このまちアーカイブス INDEX

戦前神戸のレジャースポット「諏訪山」

諏訪山は、神戸の中心地から近く、神戸市内を眺望するために最適の場所だった。戦前は、諏訪山に動物園や温泉もあり、神戸から近場のレジャースポットだった。


諏訪山金星台から眺めた神戸市 MAP 22

【画像は大正後期~昭和初期】

1874(明治7)年、金星の日面通過観測のため、当時の科学先進国の天文学者たちが、世界各地に観測隊を送った。日本に来た観測隊は、横浜・長崎、そして神戸に分散し、神戸では諏訪山の中腹で観測がなされた。そのため、この展望台は「金星台」という名前が付けられた。この観測の結果、日本の経度が確定し、日本標準時の子午線が明石に定められた。また、金星台の観測隊の一員に清水誠が参加し、日本人で初めて金星の日面通過を撮影した(下のコラム参照)。

金星台と諏訪山展望台を繋ぐ螺旋橋は、金星にちなんでヴィーナスブリッジと呼ばれ、今も夜景を楽しむスポットとして有名である。

諏訪山動物園

諏訪山動物園は1928(昭和3)年、諏訪山公園内に開園した。現在は諏訪山こどもの広場となったが、実は動物園の頃の檻おりの形が残っている部分もある。戦後すぐに、諏訪動物園は閉園となり、飼われていた動物は、1951(昭和26)年に開園した王子動物園に引き取られた。動物たちはトラック30台で運ばれたが、トラックでの運搬が困難だったゾウの諏訪子と麻耶子は、晴れ着姿で歩いて王子動物園へ移動した。【画像は昭和初期】

諏訪山温泉

1872(明治5)年頃、諏訪山のふもとで鉱泉が発見され、温泉施設が作られた。画面左の階段は、諏訪山に登る道。【画像は明治後期~大正初期】

宇治川が暗渠になってできたハーバーロード

栄町通の西端に位置し、神戸駅にも近い宇治川筋には、明治初期から銀行やホテル、郵便局、電信局といった施設の洋館が並んだ。現在、この付近は暗渠化され、道路の下を川が流れている。


宇治川河口にあった「神戸三井組銀行」

神戸三井組銀行は、宇治川河口に1877(明治10)年頃建てられたといわれる。1886(明治19)年、宇治川河口西側の海岸(弁天町)を、宮内省が購入し、明治天皇御用邸が置かれた。【画像は明治初期】


神戸を支えた「マッチ産業」

大同燐寸株式会社 昭和初期

大同燐寸株式会社 昭和初期

マッチのラベルに描かれた商標は、その製品がどの会社で作られ、どんな品質かを表す重要な役割を果たした。デザインも独特なものが多く、特に動物や植物をあしらったものが好まれた。

マッチのラベルに描かれた商標は、その製品がどの会社で作られ、どんな品質かを表す重要な役割を果たした。デザインも独特なものが多く、特に動物や植物をあしらったものが好まれた。

マッチの街・神戸と言われたほど、神戸は明治時代、マッチ産業が盛んだった。諏訪山で金星の太陽面通過を観測したフランス隊の中に、フランスに留学し理工学を学んだ清水誠がいた。留学生時代、マッチ製造について研究を始め、帰国後の1876(明治9)年、東京の本所柳原町にマッチの大工場を造り、新燧社を設立した(社名の「燧」は、火打ち石のこと)。清水は、寛大にもマッチ製造を始める者達に、技術を教えるのみならず、原料や製造機械の調達まで手伝った。次第に神戸にはマッチ製造会社が続々と立ち上がり、当時の日本の主力輸出産業にまで発展した。そして、明治・大正期の主要なマッチ生産地は神戸であった。

1枚目の古写真は、「大同燐寸株式会社」の工場の写真。大同燐寸は1927(昭和2)年、スウェーデン燐寸、東洋燐寸、日本燐寸、公益社の合弁によって設立した。この会社は、今日の兼松日産農林株式会社マッチ部の前身である。



次のページ 古地図・鳥瞰図で巡る神戸


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る