このまちアーカイブス INDEX

国際貿易港・神戸港の開港

1868(慶応3)年の開港当初の波止場は長さが短く、水深が浅いため、大型船の横付けができなかった。そこで、艀(はしけ)が大型船と桟橋の間を往復し、人と荷物を運んだ。やがて、新港埠頭が完成し、より大型の船舶が接岸できるようになる。


第一波止場・勝海舟の神戸海軍操練所跡 MAP 1

【画像は明治中期】

幕末の動乱期、現在の中央区新港町に海軍士官養成のための海軍操練所が開かれた。また、現・三宮駅付近には、勝海舟の私塾である海軍塾も置かれ、日本各地から志を持った若者たちが入門した。坂本龍馬、陸奥宗光(後の外務大臣)、伊東祐亨(初代連合艦隊司令長官)らも学んでいる。開港時に操練所跡地は「第一波止場」(当初、外国船との貿易が許された唯一の波止場)となり、神戸港が世界の貿易港となる第一歩を踏み出した。大正時代になると、この一帯は埋立てられ、海側に大規模な新港埠頭が建設された。

第三波止場(メリケン波止場) MAP 2

【画像は大正後期・昭和初期】

開港の年に、第一波止場に続いて、第二~第四波止場が建設された。「第三波止場」は、近くにアメリカ領事館があったため、「メリケン波止場」とも呼ばれた(領事館跡は現・郵船ビル)が、戦時中、敵国を意味したことから、「万国波止場」と名を変えた。1995(平成7)年の阪神・淡路大震災により、「メリケン波止場」も大きな被害を受け、傾いて沈下した。現在、波止場の南端 60m の一角が保存され、「神戸港震災メモリアルパーク」として、震災のすさまじさや、復旧・復興の様子を今日に伝えている。

欧米への旅立ちの場「新港埠頭」

新港埠頭の完成により、神戸はさらに、国際港湾都市として発展する。1896(明治29)年、日本初の欧州航路が開設され、国内では横浜・神戸・下関が寄港地となった。ここから旅立った人の中には南米への移住者たちもいる。明治から現在までに、海外へ移住した日本人は合計で104万人といわれるが、その中で、神戸から旅立った者は約40万人に上る。


新港第4突堤と豪華客船「エンプレス・オブ・ブリテン」 MAP 3

【画像は昭和初期】

【現在の神戸港。新港埠頭付近】戦前の神戸港には、外国の巨大客船が次々と停泊したが、それら客船の中で、最大トン数を誇ったのが、ロンドンに本社を置くカナディアン・パシフィック・ラインの大型客船「エンプレス・オブ・ブリテン(2 代目)」(総トン数 42,348t)。世界一周旅行の途中で神戸に寄港する際には、その偉容を一目見ようと大勢の神戸市民が集まった。 1970年(昭和 45)年、新港第四突堤の東側に、「神戸ポートターミナル」が完成。現在、日本最大の客船用埠頭である。


神戸港・兵庫港で「二つの扇」

神戸の市章といえば、半円を二つ重ねた1枚目の画像のようなデザインである。神戸市内を歩いていると、至る所にこのマークを見ることができる。この市章の由来は明治後期にさかのぼる。当時の神戸は、横浜や大阪と比べると港湾施設の近代化に関しては遅れを取っていた。そこで、後に「築港市長」の異名が与えられた水上浩躬市長が、港の整備を強力に国に働きかけ、予算が議会を通過し、1906(明治39年)、神戸港築港の第一期工事が着工。神戸の市章は、水上市長自らが意匠を考案した。「神戸」の歴史的仮名遣いである「カウベ」の「カ」の字を表したことに加え、兵庫港が昔扇港と呼ばれていたことから、二つの扇(兵庫港・神戸港)が交差したデザインとした。

市章制定の1907(明治40)年、碇山の隣の山へ市章の形に松の木が植樹され、「市章山」と呼ばれるようになった。やがて夜間はイルミネーションが灯されるようになる。阪神・淡路大震災の夜、街は停電で暗闇となったが、煌々と輝く市章山と碇山のイルミネーションが、被災者を勇気づけた。


神戸港・兵庫港で「二つの扇」

大正中期~ 1931(昭和6)年頃


次のページ 外国人居留地


MAP

この地図を大きく表示

※企画制作協力/画像古地図提供 / 原島 広至



トップへ戻る