このまちアーカイブス INDEX

個性あふれる教育・研究機関

目黒・大崎の地には、田畑が多く広い土地が求めやすかったことや、東京の市街地と行き来しやすかったこともあり、明治後期から研究・教育施設も多く建てられた。


「林業試験場」から「都立林試の森公園」へ MAP __

1878(明治11)年、「内務省地理寮」は西ヶ原(現・東京都北区西ヶ原)に「樹木試験場」を設けた。1881(明治14)年に「農商務省」へ移管、1900(明治33)年に目黒へ移転し「目黒試験苗圃」が開設され、1905(明治38)年に「林業試験所」へ改称した。写真は1907(明治40)年の「林業試験所」正門。1910(明治43)年に「林業試験場」へ改称となった。【画像は1907(明治40)年】

「林業試験場」は、その後も数度の改組を経て、戦後の1949(昭和24)年に「林野庁」の付属機関となった。1978(昭和53)年に「筑波研究学園都市」へ移転し、現在は「独立行政法人森林総合研究所」へ改組されている。目黒の「林業試験場」跡地には「都立林試の森公園」(写真)が整備され、1989(平成元)年に開園した。

「日出学園」から「目黒日本大学中学校・高等学校」へ MAP __

2019(平成31)年に「日出学園」から校名を変更した「目黒日本大学中学校・高等学校」は、1903(明治36)年、小林芳次郎と妻・雛子が、芝高輪台町の「大教寺」境内に開設した裁縫塾を前身とする。1919(大正8)年に目黒の現在地に移転、1921(大正10)年に「日出高等女学校」となった。写真は手旗信号体操の様子。【画像は昭和前期】

戦後、新制「日出女子学園高等学校」となり、2001(平成13)年に「日出高等学校」に改称、2005(平成17)年に男女共学化。2013(平成25)年には創立110周年を迎え、2015(平成27)年に校舎の改築が完成した。2019(平成31)年より「日本大学」の準付属校となり、「目黒日本大学中学校・高等学校」に改称された。「日出女子学園高等学校」時代から「芸能クラス」もあり、多くの芸能人を輩出している。写真は「権之助坂商店街」から望む「目黒日本大学中学校・高等学校」。この階段を下った先に正門がある。

谷山ケ丘にそびえる「立正大学」 MAP __

「立正大学」の開校の起点は、1872(明治5)年に東京府芝区二本榎(現・港区高輪一丁目付近)の日蓮宗小教院にさかのぼる。現在の品川区大崎(谷山ケ丘)の地に「日蓮宗大学林」として開校したのは、1904(明治37)年、その後1907(明治40)年に「日蓮宗大学」に名称変更した。1924(大正13)年、「大学令」によって「立正大学」を設立。校名の「立正」は、日蓮宗の宗祖、日蓮聖人が執筆した『立正安国論』に由来する。1945(昭和20)年5月の米空軍による空襲で、コンクリート造りの一部を除き、校舎は焼失した。戦後の復興と教学振興をけん引し総合大学への道筋をつけたのが、第16代学長でのちに第55代内閣総理大臣も務めた石橋湛山である。【画像は1904(明治37)年】

1980年代後半からキャンパス再開発工事が始まり、「石橋湛山記念講堂」も竣工。2022年の創立150周年を見据え、キャンパスの一層の充実を図り、さらなる大学の発展を目指している。

日本における服飾教育の先駆け「杉野学園」 MAP __

日本のファッション界のパイオニアとして知られる杉野芳子は小学校の頃からアメリカへの憧れを抱き、1914(大正3)年、22歳で単身渡米。現地で洋装を覚えた。1926(大正15)年に「ドレスメーカー女学院」(現「ドレスメーカー学院」)を創設。1935(昭和10)年には、「日比谷公会堂」で日本初のファッションショーを開催するなど、日本における服飾教育の確立とモードの創出に取り組んだ。写真は1955(昭和30)年に完成した本校舎の様子。【画像は1955(昭和30)年】

「目黒駅」西側から南に延びる道は通称「ドレメ通り」と呼ばれる。学園の中枢部である本校舎は、完成当時の面影を残しながら現在も使用されている。


次のページ 古地図に見る江戸時代の目黒・大崎


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る