所沢センターのブログ

オフタイム 

オフタイム
コマツナ
2018/12/06

こんにちは!

栗林でございます。


寒い季節になると葉物が旬の時期になりますね。
今回は「コマツナ」のお話です。

小松菜(コマツナ)はチンゲンサイなどと同じ
アブラナ科アブラナ属の植物で、
収穫せずにそのままにしておくととうが立ち
アブラナと同じ黄色い花を咲かせます。

名前は東京の小松川(現在の江戸川区)に
由来しているそうです。
江戸時代、将軍に気に入られ、献上する際に
土地の名前を冠したといわれております。
また、当時から江戸庶民には親しまれていたようです。


コマツナは今では各地でハウスなども含め
通年出荷されていますが、
本来寒い冬に採れる野菜だったので
冬菜、雪菜などとも呼ばれています。
また初春に出回る若くて色が薄いものは
鶯菜(うぐいすな)とも呼ばれています。
寒さに強く、一二度霜が降りた後のほうが甘みが増し
葉も柔らかくなって美味しくなります。

普段ホウレン草をよく使っていると思いますが、
ホウレン草よりアクが少なく、
用途的には同じように使えるので
メニューにもどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。
三井住友トラスト不動産所沢センターでは、所沢市を中心に西武池袋線、西武新宿線、JR武蔵野線、JR川越線、JR埼京線、東武東上線沿線の物件を数多く取り揃えております。このエリアでのご売却・ご購入のご相談は所沢センターまでお気軽にお寄せください。
  • ご売却相談
  • ご購入相談
  • この店舗へのお問い合わせ