このまちアーカイブス INDEX

「平城京」の誕生と寺社創建


遷都とともに奈良に移った「興福寺」 MAP 1

「興福寺」の起源は、669(天智天皇8)年に京都で造営された「山階(やましな)寺」である。「山階寺」が飛鳥に移り「厩坂(うまやさか)寺」となり、710(和銅3)年の「平城京」遷都の際に、平城京左京三条に移り「興福寺」となった。遷都は藤原不比等の実権下で行われており、藤原氏の氏寺「厩坂寺」も移転された。平安時代には「興福寺」は大和国の事実上の国守として、大きな権力を持つこととなる。しかし、「源平合戦」時には、平重衡(たいらのしげひら)の「南都焼討」により、多くの伽藍が焼失した。【画像は昭和戦前期】

写真中央は室町時代に再建された「東金堂」と「五重塔」。ほかに鎌倉時代に建設された「北円堂」「三重塔」が現存する。また、世界遺産「古都奈良の文化財」の一つである。

「シルクロード」の最東端、国際都市「平城京」 MAP 2(平城宮第一次大極殿正殿)

「平城京」は710(和銅3)年に飛鳥の「藤原京」から遷都された。唐(現・中国)の都・長安をモデルにし、東西南北を大路で区画する「条坊制」の都市計画が行われ、右京、左京、外京が設けられ、「平城宮(内裏)」「朱雀大路」「東大寺」「西大寺」「薬師寺」などが建設された。当時「シルクロード」の最東端にあたる国際都市であり、大陸から物資が運ばれてきた。「平城京」は「長岡京」「平安京」への遷都後は荒廃が進んだが、江戸時代に北浦定政によって跡地の研究が行われ、その後は本格的な研究、復元が進んだ。上の写真は1922(大正11)年以前の「平城宮跡」の様子。【画像は大正期】

現在、「平城宮跡」は世界遺産「古都奈良の文化財」の一つとなり、「平城宮第一次大極殿正殿」などが復元されている。

聖武天皇の願いが込められた「東大寺」 MAP 3

「南都七大寺」の一つ「東大寺」は、聖武天皇が728(神亀5)年に数々の災難から国を守るために建立した「金鍾山寺(きんしょうさんじ)」が前身寺院とされる。大和国の「国分寺(金光明寺)」となり、747(天平19)年頃から大仏の建立が始まった。この頃から「東大寺」の名称が用いられた。752(天平勝宝4)年、「大仏開眼供養会」が行われた。聖武天皇崩御後も講堂や東西の塔、三面僧堂などの造営が789(延暦8)年まで続けられた。【画像は大正期】

写真の「大仏殿」など、建造物の多くは戦により焼損したため、鎌倉時代以降に再建されたものであるが、「法華堂(三月堂)」は奈良時代に建てられたものである。

藤原氏の氏神として栄えた「春日大社」 MAP 4

「平城京」が誕生した頃に、藤原氏の氏神である武甕槌命(たけみかづちのみこと)が「鹿島神宮」から奈良の地に迎え、祀られた。社殿は768(神護景雲2)年、称徳天皇の勅命により、藤原永手が造営したといわれている。神仏習合が進むと、藤原氏の氏寺「興福寺」と一体となった。その後、1871(明治4)年に「官幣大社春日神社」となり、1946(昭和21)年に「春日大社」に改称した。【画像は大正期】

現在の「一之鳥居」は1638(寛永15)年に再建されたもの。全国に広がる「春日神社」の総本社であり、世界遺産「古都奈良の文化財」の一つでもある。


早春の「山焼き」で有名な「若草山」、「三笠山」とも呼ばれた

「若草山」(画像は大正期)

「若草山」(画像は大正期) MAP 5

『小倉百人一首』に登場する「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」は、遣唐使として唐(現・中国)に渡った阿倍仲麻呂が、故郷を懐かしんで詠んだ和歌として知られる。この「三笠山」は現在では「若草山」と呼ばれ、奈良を訪れる人々の憩いの場となっている。

「若草山」は「奈良公園」の東側に位置し、標高は342m。山頂には5世紀頃の前方後円墳「鶯塚古墳」があることから「鶯山」とも呼ばれるほか、山の緩やかな線が三段をなす形状のため「三笠山」と呼ばれてきた。「春日大社」のご神体、標高283mの「御蓋山」(簡易表記の際は「三笠山」、通称「春日山」)と混同されることがあるが、別の山である。阿倍仲麻呂が詠った「三笠山」は「御蓋山」だったという説もある。

全体が芝生で覆われている「若草山」では、鎌倉時代から山に生える草を焼く「山焼き」が行われており、現在では毎年1月下旬の夜に、奈良の早春の行事として実施される。山麓では式典が開催され、「山焼き」開始直前の大花火も相まって夜空を炎が彩る、規模の大きな祭典となっている。「山焼き」の起源は不明だが、一説には「東大寺」と「興福寺」の領地争いを和解させるために山を焼き払ったことがはじまりともいわれている。

「若草山」を含む「奈良公園」は1880(明治13)年に開園。総面積約502ヘクタールで、ほぼ国有地となっている。また、これに「興福寺」「東大寺」「春日大社」などを含めた総面積660ヘクタールのエリアが、一般的に「奈良公園」と呼ばれる範囲となっている。


次のページ 大仏再建と観光地化


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る