開通し、後に都電杉並線となるこの路線に「鍋屋横丁」の停留場が置かれた。この東側の電停は「本町通り三丁目」、西側の電停は「本町通り五丁目」であり、中間にあたる「本町通四丁目」では「鍋屋横丁」という地名が定着していたことがわかる。

また、都電に代わる形でこの地域の人々の足となる営団地下鉄(現・東京メトロ)荻窪線(現・丸ノ内線)が1961(昭和36)年に開通し、「新中野駅」が置かれた。この「新中野駅」は、「杉山公園」のすぐ北東に位置している。駅付近は、「鍋屋横丁」の歴史を受け継ぐ、飲食店や商店が並ぶ繁華街であり、毎年夏には「なべよこ夏まつり」が開催されている。


次のページ 鷹場に陸軍施設を設置


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る