このまちアーカイブス INDEX

目黒を彩る四季、行楽の楽しみ

目黒・大崎の街並みの特徴は、「目黒川」によって刻まれた「武蔵野台地」の起伏にとんだ地形にある。時が経ち、川や街の姿は変化したが、かつて「目黒不動尊」の門前で知られた目黒の賑わいは、時代とともに違った形で人々を楽しませている。


商売繁盛、開運招福、賑やかな「酉の市」 MAP __

浅草とともに有名な「大鳥神社」の「酉の市」は、1835(天保6)年旧暦11月、初の酉の日に下目黒の造り酒屋、大国屋與兵衛が浅草から熊手を取り寄せたことに始まるという。「酉の市」は元々が古代の神事に由来し、付近の農民が野菜や実用品を売るための市として始まったものとされている。【画像は1953(昭和28)年】

「大鳥神社」の社名「おおとり」は、宝物を大きく取り込む「大取」に通ずるため、商売繁盛、開運招福の神様として多くの人々から信仰を集めている。

のどかに流れる「目黒川」と改修

写真は明治期~大正期の「目黒川」。蛇行しながらのどかに流れていたが、大正期に入ると、治水および運河として船が運航できるようにするため、改修する計画が立てられ、1923(大正12)年に着工、一時中断ののち、1937(昭和12)年に完成、現在のような直線的な川となった。中目黒付近には船を導きいれるための船入場も設けられた。【画像は明治期~大正期】

写真は現在の「目黒川」沿いの桜並木の様子で「ふれあい橋」から上流方面を撮影している。もとは昭和初期の改修に合わせて、地元の有志によって植樹されたもの。1936(昭和11)年には、植樹の記念碑が「目黒橋」付近に建てられた。1987(昭和62)年に少し下流の「南部橋」付近に移されている。 MAP __(ふれあい橋) MAP __(記念碑)

船入場の跡地には、1994(平成6)年に洪水調整池と親水広場「目黒川船入場」(写真)が整備された。 MAP __

江戸中期に開かれた新坂「権之助坂」 MAP __

「行人坂」に代わる新坂として「権之助坂」が開かれたのは江戸中期。その坂の名は、中目黒の田道の名主だった菅沼権之助に由来する。坂の造成工事を手掛けたのが権之助だったという説や、権之助が死刑に処せられる罪人として、馬の背中に括り付けられながら、最後に生家をひと目見たいと願ったという話も伝えられているが、定かなことは分からない。写真は昭和30年代の「権之助坂」の様子。【画像は昭和30年代】

現在の「権之助坂」。写真左の「権之助坂商店街」は、「目黒駅」の西側に位置し、飲食店など多くの店が加盟している。

「東京優駿」初開催の地「目黒競馬場」 MAP __

一周1マイル(約1,600m)の「目黒競馬場」が開設されたのは1907(明治40)年のこと。「日露戦争」後の馬産奨励政策から競馬の普及が推進され、また馬券発売による利益を求めて全国に競馬場が乱立した時代だった。当時の「目黒駅」から同競馬場までの道はまだ狭く、競馬開催の時期には押し寄せる客でごった返したという。1932(昭和7)年には、第1回の「東京優駿大競争」(現「日本ダービー」)が同競馬場で開催された。しかし、翌年、北多摩郡府中町(現・府中市)に東洋一の競馬場を目指して建設されていた「東京競馬場」が完成したため、「目黒競馬場」は廃止となった。【画像は1930(昭和5)年】

現在、競馬場跡地は住宅地となっている。「目黒通り」沿いの「元競馬場交差点」などにその名を残すほか、記念碑も建てられている。「目黒記念」は、廃止が決まっていた「目黒競馬場」を記念し1932(昭和7)年に創設されたレースで、翌年の秋以降は「東京競馬場」にその舞台を移して行われている。

昭和の竜宮城「目黒雅叙園」 MAP __

1931(昭和6)年、石川県生まれで、一代で資産家となった細川力蔵が、料亭「目黒雅叙園」(のちに『昭和の竜宮城』とも呼ばれた)を開業した。1938(昭和13)年に挙式から披露宴まで一貫したサービスの提供を始めた日本初の総合結婚式場としても知られている。園名の由来は、教養人・趣味人が一日居ても飽きない場所という意味を持つ「文雅叙情」の言葉。趣の異なる七つの部屋を結ぶ「百段階段」は園内で現存する唯一の木造建築。かつて、この地には「明王院」があったが、明治初めに廃寺になり、隣の「大圓寺」が仏像などを受け継いだ。【画像は昭和前期】

全面改築を経て、1991(平成3)年にリニューアルオープンした「目黒雅叙園」。「文雅叙情」の精神は、おもてなしの心として現在も受け継がれている。


次のページ 教育・研究機関


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る