写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
現在、国内でも有数の繁華街として知られる新宿。江戸時代に宿場町が開かれて以降、盛り場として発展した。明治時代に入ると鉄道が敷かれ、次第に賑わいの中心は「新宿」駅寄りに移っていった。戦後の闇市の形成と時を同じくして、復興計画により歌舞伎町も誕生、繁華街の賑わいは一層高まった。平成になると、東京都庁舎が新宿へ移転。行政の中心“副都心”としての機能も加わり、更なる発展を遂げている。
甲州街道の宿場町として、内藤新宿が開かれる MAP 1
徳川家康が整備し幕府直轄で管理された“五街道”。その中の一つであり、江戸から下諏訪で中山道と合流する、甲州街道の宿場町として、1698(元禄11)年6月に誕生したのが「内藤新宿」である。新宿とは、甲州街道に追加で設けられた新しい宿場という意味。主要な街道の第一宿は日本橋からおよそ2里~2里半に置かれていたが、甲州街道の第一宿は日本橋から4里の上・下高井戸宿であったため、間を埋める格好で宿場町が形成された。
かつての「内藤新宿」は、現在の新宿通り周辺にあった。写真は新宿三丁目の交差点から見た新宿の風景で、右側に「伊勢丹新宿店」、左側に「新宿マルイ本館」が建つ。
物資の輸送で活況を呈した内藤新宿 MAP 2
「内藤新宿」の宿場町が形成されていたのは、「四谷大木戸(現・四谷四丁目交差点)」から「追分(現・「伊勢丹新宿店」前)」の周辺までであった。その光景を、浮世絵師・歌川広重が「名所江戸百景」の一枚「四ツ谷内藤新宿」に描いている。馬に乗せられ、甲州、信州をはじめ多摩・秩父地域から、鉱物や農産物が江戸に運ばれた。甲州街道は他の五街道と比較すれば交通量は少なかったというが、浮世絵の描写を見ると多くの牛馬が行き交い、物流の拠点として活況を呈していた様子がうかがえる。(画像は1857(安政4)年)
現在の新宿一丁目周辺。かつて宿場町として賑わった内藤新宿の中心地は、オフィス街へと様変わりした。
内藤新宿の賑わいの中心「太宗寺」MAP 3
現在、新宿二丁目にある浄土宗寺院「太宗寺」は、1668(寛文8)年に信州高遠藩主・内藤正勝の長男・重頼から土地の寄進を受けて創建され、内藤家の菩提寺として繁栄した。江戸の街の出入口を示すために6ヶ所に造立された“江戸六地蔵”の3番目の像のほか、江戸の人々に信仰された「閻魔像」も安置する。「内藤新宿」の栄えた当時は、参道や境内に仲見世も出来るなど、宿場の賑わいの中心地でもあったという。この錦絵は、江戸時代に話題となった閻魔像の目が取られた事件を描いたもの。(画像は1847(弘化4)年)
現在も境内に鎮座する「銅造地蔵菩薩坐像」。閻魔像の安置される「閻魔堂」は、7月15・16日に御開扉される。
家康から拝領した信州高遠藩の庭園跡 MAP 4
1590(天正18)年、内藤家は徳川家康から、江戸幕府が開かれる前に約20万坪(約66ha)に及ぶ広大な土地を拝領したとされる。この地はちょうど江戸の西の玄関口にあたり、内藤家は土地を与えられる代わりに、防御の要の見張りを命じられたのだ。その後、「内藤新宿」の開設にあたり、幕府に一部の土地を返上するなど、明治維新のころには往時の半分以下の土地になっていたという。写真は、内藤家の屋敷にあった「玉川園」の一部で「玉藻池」の様子。(画像は1934(昭和9)年)
現在、約18万坪(約58.3ha)の広さのある園内では、四季折々の風景を楽しむことができる。「大木戸門」付近には内藤家の庭園の面影が残されている。
民衆駅の完成、現在の姿へ MAP 5
“民衆駅”とは、駅舎を国鉄と大手企業や地元の資本が協力して、構内に商業施設を設けた駅のことで、現在でいう“駅ビル”を指す。太平洋戦争の空襲で焦土となった都市の復興を兼ねて各地に建設された。「新宿」駅もまた1964(昭和39)年に民衆駅舎として「新宿ステーションビル(後の「マイシティ」、現・「ルミネエスト」)」となった。また、昭和40年代後半には駅前の商店の一角が日本一地価の高い土地となった。(画像は1964(昭和39)年)
現在の「ルミネエスト」。民衆駅舎「新宿ステーションビル」の完成当時から外観がほとんど変わっておらず、高度成長期の新宿の面影を残している。
駅名変更と移転を繰り返した京王電気軌道の「新宿」駅 MAP 6
京王電気軌道(現・「京王電鉄」)の「新宿」駅は、1915(大正4)年5月に「新宿追分」駅として開業。新宿三丁目の「伊勢丹新宿店」の筋向い、追分交差点の道路上に駅があった。その後、駅は1927(昭和2)年に完成した「新宿ビルディング」の場所へ移転。さらに、1930(昭和5)年に「四谷新宿」駅、1937(昭和12)年に「京王新宿」駅と駅名が変更され、1945(昭和20)年に現在の西口に移転し、ようやく「新宿」駅となった。(画像は1926(大正15)年)
現在の様子。甲州街道と明治通りが交わる要衝に「京王新宿追分ビルディング」が建つ。
昭和初期、繁華街の形成と空前の賑わい MAP 7
昭和に入ると、「新宿」駅周辺の発展は留まるところを知らず、1927(昭和2)年には一日あたりの乗降客数が日本一となった。東口には一大繁華街が形成され、郊外から列車に乗って通勤する人々が消費活動を支えた。当時は昭和恐慌の煽りを受け、不況に陥る商業地が少なくなかったが、新宿は世の中の不景気を感じさせないほどの賑わいだったという。(画像は昭和初期)
現在、新宿には家電量販店が多数進出するなど、都内有数のショッピングエリアとなった。写真は現在の「新宿」駅東口周辺の様子。
マスクメロンや輸入バナナなど、珍しい果物が並んだ「高野」 MAP 8
1885(明治18)年、初代・髙野吉太郎は繭の仲買や古道具の販売店として「高野」を創業。1900(明治33)年に果物の専門店に改められた。創業時の木造の店舗は、1937(昭和12)年に地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造りのビルに改築され、モダンな佇まいで評判になった。マスクメロン、リンゴ、ブドウ、輸入果物のバナナ、マンゴーなど、当時としては珍しかった果物を取り扱い、都市生活を送る人々に新しい食文化を提示した。(画像は1936(昭和11)年)
現在の「新宿高野」の建物。新鮮なフルーツを提供するスポットとして、多くの人々に愛されている。
新宿とともに発展していった「新宿中村屋」 MAP 9
1901(明治34)年、相馬愛蔵・黒光は、「東京大学」の正門前にあったパン屋「中村屋」を買い取り、オーナーとして創業。1907(明治40)年に新宿に出店し、1909(明治42)年に現在地へ移転した。1927(昭和2)年には喫茶部(レストラン)を開設し、カリーやボルシチを提供した。他にも、中華まんや月餅などを売り出し、業容を広げていった。(画像は明治後期)
「中村屋」は「タカノフルーツパーラー」に隣接して建つ。建物の面影は変われど、昔からの新宿の食文化を楽しめる。
書物を通じて、新宿から活字文化を発信した「紀伊國屋書店」 MAP 10
薪炭問屋であった「紀伊國屋」が、書店業に転じたのは1927(昭和2)年のこと。幼い頃から読書好きだった創業者・田辺茂一の発案による。「紀伊國屋書店」は井伏鱒二ら小説家が集うサロンのような存在で、出版産業の拡大とともに店舗も拡大した。(画像は1947(昭和22)年)
現在の本社ビルは、戦後を代表する建築家・前川國男の設計で1964(昭和39)年に竣工。陶板タイルを貼り付けた優美な佇まいで、縦長で奥行きのある独特の構造が特徴的である。
昭和初期に生まれた、紳士淑女の社交の場MAP 11
1923(大正12)年の関東大震災と、1927(昭和2)年の金融恐慌を乗り切った日本経済は右肩上がりに成長していった。「新宿」駅に商業施設が相次いで生まれた昭和初期、「三越(現・「ビックロ」)」の裏手には、西洋風のダンスホールやカフェー、バーが集まる小洒落た“カフェー街”が形成された。文化人だけでなく、サラリーマン、学生も集った“社交の場”であった。小説家の林芙美子も、23歳のころに、新宿界隈のカフェーに勤務していたという。(画像は昭和初期)
現在、“カフェー街”は姿を消してしまっているが、替わって飲食店などが建ち並び、昼夜問わず賑わう空間となっている。奥に見える「ビックロ(旧・「三越」)」の建物はそのままだ。
東京西郊の人々にも支持された「伊勢丹」MAP 12
神田の呉服屋として創業した「伊勢丹」が、新宿に進出したのは「ほてい屋」や「三越」などの百貨店が出揃った後であった。1933(昭和8)年に完成した新宿店は「ほてい屋」の隣接地に建設された。「ほてい屋」の買収後に建物は一体化、戦災による焼失も免れて、今もなお新宿三丁目の角に威容を誇っている。「伊勢丹」は荻窪、吉祥寺といった東京西郊の新しい住宅地の消費者層をターゲットとし、既存百貨店との差別化を図った。(画像は昭和初期)
現在の「伊勢丹新宿店」の店舗。創建当時の面影をそのまま残す。正面から右奥にかけての部分が「ほてい屋」の建物だった部分。
新宿進出の意気込みが表れた、地上8階建てのモダンな「三越」MAP 13
日本橋に本店を構える「三越」の新宿への進出は、1923(大正12)年、関東大震災直後に追分交番角に開店した「三越マーケット」が契機となった。その後「新宿」駅前(後の「二幸」、現・「新宿アルタ」)への移転を経て、1930(昭和5)年には新宿大通りに開店した。当時としては珍しい地上8階、地下3階の鉄筋コンクリート造のビルであった。(画像は昭和初期)
「三越新宿店」だった建物は、家電量販店と衣類販売店が併設された「ビックロ」の店舗になっている。
トーキー映画の興行で魅了した映画館「武蔵野館」の開館MAP 14
1920(大正9)年、新宿の商店が共同出資して、新宿大通り沿いに開館した映画館「武蔵野館」は、1928(昭和3)年に現在地に移転。音響に優れた円形天井を備え、座席数1,200を誇る国内有数の大規模な映画館として知られた。1929(昭和4)年に日本の常設映画館でははじめて、映像と音声が同期する“トーキー映画”を上映したことでも有名で、丸の内の「帝国劇場」、浅草の「大勝館」に肩を並べると評され、新宿に多くの人を集めた施設である。(画像は大正期)
「武蔵野館」の建物は戦後に改築され、ガラス張りのデザインのビルとなった。現在も映画館は「新宿武蔵野館」の名前で営業を続けている。
ダンスホールからレストランまであった娯楽の殿堂「帝都座」 MAP 15
戦前から昭和中期の庶民の代表的な娯楽は、演劇や映画であった。昭和初期には、新宿に映画館街が形作られていき、活況を呈した。1931(昭和6)年に完成した「帝都座」は、日活の封切館として「ほてい屋」の向かいに開館。5階にダンスホールを設けて興行を行い、地下にはフランス風のレストランがある複合施設として完成。現代でいう複合アミューズメント施設の先駆けであった。(画像は昭和中期)
現在の様子。跡地には「新宿マルイ本館」が建っている。
戦後の復興計画で整備された「歌舞伎町」 MAP 16
空襲で新宿一帯は焦土と化したが、終戦わずか4日後の1945(昭和20)年8月19日には地元(当時の角筈一丁目北町、現在は歌舞伎町の一部)の町会長・鈴木喜兵衛が復興計画に着手、8月23日には町会員に趣意書を送った。その後、民間主導の戦災復興事業へと発展、歌舞伎劇場の「菊座」や映画館、演芸場、ダンスホールなどから成る興行街を中心とした計画が立てられた。歌舞伎座の誘致を目指していたことから「歌舞伎町」への町名変更の手続きも行われ、1948(昭和23)年4月に実現している。しかしながら、建築規制や預金封鎖により、「菊座」の開設は頓挫、ほかの娯楽施設も建設が中止となり、すでに着工されていた映画館「地球座」のみが建設された。(画像は1958(昭和33)年頃)
歌舞伎町の街並み。日本有数の繁華街として知られ、飲食店などの商業施設が入った雑居ビルがひしめきあう。
復興のシンボルとして完成した「コマ劇場」 MAP 17
復興計画には、家族連れで楽しめる文化的アミューズメント施設の建設が盛りこまれていた。歌舞伎劇場の計画こそ頓挫したが、1956(昭和31)年に「新宿コマ・スタジアム(後の新宿コマ劇場)」が開業したことは意義深い。「コマ劇場」の名は、舞台全体がコマのように回転する仕掛けに由来する。1950~60年代にかけて、大衆娯楽の聖地として人気を博した。(画像は1957(昭和32)年)
コマ劇場跡地に建つ「新宿東宝ビル」には新宿最大級の映画館とホテルが入る。
浄水場に水を運んだ明治時代の新水路 MAP 18
淀橋浄水場が完成した翌年の1899(明治32)年、玉川上水から浄水場へと繋がる新水路が竣工した。水深は10cm程度と浅く、子どもたちの遊び場として親しまれていたという。ところが、1921(大正10)年の地震で新水路の一部が決壊、1923(大正12)年の関東大震災でさらに大規模な決壊があったため、1937(昭和12)年に新しい導水管の完成に伴って廃止された。(画像は1924(大正13)年)
新水路跡に整備された東京都道431号角筈和泉町線は、水道道路と呼ばれている。
戦後の開発で姿を消した、風光明媚な「十二社の池」MAP 19
西新宿の西端を通る十二社通り沿いに、「熊野神社」の境内がある。その境内に隣接する形で、1606(慶長11)年に農業用の「十二社(じゅうにそ)の池」が作られた。江戸中期になると、池の周囲に多くの茶屋が建ち並び、上野の不忍池などとともに手軽に訪れられる観光地として賑わいをみせ、歌川広重の「名所江戸百景」にも描写されるほどであった。(画像は明治後期)
ビルの左の道は池のくぼみ跡にあたる。右の道路は十二社通りで、写真奥へ進むと右手に「熊野神社」がある。
西口に人の流れを生み出した「専売局」の煙草工場 MAP 20
明治の半ば、「淀橋浄水場」が整備されたものの、現在の西新宿方面に行き交う人は少なく閑散としていた。1910(明治43)年、この地に移転したのが「専売局」の煙草工場である。工場が操業されると、多くの雇用と人の流れを生み出し、新たな活気をもたらした。工員たちの通勤のために乗降客も増え、煙草の運搬のために貨物の取扱量も急増、人と物の流れに大きな影響を与えた存在といえる。(画像は大正期)
専売局の跡地は小田急「新宿」駅の目の前にあり、現在は家電量販店「ビックカメラ」などが入る複合商業施設「新宿西口ハルク」が建つ。
地上を走る京王線の電車とランドマークだったガスタンクMAP 21
甲州街道を走っていた京王線は駅ビルの完成に伴い、「新宿」駅~「初台」駅間を1963(昭和38)年に地下化している。写真は地下化前に撮影されたもので、電車の背後に見えるのは1912(明治45)年に建設された東京ガスのガスタンク。明治時代の「新宿」駅周辺は、広大な用地が確保できる余裕があったため、多くの工業系施設が建設されていた。(画像は1962(昭和37)年頃)
ガスタンクは1990(平成2)年に取り壊され、跡地には東京ガスの「新宿パークタワー」が完成した。
副都心計画の一環で誕生した区民の憩いの場 MAP 22
「新宿中央公園」は、1968(昭和43)年に新宿副都心計画の一事業として開園。新宿区立の公園としては、最大の面積を誇る都市公園である。江戸時代には「熊野神社」の境内であり、整備前には六桜社(現・「コニカミノルタ」)の工場や「淀橋浄水場」の一部も含まれていた地域である。(画像は1968(昭和43)年)
写真は、同地点を撮影したもの。噴水は無くなっているが、変わらず都心のオアシスとして親しまれている。春には新宿区の姉妹都市・長野県伊那市の“高遠コヒガンサクラ”が満開になり、花見客で賑わう。
西新宿初の高層ビルとして完成した「京王プラザホテル」 MAP 23
西新宿を副都心とする構想が持ち上がったのは、1960(昭和35)年のこと。1971(昭和46)年に竣工した「京王プラザホテル」は、初めて新宿に誕生した高層ビルだ。当時、日本で高層ビルと言えば、1968(昭和43)年に完成した「霞が関ビル」くらいしかなく、地震国日本には摩天楼など夢物語と思われていた。(画像は1970(昭和45)年)
構造技術の進化によって高層ビルの建設が可能となり、西新宿には次々と高層ビルが竣工していった。右から2番目の高層ビルが「京王プラザホテル」。
都庁の移転によって、新宿が都政の中心に MAP 24
「東京都庁舎」は有楽町におかれていたが、副都心計画の一環として、西新宿に移転が決まった。コンペティションが催され、審査の結果、建築家・丹下健三が設計者に選ばれた。1991(平成3)年に竣工し、高さは約243m。当時、国内でもっとも高いビルだった。2つの塔を備えた都庁舎は遠方からも目を引き、副都心のシンボルになった。(画像は1991(平成3)年)
「東京都庁舎」の完成後も周辺では高層ビルの建設は続き、西新宿は都内でも有数の“摩天楼”が建ち並ぶエリアとなった。
MAP

この地図をフルスクリーンで表示(別ウインドウが開きます)

トップへ戻る