このまちアーカイブス INDEX

学校の誘致と住宅の開発

東横線では、沿線を開発して旅客を増やすため、学校誘致などの付帯事業が行われた。「東京横浜電鉄」が土地を提供するなど後押しをしたことで、沿線には大学の予科が開設され、こうした流れを受けて、沿線の住宅開発も急速に進んでいった。


日吉に「慶應義塾大学予科」が誕生 MAP 13

三田の「慶應義塾」は1920(大正9)年の大学令により、総合大学の「慶應義塾大学」となり、予科、大学院を付設した。1928(昭和3)年に予科を郊外へ移す方針が決まると、「目黒蒲田電鉄」「東京横浜電鉄」の両社は日吉台の共同経営地から23万7,600m2を無償で寄付、10万5,600m2を一般所有者から買収するのを斡旋することとし、1929(昭和4)年に「慶應義塾大学」と両社の間で仮契約を締結。翌年、予定面積全部の買収を終えたところで本契約を締結した。予科校舎は1934(昭和9)年に開校、1939(昭和14)年には工学部の前身である「藤原工業大学」も敷地内に開校した。【画像は昭和初期】

戦災により一部が焼失、進駐軍によって接収されたものの、返還後に新校舎の建設や増築が重ねられ現在に至る。写真は移転当時から変わらずある、「日吉駅」東口から続く銀杏並木。

新丸子に「日本医科大学」の予科、病院 MAP 14(予科校舎跡) MAP 15(武蔵小杉病院)

1876(明治9)年に設立された「済生学舎」を起源とする、日本最古の私立医科大学「日本医科大学」は、1932(昭和7)年に予科を新丸子に移転した。この約3万3,000m2の土地は、「目黒蒲田電鉄」「東京横浜電鉄」の共同経営地から無償提供されたもの。その後、1937(昭和12)年に、隣接する形で三つ目の付属病院である「日本医科大学付属丸子病院」(現「日本医科大学武蔵小杉病院」)を開院した。写真は1935(昭和10)年頃の予科校舎。戦災により焼失し、1948(昭和23)年に予科は市川市へ移転している。【画像は1935(昭和10)年頃】

予科の跡地は「新丸子キャンパス」として使われていたが、2014(平成26)年に武蔵境にキャンパスを移転。現在は川崎市の小学校建設が進められ、「武蔵小杉病院」を含めた一連の再開発が行われる予定である。

写真は「日本医科大学付属丸子病院」の玄関。【画像は1937(昭和12)年頃】

戦後は数回の名称変更が行われ、2006(平成18)年に現在の「日本医科大学武蔵小杉病院」となり、同年救命救急センターにも指定された。

「法政大学」が「木月校地」を開設 MAP 16

「法政大学」は、「東京横浜電鉄」から寄付された分を含む川崎市木月(現・中原区木月大町)の3万3,000坪の土地を新しい予科の校地に定めた。1936(昭和11)年に時計塔のある鉄筋コンクリート3階建ての新校舎が誕生し、予科図書館、総合グラウンドなども置かれ、1939(昭和14)年に「法政大学第二中学校」、1943(昭和18)年に「法政大学第二工業学校」(ともに現「法政大学第二高等学校」)が開設された。写真は1946(昭和21)年、戦後の「木月校地」で、周囲の多くは空襲で焼失しているものの、時計塔のある本館が焼失を免れている様子がわかる。【画像は1946(昭和21)年】

戦後、予科は第一教養部となり、市ヶ谷に移転したが、附属校と総合グラウンドは残り現在に至る。時計塔のある本館は1986(昭和61)年に改修され校舎として使用されてきたが、2014(平成26)年に取り壊され、同年に竣工した新校舎に意匠が引き継がれている。


「東京横浜電鉄」などによる住宅地開発

1928~1929(昭和3~4)年頃の「新丸子分譲地」

1928~1929(昭和3~4)年頃の「新丸子分譲地」

東横線は当初からまちづくりを目的とした路線として計画されていた。そのため旅客の誘致が不可欠であり、「東京横浜電鉄」は鉄軌道業の充実と並行して住宅地開発などの付帯事業の拡充にも尽力していった。神奈川線(現・東横線)の工事と並行して、「田園都市株式会社」(1928(昭和3)年に「目黒蒲田電鉄」に吸収合併)と共同で新丸子、日吉の土地を買収。1926(大正15)年の神奈川線開通後に同地で分譲を開始した。「新丸子分譲地」は約6.7haでグリッドプラン、「日吉台分譲地」は約62haで道路は放射状になっている。そのほかにも小杉や元住吉など、沿線の社有地で次々と未開発の土地を整地し、売り出していった。

沿線に1軒家が建てば年間100円の運賃収入が見込まれたため、土地購入者には購入後半年以内に住宅を建築した場合1年間有効の無料乗車証を与え、1929(昭和4)年からは低金利で住宅資金の貸し付けを行うなどの優遇策を行った。また「目黒蒲田電鉄」と「東京横浜電鉄」で協力して大学の誘致にも尽力。1929(昭和4)年の「慶應義塾大学予科」の日吉移転をはじめ次々と大学の誘致を成功させた。その際土地の無償提供や買収の斡旋なども行ったが、「慶應義塾大学予科」の日吉移転を例に見れば土地の売り上げが移転後に急上昇していることから、予科の移転が旅客増のみならず住宅開発にも大きく貢献していることがわかる。

1930年代には南武鉄道(現・JR南武線)沿線と東横線沿線に大企業の工場が進出。各工場の従業員の便を図るため、「東京横浜電鉄」は1939(昭和14)年に「工業都市駅」(現「武蔵小杉駅」)を開設したほか、住宅供給を目的とする、川崎市と市内に所在する大手企業が出資し設立された「川崎住宅株式会社」などにより、この周辺でも住宅が建設されることとなった。


次のページ 「多摩川」の砂利採掘


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る