このまちアーカイブス INDEX

日本最初の公園の一つ「上野公園」 数多くの博覧会が開催

1873(明治6)年、上野の山には日本最初の公園の一つである「上野公園」が誕生した。ここは、明治から大正、昭和にかけて、殖産興業などの目的で開催される博覧会の会場となり、多くの人を集めた。また、公園内には、常設の博物館、動物園、音楽・美術学校などが設けられ、西洋レストランもオープンした。


明治40年に「上野公園」で開催 不忍池畔の外国館を望む MAP __

「上野公園」では、1877(明治10)年の第一回をはじめ、合計3回の「内国勧業博覧会」が開催された。「内国勧業博覧会」は、明治維新後の殖産興業策の一つで、政府主催で行われている。また、1907(明治40)年には、東京府の主催で「東京勧業博覧会」も開かれ、「上野公園」は多くの人で賑わった。写真は「東京勧業博覧会」の外国館と「不忍池」の様子。【画像は明治後期】

会場に多様なパビリオン 「上野精養軒」庭園より望む MAP __

「東京勧業博覧会」会場を「上野精養軒」庭園から眺めた風景で、パビリオン、塔、売店などが建ち並ぶ。この会場の様子は、夏目漱石の小説『虞美人草』の主人公・宗近らの会話の中にも描かれている。【画像は明治後期】

都内有数の桜の名所として知られる「上野公園」、「不忍池」周辺。対岸には、「東天紅 上野本店」のビルなどに加えて、高層マンションの姿も目立つようになっている。

国内のフランス料理の草分け 漱石作品にも登場 MAP __

1876(明治9)年、当時築地にあった「精養軒ホテル(築地精養軒)」の支店として、「上野公園」内に「上野精養軒」がオープンした。日本のフランス料理の草分けでもあるこのレストランは、夏目漱石の『三四郎』や『行人』にも登場する。【画像は明治中期】

レストランだけではなく、結婚式の披露宴やパーティー会場としての利用者も多い「上野精養軒本店」。公園内の博物館などでも支店(レストラン)の営業を行っている。

明治14年、「上野公園」に本館 「帝室博物館」 MAP __

「帝室博物館」の看板が架かる門の奥の本館は、1881(明治14)年に「寛永寺」本坊跡に、ジョサイア・コンドルの設計で竣工した。その後、1909(明治42)年に片山東熊設計の「表慶館」が誕生し、こちらは現存している。【画像は明治後期】

日本を代表する美術・博物館として、海外にもその名を知られる「東京国立博物館」(1952(昭和27)年に同名称に改称)。正面に見える本館は、1937(昭和12)年に竣工、翌年に開館した。

日本で最初に開園した動物園 明治15年に誕生 MAP __

「上野動物園」は当初、1882(明治15)年に「農商務省」所管の博物館付属施設として開園した。当時は日本の動物が主体で、その後、海外のトラやラクダなどが加わった。「宮内省」所管を経て、1924(大正13)年に東京市に下賜され、「上野恩賜公園動物園」となった。【画像は明治後期】

現在、「恩賜上野動物園」では、3頭のジャイアントパンダをはじめとする約400種の動物を飼育している。

日本最初の官立音楽学校 「東京藝術大学音楽学部」の前身 MAP __

1890(明治23)年、上野に移転した「東京音楽学校」は、同じ上野にできた「東京美術学校」と統合され、現在の「東京藝術大学(音楽学部・美術学部)」に発展した。「東京音楽学校」の「奏楽堂」は、日本で最初の洋式音楽ホールで、1983(昭和58)年に台東区に譲渡され、1987(昭和62)年、「上野公園」内の現在地へ移築・復元された。【画像は明治後期】


博覧会から受け継がれる文化の森 MAP __

「東京大正博覧会」のロープウェイ

「東京大正博覧会」の際、「不忍池」に架けられたロープウェイ。
MAP __

「上野公園」では、1877(明治10)年開催の「第一回内国勧業博覧会」を皮切りに大正、昭和期まで数多くの博覧会が開かれてきた。代表的なものをあげると、1881(明治14)年の「第二回内国勧業博覧会」、1907(明治40)年の「東京勧業博覧会」、1914(大正3)年の「東京大正博覧会」、1922(大正11)年の「平和記念東京博覧会」、1928(昭和3)年の「大礼記念国産振興東京博覧会」、1930(昭和5)年の「海と空の博覧会」などである。こうした博覧会の名称には、「勧業」「平和記念」「国産振興」「海と空」など、当時の世相を表すキーワードが用いられている。

博覧会ではその都度、仮設の建築物(パビリオン)が造られたが、その中には博覧会終了後も、引き続き使用されるものも存在した。現在の「東京国立博物館」は、初期の「内国勧業博覧会」の開催に合わせて上野に移転、建設された。また、博覧会の開催により園地が整備され、新しい文化施設の誕生につながった。

「上野公園」には、このページの写真で紹介した以外にも、1889(明治22)年に「東京美術学校(現・東京藝術大学 美術学部)」、1926(大正15)年に「東京府(現・都)美術館」、1931(昭和6)年に「東京(現・国立)科学博物館」、1961(昭和36)年に「東京文化会館」などが誕生している。こうした施設の存在が、長く文化の地・上野を支えてきた。


日本で最初に開業したモノレール MAP __

「上野動物園」内には1957(昭和32)年、東京都交通局上野懸垂線(「上野動物園モノレール」)が開業した。日本で最初に開業したモノレールで、動物園の遊技施設ではなく、正式な鉄道として、「東京都交通局」が運営していた。写真は1967(昭和42)年に運行を開始した2代目の車両。この頃、日本では、渋滞の影響を受ける路面電車や路線バスに代わる都市内交通手段として、モノレールが注目されており、「上野動物園モノレール」をはじめ、実験的な路線が続々と建設された。【画像は1967(昭和42)年】

「上野動物園モノレール」は、車両の経年劣化から、2019(令和元)年10月31日をもって運行を休止となった。写真は運行最終日の様子。今後、維持・廃止については未定となっている。【画像は2019(令和元)年】


次のページ 東京の北の玄関口


MAP

この地図を大きく表示


トップへ戻る