このまちアーカイブス INDEX

「横浜の変遷」今昔物語

鎖国から開国へと日本が大きく動いたとき、横浜はその最前線にあった。港から押し寄せたあらゆる事象を目撃し、それらを消化し、あるいは消化できずに受け流していくうち、膨大な量の記録が生じた一方で、かたちに残らないまま消えていった記憶も多いことだろう。現在、私たちの手元に残された写真や文書はその一部に過ぎない。しかし、それらに目を向け、耳を傾けながら、消失してしまった存在にも思いを馳せたい。開国から150年以上が経ち、横浜の街も、住む人も、代を重ねてきた。これらの資料が世代を超えて私たちに語りかけてくれることは決して少なくない。


洲干(しゅうかん)弁天社 MAP 1

横浜が開港地として発展していく過程で、姿を消したもののひとつに「洲干弁天社」が挙げられる。1869(明治2)年に現在の羽衣町に移転して「厳島神社」と改称する以前、同神社は弁天通五丁目から六丁目辺りに広がる細長い砂州上に敷地を有し、開港後には開港場の玄関口として栄えた。写真は江戸末期にイギリス人の写真家ベアトによって撮影されたもので、弁天社の一の鳥居からの眺めだと思われる。残念ながら現在では弁天通りや「弁天橋」といった名前からかつての位置を想像できるくらいで、移転後の社殿にも往時の面影は残っていない。【「洲干弁天社」の一の鳥居から二の鳥居に向かう参道。二の鳥居をくぐって太鼓橋を渡り、さらに三の鳥居の先に本殿があった。(江戸末期)】

現在の弁天通りを馬車道との交差点から見た風景。

神奈川宿 MAP 2

「神奈川宿」は「東海道五十三次」の3番目の宿場。浮世絵は、歌川国貞(のちの三代豊国)によって描かれた「東海道神名川(御上洛錦繪)」。大名行列に平伏す町人たちの姿が描かれる一方、「さくらや」と書かれた料亭の2階では海を眺める人々の姿も。「さくらや」は1863(文久3)年に「田中家」となり、現在も同じ場所で料亭を営業している。【1863(文久3)年に歌川国貞(三代豊国)によって描かれた浮世絵「東海道神名川(御上洛錦繪)」。中央にある2階建ての建物が料亭「さくらや」。】

写真は、かつて茶屋が並んでいた旧東海道「神奈川宿」の台町付近。現在はマンションが建ち並ぶが、左手中央にある「田中家」の佇まいがかつての宿場町の面影を感じさせる。「田中家」では、幕末の志士であった坂本龍馬の妻、お龍が勝海舟の紹介で働いていたとも言われる。

黒船来航 MAP 3

1853(嘉永6)年7月の黒船の浦賀来航から半年後、米国のマシュー・ペリー提督率いる船隊が再び浦賀沖に現れ、1854(嘉永7)年3月には横浜に上陸した。上の絵はペリー提督一行に同行して横浜上陸の様子を記録したヴィルヘルム・ハイネのリトグラフ。絵の右側に見える神社は「水神社」、その背後の木は玉楠(たまくす/タブノキの別称)。この玉楠は関東大震災で焼けたものの、再び枝葉を伸ばして現在も「横浜開港資料館」の中庭に生い茂っている。【ハイネ作「ペリー提督・横浜上陸の図」(1855(安政2)年制作)。整然と並ぶ兵士たちの後ろには、集まった大勢の住民の姿が見える。】

今日まで横浜の歩みを見守ってきた日本大通りから「大さん橋」と海を望む。“歴史の証人”玉楠は、今も右手の「横浜開港資料館」の中庭に。

大さん橋 MAP 4

「大さん橋」の前身は、開港後の最初の築港工事として着工し、1894(明治27)年に竣工した「鉄桟橋」。この絵葉書は当時の「鉄桟橋」の風景。「鉄桟橋」以前には「イギリス波止場」と呼ばれていたが、昭和戦前期には「メリケン波止場」と呼ばれるようになったという。2002(平成14)年に完成した現在の「大さん橋」のターミナルは、3万トンクラスの客船なら4隻、「飛鳥II」や「ダイヤモンド・プリンセス」などそれ以上のクラスなら2隻が同時に着岸できる。国外・国内の大型客船が行き交うほか、「横浜港」を一望できる屋上デッキは横浜の代表的な観光スポットにもなっている。【「横浜港」の第一期築港工事で完成した「鉄桟橋」。開港から30年以上が経過してようやく完成し、ここから拡張を重ねていった。(1910年代)】

「神奈川県庁」本庁舎の展望台から撮影した現在の「大さん橋」。


次のページ 横浜税関・本町通り


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る