このまちアーカイブス INDEX

時代の変化を映しだす「愛宕山」

自然地形としては東京23区内で一番の高さを誇る「愛宕山」。東側には低地と海が広がり、その眺望は江戸時代から明治時代にかけて、多数の錦絵や写真の題材となった。山上には江戸開府とともに「愛宕神社」が創建され、明治時代にはモダンな観光施設「愛宕館」「愛宕塔」が誕生、大正・昭和前期には日本の放送の礎を築いた「東京放送局」が作られるなど、時代の変化を象徴する場所であった。


東京を一望する大パノラマ MAP __

明治時代中期に「愛宕山」(「愛宕塔」からと思われる)から撮影された3枚つづりのパノラマ写真で、左から日比谷、新橋、芝方面を望む。芝方面に「東京湾」が見え、緑が生い茂る「浜離宮」(現「浜離宮恩賜庭園」)も確認できる。「愛宕山」下の道沿いには伝統的な長屋の商店も並んでいる。煉瓦造りの建築物もあり、近代化が進んでいることも感じられる。写真中央の大きな煉瓦造りの建物は、1888(明治21)年、芝区芝愛宕町二丁目(現・港区西新橋三丁目)に建てられた3階建ての「芝教会」。1936(昭和11)年に芝区西久保桜川町(現・港区虎ノ門一丁目)に移転している。写真右端の2階建ての煉瓦造りの建物は、1890(明治23)年、同じく芝区芝愛宕町二丁目に建てられた「東京慈恵医院」(現「東京慈恵会医科大学附属病院」)の「第2号病棟」と思われる。【画像は1895(明治28)年】

徳川家康が江戸開府にあたり創建した「愛宕神社」 MAP __

「愛宕山」の山頂に鎮座する「愛宕神社」は、江戸開府の1603(慶長8)年、防火の守り神として、徳川家康の命で創建された。参道正面に見える急勾配の「男坂」は、三代将軍の徳川家光の命により、馬術の名人であった曲垣平九郎(まがき へいくろう)がこの石段を馬で上り下りに成功、称えられたという故事にちなみ「出世の石段」と呼ばれている。【画像は明治後期】

大鳥居を潜れば「出世の石段」が始まり、階段を上がりきると一の鳥居、その先には社殿がある。右方には傾斜の緩やかな「女坂」がある。

明治時代に誕生した「愛宕山」のニューシンボル MAP __

「愛宕山」には、1889(明治22)年に完成した「愛宕館」と「愛宕塔」があった。「愛宕館」は宿泊施設を兼ねたレストランで、一方の「愛宕塔」は物品販売所となっていた。モダンな外観で人気があったが、1923(大正12)年9月1日に発生した「関東大震災」で倒壊した。【画像は大正期】

「愛宕塔」の跡地は、現在の「NHK放送博物館」と「愛宕神社」の間付近となる。

「東京放送局」からラジオの本放送が始まった MAP __

1925(大正14)年、「愛宕館」跡地付近に「東京放送局」ができた。芝浦での仮放送を経て、日本で初めてのラジオ本放送が「愛宕山」から始まり、翌年、「日本放送協会」が設立された。放送局が内幸町(現「日比谷シティ」)へと移るまでの14年間、ラジオが発信されたことから、「愛宕山」は『放送のふるさと』としての一面も持つ。【画像は昭和戦前期】

「日本放送協会」の放送開始30周年を記念して1956(昭和31)年に「NHK放送博物館」が開館した。2016(平成28)年にリニューアルしている。

「愛宕山」の東西を繋いだ「愛宕トンネル」 MAP __

「愛宕トンネル」は、芝区芝愛宕町二丁目(現・港区西新橋三丁目)方面と芝区西久保巴町(現・港区虎ノ門三丁目)方面の東西交通を円滑にするため、「愛宕山」を貫く形で建設され、1930(昭和5)年に完成した。当時の新聞報道によれば、東京市長を含めた約500名が参列して通り初めを行い、山上では立食の宴が開かれたという。写真は昭和戦前期の撮影で「愛宕トンネル」の上の建物が「日本放送協会」。【画像は昭和戦前期】

「愛宕トンネル」は現在も竣工当時の姿を残す。2004(平成16)年に内壁の耐震補強工事が施された。


次のページ 明治・大正の文化


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る