写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
京都府 京都
平安京誕生前の奈良時代後半は、平城京から難波京、長岡京などへ遷都が繰り返された。794(延暦13)年、平安京が新都に定まると、この地は1000年以上、日本の都として繁栄した。しかし、明治維新を機に東京に首都が移ると、その賑わいにも一時翳りが見られるようになる。
そんな中で、文明開化の波に取り残されないよう、明治から大正にかけて、近代都市への大改造に伴う事業が展開されていった。「琵琶湖疏水」、日本初の電車開通、鉄道の敷設…。これらは新しい京都の街の財産になった。
さらに1895(明治28)年に同時開催された、「平安遷都千百年紀念祭」と「第4回内国勧業博覧会」は経済・文化の再生と発展に大きな役割を果たした。
近代化の一方、多くの名所旧跡が残されており、内外から絶えず観光客が訪れる街となっている。
ユネスコ世界遺産 京都最古の上賀茂神社 MAP 1
「上賀茂神社」は王城鎮護の神社で、京都最古の神社のひとつ。天武天皇の時代(678年)に現在の社殿の基が造営されたと伝わる。「下鴨神社(賀茂御祖神社)」とともに、春の「葵祭(賀茂祭)」を司るほか、一年を通して様々な伝統行事や祭典を行う。現在は、ユネスコの世界遺産に登録されている。写真は明治後期のもの。
清らかな流れを保つ「上賀茂神社」境内の御手洗川。賀茂川の分流である。
歴代天皇の即位の礼が行われた平安京の中心 京都御所MAP 2
「御所」は、京都人ばかりでなく、日本人の心のふるさとといえるだろう。「御所」の周りに広がる「御苑」は一般に広く開放されており、市民や観光客の憩いの場となっている。平安京当初の「御所」は西側の千本通沿いにあったが、1392(明徳3)年に、現在の場所である「土御門東洞院殿(里内裏のひとつ)」の地に定まった。写真は1915(大正4)年、大正天皇の即位の礼、丸太町通に面した「御苑」南側の様子である。
現在の丸太町通に面した「堺町御門」。往時と変わらない姿を見せている。
京都のシンボルタワー 東寺 五重塔MAP 3
「鉄道唱歌 東海道編」では、「東寺の塔を左にて、とまれば七条ステーション…」と歌われる京都到着の目印だった。真言宗派の大本山である「教王護国寺(東寺)」は、もともとは官寺として建立が始められた後、空海(弘法大師)に下賜された王城鎮護の寺院。世界遺産「古都京都の文化財」のひとつで、「東寺」の五重塔は長く京都の街のシンボルだった。写真は明治後期のもの。
現在の「東寺」は、南側には九条通が走り、東側は大宮通、西側は壬生通に挟まれる形になっている。
盆地に開かれた都 碁盤の目の街MAP 4
東山の麓から見た京都市街の風景である。このあたりは旧京都市外である東側(現・岡崎・吉田地区)だが、東西南北に、碁盤の目のように区切られた平安京の街区は、明治期以後の京都の街づくりに踏襲されていたことが分かる。画面の中央部分に見えるのは、「岡崎公園(博覧会会場)」、「平安神宮」である。写真は明治後期のもの。
東山から眺めた現在の京都市内。中央に「京都市美術館」、「平安神宮」の大鳥居が見える。
三条大橋 古都観光の拠点、東海道の起終点 MAP 5
江戸時代、東海道を上ってきた人々は、この「三条大橋」で鴨川を渡って都の地を踏んだ。橋の西側には、写真のような旅館、土産物店が建ち並び、いまもその名残を見ることができる。歌川広重が浮世絵に描いた名橋の雰囲気は、時代を経ても変わらない。写真は明治後期のもの。
「三条大橋」の上から、三条通の西側を望む。橋桁と欄干、京町屋の商店はそのままだ。
四条大橋 鴨川、水の恵みはときに災いにMAP 6
平安時代の権力者、白河天皇は「賀茂河の水、双六の賽、山法師」を「天下三不如意」と嘆いたといわれる。平安京の昔から、鴨川はときに氾濫し、京都人を悩ませた。写真は明治時代、流れが増した鴨川を見る人々の様子である。
1935(昭和10)年、鴨川大洪水のときの「四条大橋」周辺(東側)の姿である。
五条大橋 牛若丸ゆかりの橋、京阪電車の起終点MAP 7
「京の五条の橋の上…」と歌われたのは平安京の昔、牛若丸と弁慶の物語。この群衆は、1910(明治43)年、大阪(天満橋)・五条間が開通した、京阪電車を見物しようと集まってきた人々だ。当時は、「五条(現・清水五条)」駅が京都側の起終点だった。写真は明治後期のもの。
川端通東から「五条大橋」の西側を望む。京阪本線の地下化で、風景は大きく変わった。
高瀬川 曳舟 鴨川の西に開かれた水運の川 MAP 8
水の流れに逆らうように、たくさんの荷物を積んだ川舟を曳く男たち。明治時代の高瀬川の風景である。江戸初期に鴨川の西に開かれた運河で、京都と伏見の間の水運を担い、淀川から諸国の物資を京都に運んでいた。写真は明治後期のもの。
静かな流れを見せる現在の高瀬川。春には河岸の桜が美しい花を咲かせる。
川床の舞妓 古から伝わる京都人、夏の楽しみMAP 9
「お姉さん、ここは涼しおすなあ」「あんた、ええべべ(着物)濡らしたらあきまへんえぇ」。そんな会話が聞こえてきそうな、「三条大橋」の真下の風景。右岸には現在と同じような川床(ゆか)が見える。これが、昔の京都人の夏の楽しみ方だった。写真は明治後期のもの。
現在の様子。夏には、右岸に川床が並ぶ風景が見られる。
疏水インクライン 明治・京都の電力と水運は琵琶湖からMAP 10
明治初期に、沈んだ産業の振興策として計画されたのが、「琵琶湖疏水」事業であった。1890(明治23)年、大津と京都(鴨川)を結ぶ第一疏水が完成。盆地である京都の急勾配(東山・蹴上付近)には、舟を運ぶためのインクライン(傾斜鉄道)が設けられた。「琵琶湖疏水」による水力発電で、京都は次第に活力を取り戻していった。写真は明治後期のもの。
現在の蹴上インクライン周辺は、史跡として整備されている。線路の上を歩くことも可能だ。
拡幅された四条通を走る市電 MAP 11
拡幅される前の「四条小橋」付近。西側(河原町通方向)を望む(明治後期)。
東山をバックに時計塔のある四条通を市電が走る。この路線は1912(明治45)年に四条小橋(木屋町)・四条西洞院間で開通した。以前の四条通は、今とは違い狭い道幅だったが、このときに12間(約21メートル)の道幅に拡げられた。その後、東は「四条大橋」を渡り祇園(石段下)まで、西は四条大宮まで延伸された。写真は大正期のもの。
南禅寺水路閣 レンガ造りの水道橋が配水を担う MAP 12
1890(明治23)年に完成した「琵琶湖第一疏水」には、大津と京都(鴨川)を結ぶ本線とともに、蹴上から北に向かう疏水分線が設けられた。分線の区間では、「南禅寺」境内を通すための水道橋が作られた。レンガ造りの「水路閣」は周囲の風景と調和している。写真は明治後期のもの。
「南禅寺」境内からは、今も変わらぬ風景に出会える。写真は「水路閣」の上の様子。
花電車、四条烏丸交差点 新しい道路と電気、市電MAP 13
花飾りをつけた花電車は、街を走る祝典の主役だった。眺める人々の向う側には、もう1両の市電が交差点を通過する姿が見える。ここは、京都の金融・経済の中心地、四条烏丸の交差点。1912(明治45)年、四条通と烏丸通の市電が開通した。市電の前に見える救助網は、人身事故用の安全対策として設置されていた。写真は明治後期のもの。
四条烏丸交差点の東北側から、四条通の西側を見る。現在では市電に代わり、祇園方面に向かうバスの姿がある。
洋館が建ち並んだ明治のメインストリート 三条通りMAP 14
明治時代には京都の東西を結ぶメインストリートであった、「三条大橋」から続くこの通りは、今でも多くの老舗が営業を続けている。右側の建物は、東洞院通の交差点に建つ「京都(現・中京)郵便局」で、日本最初の郵便局のひとつ。写真は明治後期のもの。
三条通と東洞院通の交差点には、赤レンガ造りの「中京郵便局」が営業を続けている。
1877(明治10)年に開業した京都の玄関口 初代「京都」駅 MAP 15
明治維新後、大阪や大津方面と結ばれて、京都の新しい玄関口になったのが「京都」駅。地名をとって「七条ステーション」と呼ばれた。これは1877(明治10)年、明治天皇を迎えて開業式が行われた初代の駅舎で、日本最初の電車とのツーショットである。写真は明治後期のもの。
現在の「京都」駅は1997(平成9)年に完成した4代目。初代の駅舎よりもやや南側に位置する。
東山の麓でもてなす京都の老舗ホテルMAP 16
「都ホテル(現・ウェスティン都ホテル京都)」は1900(明治33)年、東山・蹴上の麓に開かれた「吉水園」の園内に設けられた、京都の老舗ホテルのひとつである。この付近には「琵琶湖疏水」の水路(インクライン)、つつじの花でも知られる「蹴上浄水場」が存在する。写真は大正期のもの。
「都ホテル」は現在「ウェスティン都ホテル京都」になっている。
京都一の繁華街 新京極 MAP 17
もともと、このあたりは平安京の東の端、(東)京極と呼ばれていた場所で、豊臣秀吉が「本能寺」や「誓願寺」などの寺院を集めて、寺町通が形成された。その後、明治時代に通りの東側に新京極が開かれ、現在のような繁華街となっている。写真は明治後期のもの。
美しいアーケード通りに変身した新京極通。修学旅行生たちの多くが買い物に目指すのはここ。
今も英才を送り出す西の帝大 京都帝国大学 MAP 18
その昔、京都の若者のエリートコースは「一中・三高・京大」だった。中でも、「第三高等学校」・「京都帝国大学」には、全国から英才が集まり、優れた人材を世の中に送り出した。そのキャンパスは、「紅もゆる…」と歌われた吉田山(神楽岡)の麓にある。写真は明治後期のもの。
「京都帝国大学」は、1947(昭和22)年に「京都大学」に改称となった。大学を取り巻く環境は変わったが、今も変わらず英才を輩出している。
日本を代表する精密機械メーカー 島津製作所MAP 19
高瀬川の北端にあたる木屋町二条南は、精密機械メーカーである「島津製作所」の創業の地である。1875(明治8)年、島津源蔵が理化学器械の製造を始め、顕微鏡や電池、標本やマネキンなども手掛けるようになった。2002(平成14)年に日本人の現役サラリーマンとして初のノーベル賞を受賞した田中耕一氏を生むなど、日本を代表する企業となっている。写真は大正期のもの。
「島津創業記念資料館」は、南棟(1888(明治21)年建設)、北棟(1894(明治27)年建設)で、ともに国の登録有形文化財になっている。
MAP

この地図をフルスクリーンで表示(別ウインドウが開きます)

 

※企画制作協力/画像古地図提供 / 生田 誠、森 安正

トップへ戻る