このまちアーカイブス INDEX

「トアロード」の名の由来となったトアホテル

トアホテルに至る南北約1kmの道は、かつては三ノ宮通と呼ばれた。三ノ宮通は、明治時代から茶屋などの店の並ぶ繁華街だった。現在、この通りはトアロードと呼ばれ、トアロード西側のトアウエストにはカジュアルファッションの店や各国料理のレストランや喫茶店が並ぶ。


三ノ宮通・現「トアロード」 MAP 9

【画像は明治末期~大正初期】

1枚目の絵葉書の画面右端、兵庫県の高札が掲げられている付近に、現在、『神戸事件発生地碑』が設置されている。神戸事件とは、1868(慶応4)年、三宮神社前で備前藩兵(岡山藩兵)の隊列の前を、フランス人水兵2人が横切ったことによる、小競り合いから銃撃戦へと発展した事件。外国軍が一時は神戸中心部を占拠する事態にまで及び、最後には、備前藩士滝善三郎が一身に責を負って切腹し、事態を収束させた。

戦前神戸屈指の高級ホテル「トアホテル」

【画像は大正期】

トアホテルは、1908(明治41)年開業の戦前の神戸屈指の高級ホテル。「浜のオリエンタル、山のトア」と並び称された。この西洋建築の設計は、異色の建築家・下田菊太郎による。山に近かったため、神戸大空襲では被害を免れたが、惜しくも、1950(昭和25)年、失火により焼失。トアホテル跡地は現在「神戸外国倶楽部」となっている。

レジャー開発の先駆け「六甲山」

六甲山系の山々は都市部に近接しており、早くから道路や鉄道、ケーブルカーやロープウェーなどが整備され、自然と親しむことのできるレクリエーションの場として神戸の人々に愛されてきた。今日も、企業の研修施設や個人の別荘、数多くの観光施設・レジャー施設がある。


日本初のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」 MAP 10

1901(明治34)年、日本初のゴルフコースが六甲山麓に開設。クラブハウスは1932(昭和7)年竣工。設計はW. M.ヴォーリズ。開設当初は4ホールだが、1903(明治36)年に9 ホールに拡張。同年、神戸ゴルフ倶楽部が発足した。【画像は大正後期~昭和初期】

六甲山のスケート場

六甲山には、明治の頃から製氷池が幾つもあり、夏場に氷を切り出して麓の街に提供していた。しかし、昭和初期に電気による冷凍庫が広まると、多くの製氷池は、再利用されスケート場に生まれ変わった。【画像は昭和初期】


六甲山開拓物語

六甲山開拓の開祖であるグルームを記念した「六甲山・記念碑台」

六甲山開拓の開祖であるグルームを記念した「六甲山・記念碑台」(昭和初期)

六甲山の開拓は、その眺望の素晴らしさに感銘を受けたイギリス人貿易商A・H・グルームによって着手されていった。1895(明治28)年、グルームは、現在、六甲山牧場が広がっている近くの三国池に自らの別荘を建設。彼の商館は居留地101番にあったため、別荘も「101番屋敷」とか「百壱」と呼ばれた。さらに別荘地を外国人に分譲し、ある時期には、「神戸外国人村」と呼ばれるほどであった。やがて絵葉書にある日本初のゴルフ場を設立し(今日の「神戸ゴルフ倶楽部」)、私財を投じて六甲山に登山道を整備、植林も進めた。やがてグルームは「六甲市長」という愛称で呼ばれるようになる。

1912(明治45)年、六甲山の高台(標高795・6m)に、グルームの功績を記念する高さ3mの六甲山開祖之碑が設置された。ただし、グルーム本人は、「私は神様ではない。死んでからにしてくれ」と断ったという。戦時中、この碑は敵国人を称えるものとして、谷に落とされてしまった。戦後になり、1955(昭和30)年に「六甲山の碑」として再建され、グルームの胸像も造られた。

昭和初期になると、阪急電鉄と阪神電鉄が競って六甲山の本格的な開発を進め、六甲一帯は一大避暑地・リゾート地に成長していった。



次のページ 文明開化の象徴、元町


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る