このまちアーカイブス INDEX

「八事」の由来と武将ゆかりの地


景勝地で知られた「音聞山」 MAP 1

「音聞山」は八事を代表する景勝地として、古くは和歌の歌枕となった場所であり、「絶景は言葉に尽くしがたし」といわれた。この山からは、熱田の海が見渡せ、鳴海潟の海鳴りの音が聞こえたという。山の南側にある「塩竈(しおがま)神社」は江戸時代末期の弘化年間(1844~1847年)に、天白村(現・天白区)の豪農、山田善兵衛が陸奥国(現・宮城県)の「鹽竈神社」の御分霊を祀ったことに始まる。画像は『尾張名所図会』に描かれた「音聞山」。【画像は1880(明治13)年】

現在は住宅街となった「音聞山」付近の様子。

江戸時代の灌漑池、現在は「隼人池公園」に MAP 2

江戸時代、尾張藩徳川家の付家老で犬山城主であった成瀬隼人正(なるせはやとのしょう)正虎は、1646(正保3)年、開拓した「藤成新田」の灌漑用の池を造成した。この池は後に「隼人池」と呼ばれるようになった。当時は、「山崎川」を越える筧(樋)で、「藤成新田」に水が運ばれていた。画像は、1946(昭和21)年に空中から撮影した「隼人池」周辺。周辺にはまだ田畑が多く残っている。【画像は1946(昭和21)年】

「飯田街道」沿いにある「隼人池」は、1976(昭和51)年に周囲を含めて公園として整備され、「隼人池公園」が開園した。池の周囲は1周400mほどの桜並木の遊歩道が整備され、春には花見も楽しめる。

1688年建立の「興正寺」、五重塔は国の重要文化財 MAP 3

八事の地に広大な寺域を有する「八事山興正寺」は、1686(貞享3)年に「高野山」から来た天瑞圓照(てんずいえんしょう)和尚が、草庵を結んだことに始まる。その後、尾張藩二代目藩主、徳川光友の帰依を受けて1688(元禄元)年に寺を建立し、「八事山遍照院興正律寺」の称号を賜り、尾張徳川家の祈願所となった。真言宗の寺院として、真言密教の教学、修行道場となる一方で、「八事観音」とも呼ばれ、人々の信仰を集めてきた。境内は、西山普門院と東山遍照院に分かれ、東山には大日堂、奥之院など、西山には本堂、五重塔などがある。【画像は昭和戦前期】

1808(文化5)年に建立された五重塔は、東海三県に現存する唯一の木造五重塔として、国の重要文化財に指定されている。現在、五重塔の前には2014(平成26)年9月に奉安・入仏した「釈迦牟尼(しゃかむに)大仏」が鎮座している。


信仰の地としての八事

昭和戦前期の「天道山高照寺」

昭和戦前期の「天道山高照寺」

名古屋の中心部を出て南東に向かい、八事を経て平針に至る道は江戸時代には「名古屋城」と岡崎を結ぶ「岡崎街道(駿河町街道)」であり、明治時代以降に名古屋から平針までの部分が「飯田街道」と呼ばれるようになった。現在は国道153号となっている。この幹線道路沿いに広がる八事一帯には、「興正寺」をはじめとする神社仏閣がある。

その筆頭は、尾張徳川家と関わりの深い「八事山興正寺」である。1688(元禄元)年の建立で、「尾張高野」といわれる真言宗の名刹。この「興正寺」は女人門を境に女人禁制の東山と、禁制のない西山に分かれていた。当時、禁制の寺も多かったため、気軽に参拝できる「興正寺」は多くの参拝者で賑わった。また、当時の「岡崎街道」は八事の東側で峠道になるため、名古屋への出入り口にあたり、「興正寺」はこの道を守る砦としての軍事的役割も持っていた。明治時代に鉄道が敷かれる前から泊まりがけの参拝者もいたため、門前には宿屋もあった。MAP 4(天道山高照寺)

このほか、「興正寺」の北東にある「西光院」や、川名山町にある曹洞宗の寺院「味岡山香積院(こうじゃくいん)」などがある。臨済宗妙心寺派の寺院で、「天道祭(おてんとまつり)」でも知られる「天道山高照寺」は、元は丹羽郡稲木荘寄木村(現・江南市寄木町)の「稲木神社」で、1724(享保9)年に「天道山高照寺」となり、1741(寛保元)年に八事の地に遷座した。また「音聞山」の南側に位置する「塩竈神社」は江戸時代末期の弘化年間に陸奥国(現・宮城県)の「鹽竈神社」の御分霊を祀ったことに始まっている。MAP 5(西光院) MAP 6(味岡院香積院)

また、八事周辺は「音聞山」などを含めた景勝地でもあり、江戸時代から寺社への参詣と遊山を兼ねた「山行き」といわれる行楽には格好の地であった。明治時代に敷かれる鉄道も、この「山行き」の人出を見込んだものでもあった。


次のページ 八事に鉄道が開通


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る