このまちアーカイブス INDEX

古地図に見る御影・住吉・魚崎


東に住吉川、西に石屋川が流れる高級住宅地

現在の御影浜町、住吉浜町、魚崎浜町が埋め立てられる前の住吉村(現・東灘区)の1921(大正10)年の地図に当時の主な施設などをしめしたものである。西に石屋川、東に住吉川が流れ、東明、石屋、御影、郡家、住吉、魚崎、横屋の地区が並ぶ。この年までに、東海道線「住吉駅」、阪神電気鉄道には「石屋川駅」、「御影駅」、「住吉駅」、「魚崎駅」の4駅が、阪神急行電鉄神戸線には「御影駅」が置かれていた。阪神国道は予定線として描かれている。

また、地図の中で目立つのは、学校などの用地であり、「御影師範学校」、「御影小学校」があり、地図東側の住吉川沿い、北反高林に「甲南学校」(現「甲南幼稚園・小学校)」がある。阪急の「御影駅」の南東、千本通の北側に「弓弦羽神社」があり、その東側に「村山龍平邸」の敷地が広がっている。

住吉川西側に続く堤上、観音林、北反高林、南反高林には、「野村元五郎邸」、「住友本邸」など、この地に移住した実業家・資産家の邸宅が存在していた。【地図は1921(大正10)年】



MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る