写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
徳川家康が1603(慶長8)年に天下人となり、江戸城外濠から大川へ流れる川の上に一本の橋を渡した。その橋を中心として、様々な職業の人が集い、暖簾を掛けて腕を競い合った。また、その橋は諸国と江戸を結ぶ五街道の起点ともなり、たもとには新鮮な魚介が水揚げされ、賑やかな魚河岸が形成された。「将軍のお膝元」だった江戸時代から、国際社会に門戸を開いた明治以降まで、今昔写真で振り返る「日本橋」。変わりゆく時代の世相を映しつつ、絶えることない人の営みを伝えている。
「江戸」から「明治」へ、移りゆく日本橋の姿 MAP 1
初代歌川広重による「五十三次名所図会 日本橋」(1855(安政2)年刊行)。シンボリックな反り橋と欄干の擬宝珠、背景には江戸城の天守閣、遠くに霞むのは富士の高嶺。まさに「将軍のお膝元」に相応しい、清々しさに満ちた風景である。
日本橋が以前のような「反り橋」から「西洋式」の木桁橋に改架されたのは1873(明治6)年。平らな路面は、旧・東京市内でも増加し始めた馬車・人力車の需要に対応したものだ。近代化への重要な一歩を示した風景と言える。
初の「石造」日本橋、交通は市電、自動車へ MAP 2
明治も終わりに近い1911(明治44)年、江戸時代以来「木造」だった日本橋が初めて「石造」橋に姿を変えて完成した。旧・東京市内の交通手段は馬車鉄道から路面電車に変わり、新しい日本橋の上にもまもなく市電が走るようになる。
今も健在の「石造」日本橋。川の上には首都高が走り、市電は自動車車線に変わったが、橋の上は変わらず賑やかだ。毎日の通勤客だけでなく、海外からの観光客の姿も多い。
諸国から人と文化が集まった、五街道の起点「日本橋」 MAP 3
歌川広重「東海道五拾三次 日本橋・朝之景」。木戸が開け放たれ、大名行列が今まさに橋を渡ろうとしているのが分かる。五街道は主に参勤交代に使われていたが、人や文化が行き交う道へと発展を遂げていく。
橋の中央には「日本国道路元標」が設置されている(写真は複製)。五街道の時代を経て、現在も「日本橋」は国道1号など主要国道の起点となっている。
「東京中央郵便局」の前身「東京郵便電信局」 MAP 4
旧幕臣の前島密による建議で1871(明治4)年から運用開始された日本の郵便制度。写真右手の大きな建物は日本橋四日市の「東京郵便役所」。1892(明治25)年当時は郵便と電信の業務を行っていたことから「東京郵便電信局」と呼ばれた。東京中央郵便局の前身にあたる。
かつての場所は、現在の日本橋郵便局となっている。1933(昭和8)年、丸の内に新しく東京中央郵便局が完成したことで業務を移管した。
人と物が行き交う「江戸日本橋」 MAP 5
「将軍のお膝元」で大いに賑わう日本橋と、物流を支える船の往来が描かれた作品。葛飾北斎の「富嶽三十六景」のうちの一枚で、晩年期の1831(天保2)年~1833(天保4)年に製作された。整然と蔵が並ぶ様子から、江戸の「屋台骨」としての役割が窺い知れる。
現在の日本橋上から皇居方面を望む。高架を走る首都高は、現在水運に代わる輸送路となっている。時代の要請を反映した日本橋らしい姿と言える。
水辺に親しんだ江戸の風景「鎧の渡し」 MAP 6
「鎧の渡し」は小網町と茅場町のあいだを結んだ船渡し。江戸の町では人の暮らしも水辺に親しんだものだった。「鎧の渡し」という名前は、源義家による奥州平定のエピソードに由来するという。「東都三十六景 鎧の渡し」は1862(文久2)年に出版された二代目歌川広重の作品。
かつての「鎧の渡し」に初めて「鎧橋」が架けられたのは1872(明治5)年のことだった。現在、「鎧橋」の茅場町側のたもとには旧跡を示す案内板が設けられている。
江戸の繁栄を象徴する「日本橋魚河岸」 MAP 7
魚河岸は、慶長年間に徳川家康が摂津国の佃村から集めた漁師たちが、幕府に納めた残りの魚介を橋のたもとで売ったことから始まった。日本橋の河岸風景は、江戸幕府の繁栄を示す象徴的存在となり、その賑わいは大正期まで続いた。
関東大震災をきっかけとし、魚河岸は築地市場へと移転。現在の日本橋川の川沿いには、オフィスビルが建ち並ぶ。
江戸の三大呉服店から発展した「白木屋デパート」 MAP 8
江戸の三大呉服店に数えられた通一丁目の「白木屋」は、明治後半から百貨店として発展した。写真は1911(明治44)年に改築した白木屋デパートの様子。戦後は東横百貨店との合併を経て1999(平成11)年に閉店した。
中央通りと永代通りの角に2004(平成16)年、「コレド日本橋」がオープンした。アネックス前の広場脇に残された「名水白木屋の井戸」の碑が、僅かながら「白木屋」の記憶をつないでいる。
呉服店から日本初の百貨店「日本橋三越」へ MAP 9
三井高利が1673(延宝元)年に創業した呉服店「越後屋」は、1904(明治37)年に「デパートメントストア宣言」を行い「日本初の百貨店」として新たな道を歩み始める。1914(大正3)年には本店新館が完成した。その後、増築改修を経て、1935(昭和10)年に本館全館が現在の姿となった。
現在に至るまで日本橋の顔としてあり続ける「日本橋三越本店」。1999(平成11)年「東京都歴史的建造物」に選定された。
鰹節専門店「にんべん」 MAP 10
伊勢四日市生まれの髙津伊兵衛は1699(元禄12)年、日本橋の四日市で鰹節と干魚類の商いを始め、「カネにんべん」の商号で日本橋瀬戸物町に出店した。初代伊兵衛が建てた土蔵造りの店舗は、「にんべんの門松は火災除けになる」という俗信が生まれるほど堅牢だったという。
現在のにんべんはコレド室町1に「日本橋本店」、コレド室町2に「日本橋だし場 はなれ」を展開。日本食文化の発信地として国内外から注目されている。
「味附海苔」の元祖「山本海苔店」 MAP 11
「味附海苔」の元祖「山本海苔店」の初代山本德治郎は、幕末も近い1849(嘉永2)年、日本橋室町に「日本橋本店」を構えた。上の写真は昭和初期の正月風景。関東大震災で被災した際は、震災を機に日本橋から築地に移転した魚河岸に、初めてとなる支店を設けた。
中央通りに面した「日本橋本店」の建物は1965(昭和40)年に竣工。正倉院の校倉造を模した外観の9階建てのビルで、1階が店舗となっている。
「雁皮紙榛原」の暖簾つなぐ「榛原」 MAP 12
1806(文化3)年、日本橋南詰の通一丁目一番地に出店した紙商「榛原直次郎」。その和紙の質の高さは江戸で注目され、「雁皮紙榛原」の暖簾とともに、現在まで引き継がれている。明治時代には国際博覧会に出品して高い評価を得た。
2015(平成27)年、再開発により日本橋二丁目に「東京日本橋タワー」が完成。「榛原」の新本店もオープンした。
暖簾分けの決まりで生まれた「刃物屋木屋」 MAP 13
“本家と同じ商品を扱ってはいけない”という暖簾分けの決まりに従い、1792(寛政4)年、刃物屋として日本橋室町に出店した「木屋」。写真の建物は、関東大震災後に竣工された。本店は戦後に閉店し、今では刃物屋だけが老舗の暖簾をつないでいる。
現在の刃物屋「木屋」の店舗は、日本橋三越本店の向かい、コレド室町1内の日本橋通りに面した位置にある。もとは三越側の並びに構えていたが、増改築に伴って移転した。
震災復興へ、揺るぎない決意表す「三井本館」 MAP 14
関東大震災の傷が未だ癒えない1929(昭和4)年、地上7階(竣工時は5階)、地下2階からなる「三井本館」が完成した。直系各社を本拠地に集結させる構想とともに、震災復興に対して「三井が範を示す」という揺るぎない決意の表れでもあった。写真は竣工当時の外観を南西角から撮影したもの。
1998(平成10)年に国重要文化財に指定され、現在まで日本橋室町に佇む「三井本館」(南東角から撮影)。背後には「日本橋三井タワー」が建つ。
日本橋久松町の洋風劇場「明治座」 MAP 15
「千歳座」から名を改め1893(明治26)年、日本橋久松町に新築された「明治座」。洋風の装いとなり、シェークスピア作品などの新劇も上演された。日本橋久松町の劇場は関東大震災によって焼失し、日本橋浜町の現在の場所で再建された。
日本橋浜町にある現在の「明治座」は、18階建てのオフィスビルを備えたモダンな造りで、防災対策にも力を入れている。
MAP

この地図をフルスクリーンで表示(別ウインドウが開きます)

トップへ戻る