このまちアーカイブス INDEX

「鉄道第二連隊」と演習線

「鉄道隊」は戦地において鉄道の敷設・補修・運転などに従事した部隊で、人員や物資の輸送を支える重要な役割を担っていた。現在の習志野市には明治末期に「鉄道連隊第三大隊」(のちに「鉄道第二連隊」に昇格)が置かれ、「習志野原」周辺で鉄道の演習が行われた。戦後、「鉄道第二連隊」の施設の跡地は大学や商業施設、公園などになったほか、演習線跡の一部は新京成線や自転車・歩行者専用道路となった。



「鉄道第二連隊」の歴史

「軽便鉄道運転演習」

昭和初期撮影の「鉄道第二連隊」の「軽便鉄道運転演習」。

1887(明治20)年頃より、軍部は鉄道による兵站(部隊の移動や武器の輸送など)の重要性を主張するようになり、「日清戦争」の翌年、1896(明治29)年に「鉄道大隊」が創設された。鉄道は「日露戦争」の勝利にも大きく貢献し、1907(明治40)年に「鉄道連隊」に昇格、翌年、千葉県に移転となり、本部・材料廠などが千葉町(現・千葉市椿森)に、「鉄道連隊第三大隊」が津田沼に置かれた。1918(大正7)年の「シベリア出兵」に伴う増強のため、「鉄道連隊第三大隊」は「鉄道第二連隊」に昇格となった。これらの鉄道隊は、戦地での工事のほか、「関東大震災」後の鉄道の復旧工事や北総鉄道(現・東武野田線)や小湊鐵道などの敷設も行っている。

「K2形蒸気機関車」

戦後、「鉄道連隊」の車両は「西武鉄道」などへ払い下げられた。かつて「鉄道連隊」で活躍した「K2形蒸気機関車」は「ユネスコ村」で静態保存されたのち、1994(平成6)年に「津田沼一丁目公園」に移設された。 MAP 12

演習線の歴史は次の通り。「日露戦争」後の1906(明治39)年、購入した鉄道資材などを、「ロシア兵捕虜収容所」跡地に保管するため、総武線「津田沼駅」から大久保の「騎兵連隊」前を経由し収容所跡地に至る軽便鉄道が敷設された。その後、千葉町へ移転した「鉄道連隊」の材料廠へ資材を移送するため、1909(明治42)年にかけて延伸、津田沼から大久保・三山を経由し千葉まで約16・7kmの路線となり、資材の移送は1911(明治44)年に完了、その後は演習線として用いられた。演習線では線路の敷設・撤去や機関車の運転の演習などが行われた。

津田沼・松戸間の演習線(松戸線)は、1927(昭和2)年から1932(昭和7)年にかけて敷設された。こちらの路線は当初から演習が目的であり、カーブが多く作られていた。


大久保周辺の演習線 MAP 13

昭和初期、「鉄道第二連隊」が普通鉄道を敷設する演習中の写真。右に既設の軽便鉄道、左奥に電化された鉄道が写っており、現在の「京成大久保駅」付近と思われる。【画像は大正期~昭和初期】

演習線跡は、1968(昭和43)年に国から習志野市が借り受け、自転車・歩行者専用道路として整備された。現在は習志野市の幹線緑道「ハミングロード」の一部で、「京成大久保駅」付近は「サイクリング道路」となっている。写真中央は演習線跡の説明板で、左に京成本線が通っている。

「鉄道第二連隊」の表門が残る「千葉工業大学」 MAP 14

「鉄道第二連隊」の敷地は、総武線「津田沼駅」を挟んで南北に広がり、南側に本部・兵舎・作業場が、北側に器材の保管・整備を行う倉庫や、演習用の「軍用津田沼駅」があった。写真は1955(昭和30)年に撮影の「千葉工業大学」。1942(昭和17)年、東京・町田の「玉川学園」内に「興亞工業大學」として設立され、1946(昭和21)年に千葉県の君津へ移転し改称、1952(昭和27)年に、かつて「鉄道第二連隊」の本部があった場所に移転してきている。【画像は1955(昭和30)年】

旧「鉄道第二連隊」の表門は、1907(明治40)年頃に総武線「津田沼駅」南側(現・バスターミナル付近)に設置、1921(大正10)年に現在地に移転したといわれる。現在は「千葉工業大学」の通用門で、1998(平成10)年に国登録有形文化財となった。駅の南北にあった広大な「鉄道第二連隊」の跡地は、南口側が「千葉工業大学」「モリシア津田沼」、北口側が「イオンモール」などになった。

演習線から誕生した新京成線

終戦後、演習線の松戸線は払い下げられ、1947(昭和22)年に「新京成電鉄」により新津田沼・薬園台間が開業、その後、段階的に延伸され、1955(昭和30)年に松戸まで全通した。「新津田沼駅」の位置や路線の変遷は地形図の通り。1968(昭和43)年に、大きくS字を描きながら「新津田沼駅」を通り「京成津田沼駅」へ向かう現在の線形になった。【地形図は1967(昭和42)年】

写真は1958(昭和33)年に撮影された新京成線で、地形図の付近からの撮影。奥の建物が「船橋市立前原小学校」。 MAP 15(撮影地点)【画像は1958(昭和33)年】

現在の新京成線で、地形図の付近からの撮影。このあたりから右にカーブして「新津田沼駅」へ向かう。 MAP 16(撮影地点)


次のページ 沿岸部の産業


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る