このまちアーカイブス INDEX

戦前期までの「後楽園」

「後楽園」の名称は江戸初期の水戸徳川家の「小石川屋敷」の大名庭園に始まる。「小石川屋敷」の敷地は明治期に陸軍の軍事工場「東京砲兵工廠」となったが、庭園は残された。昭和戦前期に「東京砲兵工廠」は小倉へ移転し、工廠の跡地は払い下げられ「後楽園球場」が誕生、庭園部分は「小石川後楽園」として国の史蹟および名勝に指定され、1938(昭和13)年より東京市の公園として公開されるようになった。


水戸徳川家の大名庭園「後楽園」 MAP __

水戸徳川家の初代・徳川頼房(よりふさ)は、江戸初期に徳川将軍家より「武蔵野台地」の一部、「小石川台地」の先端付近の低湿地を拝領、1629(寛永6)年に「小石川屋敷」(中屋敷)を築いた。この時の将軍は三代・徳川家光で、頼房と親密であったこともあり、「神田上水」は敷地内を通過するように引き入れられた。頼房は京都の作庭家・徳大寺左兵衛に命じ、庭園の造成を始めるが、家光は「大泉水」(「神田上水」の水を利用した、庭園の中心となる池)の造営を指図するなど、作庭にも関与している。図は江戸中期、享保年間(1716~1736年)以降に作成された園内図の写し。【画像は享保年間以降の作成】

1657(明暦3)年の「明暦の大火」後、「小石川屋敷」は水戸徳川家の上屋敷となった。庭園は、水戸徳川家の二代・光圀の時に儒教思想や中国趣味を取り入れた改修が行われ、1669(寛文9)年頃に「後楽園」と命名、江戸市民への開放も行われた(開放は光圀没後、元禄末期に中止)。写真は現在の園内に残る「神田上水跡」。

「明治維新」後の1869(明治2)年、新政府は「後楽園」を含む「水戸徳川家上屋敷」を買い上げ、1871(明治4)年から陸軍の兵器工場「造兵司(ぞうへいし)」(のち「東京砲兵工廠」)となり、庭園部分の「後楽園」も工場として整備される予定であったが、山縣有朋らが保存を提言したため残されることとなった。1874(明治7)年以降、「後楽園」には明治天皇や皇族も訪れたほか、外国賓客の接待にも利用された。写真は明治後期~大正前期の「後楽園」であるが、正確な撮影場所は不明。【画像は明治後期~大正前期】

1923(大正12)年に「小石川後楽園」(岡山の「後楽園」と区別するため「小石川」が付けられた)として国の史蹟および名勝に指定されたが、同年の「関東大震災」で被災、その後復旧が行われた。1936(昭和11)年、「東京砲兵工廠」は移転し、庭園部分の「後楽園」は「文部省」(現「文部科学省」)が所管、東京市(現・東京都)が管理するようになり、1938(昭和13)年、公園として一般公開された。写真は1938(昭和13)年頃の「小石川後楽園」の「徳大寺石」(写真中央付近)。「大泉水」内に築かれている「蓬莱島」に置かれた鏡石で、作庭家・徳大寺左兵衛にちなみ命名されたもの。【画像は1938(昭和13)年頃】

1945(昭和20)年、「太平洋戦争」中の空襲で再び被災したが、戦後に復旧が行われ、1952(昭和27)年に国の特別史跡および特別名勝に指定された。写真は現在の様子。右奥の高層ビルは「文京区役所」などが入っている「文京シビックセンター」(高層棟は1994(平成6)年竣工)。

「水戸徳川家上屋敷」跡に造られた「東京砲兵工廠」

「明治維新」後、「水戸徳川家上屋敷」は新政府が購入し、1871(明治4)年に「兵部省」(翌年「陸軍省」へ改称)の「造兵司」となり、1879(明治12)年に「東京砲兵工廠」へ改称した。図は1883(明治16)年頃の地図。「東京砲兵工廠」の建物が建ち並ぶ中に、庭園の「後楽園」がある。【画像は1883(明治16)年頃】

写真は明治後期~大正前期に撮影された「東京砲兵工廠」の正門付近。「神田上水」の水を利用できたことが、この場所に兵器工場が置かれた理由ともいわれ、上水道としての「神田上水」が廃止されて以降も、「東京砲兵工廠」が移転するまで、工業用水として関口での取水は続けられた。 MAP __(正門跡地)【画像は明治後期~大正前期】

写真はかつて「東京砲兵工廠」の正門があった場所の現在の様子。「東京砲兵工廠」があった場所は「東京ドームシティ」となっている。右のビルは「東京ドームシティ」の「黄色いビル」。

写真は明治後期~大正前期、駿河台付近から中央線越しに「東京砲兵工廠」を望んでいる。1923(大正12)年に「陸軍造兵廠火工廠 東京工廠」と改称したが、同年「関東大震災」により大きな被害を受けたことから、1931(昭和6)年から1935(昭和10)年にかけて、小倉(現・北九州市)への移転が実施された。【画像は明治後期~大正前期】

写真は駿河台の「皀角(さいかち)坂」付近から中央線越しに望む現在の様子。高層の建物が「東京ドームホテル」。その右に見える大きい建物は「東京都立工芸高等学校」。 MAP __(撮影地点)


次のページ レジャー・スポーツエリアとなった後楽園


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る