写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
古来、兵庫港(かつての大輪田泊)は、日宋貿易の中心として栄えていた。一方、神戸は、砂浜が広がる小さな寒村に過ぎなかった。1858(安政5)年、日本は、米英仏露蘭の5カ国と修好通商条約を締結。幕府は開港場として兵庫を定めたにもかかわらず、海域を測量した結果、入り江が港として適していたことなどから、神戸に居留地が設けられた。そして、この地が後には日本を代表する港町の一つとして発展を遂げることになる。外国人居留地から様々な西洋文化が伝わり、隣接する元町は、ハイカラな品々の並ぶ商業地として賑わった。
第一波止場・勝海舟の神戸海軍操練所跡 MAP 1
明治中期
「海軍操練所跡」碑
幕末の動乱期、現在の中央区新港町に海軍士官養成のための海軍操練所が開かれた。また、現・三宮駅付近には、勝海舟の私塾である海軍塾も置かれ、日本各地から志を持った若者たちが入門した。坂本龍馬、陸奥宗光(後の外務大臣)、伊東祐亨(初代連合艦隊司令長官)らも学んでいる。開港時に操練所跡地は「第一波止場」(当初、外国船との貿易が許された唯一の波止場)となり、神戸港が世界の貿易港となる第一歩を踏み出した。大正時代になると、この一帯は埋立てられ、海側に大規模な新港埠頭が建設された。
第三波止場(メリケン波止場) MAP 2
大正後期~昭和初期
現在の「神戸港震災メモリアルパーク」
開港の年に、第一波止場に続いて、第二~第四波止場が建設された。「第三波止場」は、近くにアメリカ領事館があったため、「メリケン波止場」とも呼ばれた(領事館跡は現・郵船ビル)が、戦時中、敵国を意味したことから、「万国波止場」と名を変えた。1995(平成7)年の阪神・淡路大震災により、「メリケン波止場」も大きな被害を受け、傾いて沈下した。現在、波止場の南端60mの一角が保存され、「神戸港震災メモリアルパーク」として、震災のすさまじさや、復旧・復興の様子を今日に伝えている。
新港第4突堤と豪華客船「エンプレス・オブ・ブリテン」 MAP 3
昭和初期
現在の神戸港。新港埠頭付近
戦前の神戸港には、外国の巨大客船が次々と停泊したが、それら客船の中で、最大トン数を誇ったのが、ロンドンに本社を置くカナディアン・パシフィック・ラインの大型客船「エンプレス・オブ・ブリテン(2代目)」(総トン数42,348t)。世界一周旅行の途中で神戸に寄港する際には、その偉容を一目見ようと大勢の神戸市民が集まった。1970年(昭和45)年、新港第四突堤の東側に、「神戸ポートターミナル」が完成。現在、日本最大の客船用埠頭である。
木造二階建ての洋館が並ぶ「海岸通」 MAP 4
明治中期
現在の海岸通。画面右の建物の場所は、明治時代には海であった。
居留地の道路は建設当初から車道と歩道に分けられ、街灯が配置された。さらに、地下には下水道も設置された。居留地南端にある海岸通には、遊歩道を兼ねた緑地帯が設けられた。この遊歩道を外国の婦人たちは着飾って散歩し、外国艦隊に搭乗していた軍楽隊が、海岸通や居留地内の公園で演奏を披露したという。開港当初、日本人は居留地に自由に出入りすることはできなかったため、洋館を眺めることのできる海岸通に集まった。海岸通は、開港時は海沿いの道だったが、後に海側も埋め立てられた。
旧居留地に現存する唯一の商館「居留地十五番館」 MAP 5
昭和4年頃
画面右の国旗が掲げられている洋館は居留地14番にあり、2階は「フィンランド領事館」であった。後の1935(昭和10)年、ここに横浜正金銀行神戸支店が建てられた。現在では、神戸市立博物館となっている。画面中央の居留地15番には、1880(明治13)年頃に建設された居留地時代の商館がある。明治初期は「アメリカ領事館」だったが、今は株式会社ノザワが所有。阪神・淡路大震災で全壊したが、元の建材を利用して再建された。
最上部の半円形の飾りがモダンな大阪商船神戸支店(現・商船三井ビルディング) MAP 6
昭和初期
居留地3番には、1918(大正7)年、鉄筋コンクリート造5階建の「三井物産神戸支店」が竣工。設計は、神戸地方裁判所や相楽園内の小寺家厩舎(きゅうしゃ)を手掛けた河合浩蔵。震災後、4階までの外壁は保存され、15階建に建て直された(NOF神戸海岸ビル、現代写真では左手前の建物)。この建物の右隣、居留地5番に1922(大正11)年、渡辺節の設計による鉄筋コンクリート造8階建の「大阪商船神戸支店」が竣工(現在の商船三井ビルディング)。アメリカン・ルネッサンス様式のオフィスビルの草分け的存在であった。コーナーの最上部に施された半円形のペディメントが印象的である。
生田神社の鳥居と参道 MAP 7
明治後期~大正初期
生田神社は、海外外征の帰りにこの地に立ち寄った神功皇后(第14代天皇である仲哀(ちゅうあい)天皇の皇后)によって創建されたといわれる。周辺の村はかつて、生田神社の社領であり、税は生田神社に納められた。そのため村は「神戸(かんべ)(戸は家の意味)」と呼ばれ、やがて神戸(こうべ)となった。上の絵葉書は、生田神社の一の鳥居。現在のJR の高架下付近から写したもの。石の鳥居や灯篭は1945(昭和20)年の神戸大空襲で失われた。現代の一の鳥居は、JRの線路よりも少し南に下った場所に置かれている。
滝道と阪神三宮駅・そごう神戸店 MAP 8
昭和初期
右の道はフラワーロード(旧滝道)、左へ曲がる道は現在の県道21号。この交差点にある「そごう神戸店」は、1933(昭和8)年、阪神三宮駅のターミナル・ビルのテナントとして開業。完成当時、日本最大級の地下駅であった。そごうという名は、古着商の「大和屋」を創業した十合(そごう)伊兵衛の名にちなむ。
三ノ宮通・現「トアロード」 MAP 9
明治末期~大正初期
上の絵葉書の画面右端、兵庫県の高札が掲げられている付近に、現在、『神戸事件発生地碑』が設置されている。神戸事件とは、1868(慶応4)年、三宮神社前で備前藩兵(岡山藩兵)の隊列の前を、フランス人水兵2人が横切ったことによる、小競り合いから銃撃戦へと発展した事件。外国軍が一時は神戸中心部を占拠する事態にまで及び、最後には、備前藩士滝善三郎が一身に責を負って切腹し、事態を収束させた。
明治時代のハイカラな元町一丁目 MAP 10
明治44年頃
色鮮やかなガラスアーチは、元町一番街の入口を飾っている「ラ・ルーチェ」。
上の絵葉書は元町一丁目を東から撮影したもの。明治時代の元町は、舶来品の店も多く、英語の看板が連なる異国情緒があふれる街並みだった。銀座の「銀ブラ」に対し、神戸の元町を歩くことは「元ブラ」とばれた。大時計、巨大なメガネ、布袋や鬼の手などを模した立体看板が並んだ賑やかな通りだった。ちなみに、小説『人間椅子』は、作者の江戸川乱歩が元ブラをしていた時に、西洋骨董屋の店先の肘掛椅子を見て着想を得たという。
元町六丁目の「三越百貨店」 MAP 11
大正後期~昭和初期
1926(大正15)年、元町の西端に、「三越百貨店」が開業した(画面中央の建物)。鉄筋コンクリート造6階建のデパートは、当時の人々を驚かせた。それに対して、元町の東には、1927(昭和2)年、「大丸百貨店」が進出し、鉄筋コンクリート造8階建のデパートは旧居留地付近の建物の中でも一際目立つ存在だった。さらに、1933(昭和8)年、ターミナルデパートのさきがけとなる「そごう神戸店」が誕生。このようにして、昭和初期の神戸に次々と大型デパートが開業し、百貨店競争時代が到来した。
継ぎ目のない6本の列柱が特徴の「旧三井銀行神戸支店」 MAP 12
昭和初期
栄町には、銀行や商社が多く、戦前に建てられた堂々たる近代建築が並んでいた。しかし、阪神・淡路大震災によって多くの建築が被害を受け、残念ながら解体された。上の絵葉書の右に見える列柱の並ぶ銀行もその一つ。1916(大正5)年竣工の「旧三井銀行神戸支店」は、一つの石から削り出された継ぎ目のないイオニア式列柱が特徴で、「神戸のパルテノン神殿」とも呼ばれた。設計は、日本各地の日銀の支店を手掛けた長野宇平治による。
「南京町の市場」 MAP 13
昭和初期
日本三大チャイナタウンに数えられる神戸の南京町は、北の元町商店街と、戦前は銀行街・金融街として知られた南の栄町通の間に位置する。開港後増えていった神戸在住の中国人向けに、食材店や料理店、漢方薬剤店が次第に集まり、南京市場ができたのがはじまり。戦前は、中国人による店のみならず、日本人商人たちも店を構え、近畿地方の中でも屈指の食料・雑貨品の市場として活況を呈していた。
「ええとこ、ええとこ、聚楽館(しゅーらっかん)」 MAP 14
昭和初期
1913(大正2)年、新開地に聚楽館という劇場が完成。設計は、初代通天閣の設計を手掛けた建築家・設楽貞雄。東京の帝国劇場を模し、「西の帝劇」と呼ばれた。1927(昭和2)年から映画の上映が始まり「ええとこ、ええとこ、しゅーらっかん」と謳われ、神戸を代表する娯楽施設として親しまれた。ちなみに、聚楽館の名は、豊臣秀吉が京都に建てた「聚楽第」が由来。
初代神戸駅(海側) MAP 15
明治初期
新橋~横浜間の日本初の鉄道開通から、わずか2年後の1874(明治7)年、神戸駅が開業、大阪~神戸間が開通した(所要時間は約70分)。初代神戸駅舎はレンガ造と木造の平屋建、現・3代目駅舎のやや東南に位置した。駅舎の一部が木造だったため、火の見櫓が設置された(画面右奥)。出入口は海側と山側にあり、海側は噴水のある駅前広場だった。後の1889(明治22)年、2階建の2代目駅舎が完成する。
1924(大正13)年の竣工当時、日本一の高さを誇った「神戸タワー」(高さ90m) MAP 16
昭和初期
旧湊川の埋立地の最北部分に、1911(明治44)年、湊川遊園地(後の湊川公園)が開園。上の絵葉書の画面右寄りの塔は、1924(大正13)年開業の「神戸タワー(新開地タワー)」。高さ90m(海抜100m)もあり、当時は通天閣をしのぐ日本一の高い塔だった。神戸大空襲の際は大きな被害を免れたが、1968(昭和43)年、老朽化のため解体された。
「清盛塚」平安末期、大輪田泊(おおわだのどまり ※後の兵庫港)を整備した平清盛のための供養塔 MAP 17
明治後期
兵庫港は、古くは大輪田泊または務古水門(むこのみなと)と呼ばれ、貿易港として栄えた。平清盛は、大々的に港を整備し、人工島である兵庫島(経が島)を築き、宋との貿易の拠点とした。しかし、清盛の死後、この地域は源平合戦の激戦地と化す。このため周辺には清盛に関連する旧跡や、命を落とした平家の武者たちの供養塔が多数散在している。
神戸川崎造船所のガントリークレーン MAP 18
昭和初期
現在の第4船台(川崎重工神戸工場)
神戸川崎造船所では、民間造船所初の戦艦「榛名」建造のため、1912(大正元)年、川崎造船所第4船台に長さ303m・幅44m・高さ50mのガントリークレーン(gantry crane)を造った。1962(昭和37)年に解体されるまで、客船鹿島丸、戦艦伊勢、空母瑞鶴、重巡足柄、摩耶を建造した。
諏訪山金星台から眺めた神戸市 MAP 19
大正後期~昭和初期
1874(明治7)年、金星の日面通過観測のため、当時の科学先進国の天文学者たちが、世界各地に観測隊を送った。日本に来た観測隊は、横浜・長崎、そして神戸に分散し、神戸では諏訪山の中腹で観測がなされた。そのため、この展望台は「金星台」という名前が付けられた。この観測の結果、日本の経度が確定し、日本標準時の子午線が明石に定められた。また、金星台の観測隊の一員に清水誠が参加し、日本人で初めて金星の日面通過を撮影した。
金星台と諏訪山展望台を繋ぐ螺旋橋は、金星にちなんでヴィーナスブリッジと呼ばれ、今も夜景を楽しむスポットとして有名である。
古地図・鳥瞰図で巡る「江戸・昭和初期の神戸」
『開港当初神戸の図』 1868(慶応4)年
『神戸市名所交通圖繪』 吉田初三郎作・1930(昭和5)年(部分)
神戸は六甲の山々と海に挟まれた東西に細長く延びた町。開港当初は、まだ鉄道も走っておらず、東西に貫いている西国街道沿いには元町の商業地が発展する。外国人居留地として開かれた場所は、他の地域と較べて道路の幅も広く、街区も整然としていたのが分かる。昭和初期になると、山々の裾野にまで市街地が拡大、神戸市街は路面電車(右の地図の赤い線)が市内の隅々を網羅し、国鉄(現JR)は高架化され交通網が発達していった。開港当初は小さな波止場だけであったが、港の埋め立てが年々進み、大型の埠頭や造船所などの施設も充実、国際港湾都市としての発展をうかがい知ることができる。
MAP

この地図をフルスクリーンで表示(別ウインドウが開きます)

 

※企画制作協力/画像古地図提供 / 原島 広至

トップへ戻る