このまちアーカイブス INDEX

「二ヶ領用水」と「中原街道」


「多摩川」を水源とした農業用水「二ヶ領用水」

「二ヶ領用水」は、幕府の体制作りのために開削された農業用水。江戸時代の「稲毛領」「川崎領」にまたがることから、「二ヶ領」と呼ばれた。徳川家康の家臣・小泉次大夫が用水奉行となり、1597(慶長2)年に測量を開始し、1611(慶長16)年に完成。画像は明治初期に描かれた『二ヶ領絵図』で、「稲毛領」「川崎領」を概念的に描いている。赤い線が道で、中央付近を縦に走っているのが「中原街道」。【画像は明治初期】

「武蔵小杉駅」付近の「二ヶ領用水」。春には桜が咲き誇り、住民の憩いの場となっている。

「二ヶ領用水」の完成後、取水口の増設など度々改修工事が行われた。時代の推移とともに目的にも変化が生じ、明治初期には横浜の外国人居留地の上水道として、さらに昭和戦前期には川崎沿岸部に工場地帯が形成されると工業用水道としての役割も果たすようになった。工業用水の取水口は1939(昭和14)年、鹿島田に建設され、日本初の公営工業用水源となった。写真は1934(昭和9)年9月に発行された『川崎新聞』の一部で、工事の様子を伝えている。【画像は1934(昭和9)年】

鹿島田に建設された工業用水の取水口は、完成当時は「平間水源管理所」と称していたが、現在は「川崎市上下水道局平間配水所」となっている。取水口跡には説明パネルが設置されている。 MAP 1

「中原街道」沿いの小杉に陣屋、御殿を造営

小泉次大夫が徳川家康に「二ヶ領用水」の開削と新田開発を進言し、着工が決まると、「中原街道」沿いの小杉に陣屋が置かれた。次大夫はここで陣頭指揮を執り工事にあたっていた。「二ヶ領用水」の工事も終盤を迎えた1608(慶長13)年、徳川秀忠はこの陣屋の西側に御殿を造営。「小杉御殿」と呼ばれ、鷹狩りに訪れる将軍が度々滞在した。画像は「小杉御殿」の跡地の位置を描いた絵図で、御殿の東側に「御陣屋 や敷跡」と記されており、「小杉陣屋」であったと考えられる。【画像は江戸期】

その後、「東海道」が整備されると、将軍が「中原街道」を利用する回数は減少し、1672(寛文12)年に「小杉御殿」は廃止された。写真は御殿の跡地。 MAP 2

どちらの跡地も住宅街となっており、碑や説明パネルが設置されている。写真は陣屋の跡地。 MAP 3

「上丸子村」と「下沼部村」の間に「丸子の渡し」 MAP 4

江戸と平塚の中原を結ぶ「中原街道」には、「多摩川」を渡るための橋はなく、平塚側の「上丸子村」と江戸側の「下沼部村」を結ぶ「丸子の渡し」が利用されていた。1935(昭和10)年に「丸子橋」が開通するまでは「多摩川」を渡るための唯一の交通手段で、手車や牛車により、野菜・果物・花などが渡しを利用して出荷され、上丸子は渡船集落として発展した。図は江戸時代に「多摩川」を描いたものの一部で、「上丸子村」から対岸に船が出ている様子がわかる。【画像は1845(弘化2)年】

写真は1932(昭和7)年の「丸子の渡し」。船の両端に船頭の姿が見られる。土手の向こうに見える鉄塔は目蒲線(現・東急多摩川線)。【画像は1932(昭和7)年】

渡しは「丸子橋」が架設されたことで廃止された。その痕跡を残すものは少ないが、船場跡には「丸子の渡船場跡」の碑が設置されている。

初代「丸子橋」の架橋 MAP 5

「丸子の渡し」があった「多摩川」の約300m上流に1935(昭和10)年、住民による度重なる陳情が実現し、アーチ型の「丸子橋」が開通した。この橋には東京と神奈川を結ぶ重要な交通ルート「中原街道」が通り、費用は東京と神奈川で折半した。画像は1935(昭和10)年頃、東京側から対岸を望んだ様子。【画像は1935(昭和10)年頃】

老朽化と交通量の増加に対応するため、2000(平成12)年に現在の橋に架け替えられた。車道は2車線から4車線、歩道も片側から両側歩道となり、より安全で快適に橋を渡ることができるようになった。


次のページ 「多摩川」岸の娯楽


MAP

この地図を大きく表示

※本ページでは、「東京横浜電鉄」時代と1942(昭和17)年「東京急行電鉄」成立後の路線名について、ともに「東横線」で統一している。



トップへ戻る