このまちアーカイブス INDEX

大阪のビジネスの中枢・船場

船場は、北の境が土佐堀川、南の境は長堀川〔1964(昭和39)年に埋立て〕、東の境は東横堀川、そして西の境は西横堀川〔1962(昭和37)年に埋立て〕という川に囲まれた地域。豊臣秀吉が大坂城築城時に、堺や伏見から商人を強制移住させてできたという商業の中心地である。職種ごとに店の地域が集中していた。今も、ビジネス街として知られている。


五代友厚を中心に創設された大阪株式取引所 MAP 25

船場北浜は、江戸の昔から、両替商や米問屋、米仲買が集まる金融の中心。1878(明治11)年、五代友厚、住友吉左衛門、鴻池善右衛門らが発起人となり大阪株式取引所を設立した。1894(明治27)年、赤レンガ造3階建の取引所が竣工した。後に手狭となり、1935(昭和10)年、新古典主義様式の新館が竣工(設計は竹腰健造による)。2004(平成16)年、全面改築されたが、玄関ホールや貴賓室は保存されている。【画像は昭和初期】

写真は、大阪取引所前に立っている五代友厚像。五代友厚は明治政府の参与や判事となるも官を辞し、実業界で名を馳せた。東の渋沢・西の五代と称された。

堺筋と三越呉服店

【画像は大正末期〜昭和初期】

大阪では、東西の道を「通」、南北方向の街路を「筋」という。その筋の一つである「堺筋」は、御堂筋が拡幅するまでは大阪のメインストリートであった。堺筋には、1917(大正6)年に三越、1921(大正10)年に白木屋、1922(大正11)年に高島屋、1923(大正12)年には松坂屋と次々百貨店がオープンしたため、「百貨店通り」と呼ばれた。絵葉書の中央奥が「三越呉服店」、その左手前の6本のイオニア列柱の並ぶ古典様式の建物は、1901(明治34)年竣工の三井銀行大阪支店。後の1936(昭和11)年に曾禰・中條建築事務所の設計で建て替えられる(現、三井住友銀行大阪中央支店)。

淀屋橋(手前)と肥後橋(奥)と住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店) MAP 26

絵葉書中央左に見える建物は、1926(大正15)年に第1期工事が竣工した「住友ビルディング」。シンプルかつ重厚なデザインだが、近づいてみると繊細な装飾が各部に施されている。住友財閥の経営統括本部ビルとして建築され、住友合資会社や住友銀行、住友金属、住友生命等の本社事務所が入居し、住友グループの「総本山」的存在。現在は、三井住友銀行大阪本店。北浜4丁目、今橋4丁目付近は、住友ビル本館、住友ビルディングをはじめ、住友ビル2〜4号館、住友生命淀屋橋ビル等、住友系のビルが建ち並んでおり、「住友村」と呼ばれている。【画像は昭和初期】

薬の町・道修町

【画像は昭和初期】

船場の道修町は、中国や国内で生産された薬を扱う薬種問屋が集中する問屋街として栄えた。江戸時代には、仲買人が株仲間として組織され、独占的に全国に薬を供給した。今も、武田、第一三共、 大日本、塩野義といった製薬企業が軒を連ねている。

高麗橋筋・銀行街

【画像は昭和初期】

左の建物は「三越呉服店」、右手前は「三井物産」。奥(西の方向)は、改築前の「三井銀行大阪支店」。さらにその奥は、建物のコーナーのカーブが特徴の「高麗橋野村ビルディング」で、1927(昭和2)年竣工(現存する)。この高麗橋通には、さらに西に至るまで銀行が並んでいた。


次のページ 古地図で巡る大坂


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る