このまちアーカイブス INDEX

豊臣秀吉が築いた「伏見城」と伏見の街

豊臣秀吉が1594(文禄3)年に築いた「伏見城」は、地震などで倒壊した後、徳川家康が再建し、その西側に伏見の城下町が整備された。秀吉が「太閤堤」「豊後橋」(現「観月橋」)の工事など、「宇治川」「巨椋池」の治水事業を行い、河川の交通を「伏見城」下にまとめたことで、伏見の街の発展につながった。やがて、伏見は京都と大坂をつなぐ中継地として発展し、この地で生産される酒は、全国的に有名となった。


秀吉が築き、家康が再建した「伏見城」 MAP 6(伏見城模擬天守)

「伏見城」は、豊臣秀吉により2回、徳川家康によって1回、合計3回築城された。1594(文禄3)年、秀吉により伏見・指月(しげつ)の地に建てられた「指月伏見城」は、「慶長の大地震」で倒壊。1597(慶長2)年に近隣の「木幡山(こはたやま)」に再建されたものが、「木幡山伏見城」と呼ばれた。秀吉の死後、家康の部下、鳥居元忠が城将となったが、「関ケ原の戦い」の前哨戦で落城。1602(慶長7)年頃に家康により再建されたが、1623(元和9)年に廃城となった。画像は「木幡山伏見城」と城下町を描いた図で、中央右の赤い部分が「伏見城」、茶色が大名(武家)屋敷、白色が町家などである。図の下(南)側の向島には徳川家康の大きな屋敷(向島城)があり、向島と伏見を結ぶ橋が「豊後橋」(現「観月橋」)。また、図に示した「伏見港」周辺は町家が多くある様子がわかる。中央左の町家に挟まれ縦に延びる道が「両替町通」と「京町通」である。【画像は1881(明治14)年】

「伏見城」跡に整備された「伏見桃山運動公園」にある模擬天守。秀吉や家康の建てた「伏見城」天守と位置は異なる。かつての「伏見城」域には、明治天皇の「伏見桃山陵」なども存在する。

豊臣秀吉が城下町・伏見に開いた「伏見港」 MAP 7

「伏見城」を築いた豊臣秀吉は、「巨椋池」に合流する「宇治川」の付け替えなど大規模な治水工事を行った。秀吉は「巨椋池」内の島々を結んで「太閤堤」と呼ばれる堤防を築き、「宇治川」の流れをまとめて、伏見の町に引き寄せた。これにより、「宇治川」の水深が確保され、水路として利用できるようになった。さらに「宇治川」と「濠川」を結ぶ場所に「伏見港」を整備した。江戸時代には、伏見・大坂間を結ぶ「三十石船」が往来するなど「伏見港」は、水上交通の中継地として賑わい、「寺田屋」に代表される船宿も多く置かれた。また、角倉了以(すみのくらりょうい)らによる「高瀬川」開削で、「伏見港」は京都・伏見間の物資輸送にも大きな役割を果たした。画像は「京橋」の様子。【画像は1863(文久3)年】

現在の「京橋」付近の様子。かつて川港として栄えた「伏見港」の南、京阪線「中書島駅」付近には、「京都府立伏見港公園」が整備されている。

秀吉の「豊後橋」を再建し、「観月橋」が誕生 MAP 8

「観月橋」は、古くは「桂橋」といい、周辺は月の名所としても知られていたという。その後、秀吉が伏見と向島の間を流れる「宇治川」に架けた橋は、豊後の大友氏が工事を行ったことから「豊後橋」と呼ばれていた。幕末の「鳥羽・伏見の戦い」で、この橋が焼け落ち、1873(明治6)年に再建された際、月の名所にちなんで「観月橋」と命名された。現在の橋は1936(昭和11)年に完成した。【画像は昭和戦前期頃】

現在では、「観月橋」とともに写真上の「新観月橋」が1975(昭和50)年に架けられて、新たな景観が生まれている。

伏見の酒蔵 「笠置屋」は「月桂冠」へ MAP 9

水に恵まれた伏見が酒どころとして有名になるのは豊臣秀吉の時代といわれる。江戸時代前期、伏見には83の酒造家が存在していたが、次第に衰退し、江戸時代末期まで続いたのは「富翁」の「鮒屋(ふなや)」(現「北川本家」)と「笠置屋(かさぎや)」(現「月桂冠」)だけであった。「笠置屋」は、1637(寛永14)年、初代大倉治右衛門が現在の京都府相楽郡笠置町から京都伏見に出てきて創業。明治期になると全国へと販路を広げ、1905(明治38)年には酒銘を「月桂冠」とした。画像は、「笠置屋」の創業地に建てられた、居宅兼店舗および酒蔵の「大倉家本宅」前。大正天皇御即位大礼の御用酒を運ぶため、「京都御所」へ出発するところで、中央の洋装の人物が十一代目の大倉恒吉。【画像は1915(大正4)年】

築180年以上となる現在も当時の姿を残す「大倉家本宅」。「笠置屋」は「大倉酒造株式会社」などを経て、1987(昭和62)年に「月桂冠株式会社」となった。


城下町・伏見には、大名屋敷をしのぶ町名 MAP 10(伏見銀座跡碑)

「伏見大手筋商店街」にある「伏見銀座」跡の石碑

「伏見大手筋商店街」にある「伏見銀座」跡の石碑

安土桃山時代の終わり頃、豊臣秀吉が「伏見城」を築き、政治の中心としたことで、周辺には大名屋敷が建てられ、城下町が形成された。現在も伏見区(桃山地区)の地名には、大名の名前や領国にちなんだものが数多く残されている。また、秀吉の後を継いだ徳川家康も、銀貨鋳造発行所である「銀座」を設けるなど、当時日本最大の城下町だった伏見の整備を行った。

秀吉が1594(文禄3)年の「伏見城」築城とともに整備を進めた城下町では、町割や開発が行われた。城を取り囲むように南西に大名屋敷が置かれ、その城西側の町中心部を囲むように外濠が造られた。掘られた土砂は外堀のさらに西側の低湿地帯の埋め立てに使用された。町の中心部には南北に「京町通」と「両替町通」が整備され、町人らが住む商業地が形成された。家康や加藤清正、石田三成らの屋敷は、複数存在したが、その屋敷跡にはそれぞれ領国や官職にちなんだ「桃山町三河」「肥後町」「桃山町治部少丸(じぶしょうまる)」などの町名が残っている。

城下町の西側には、城の外濠となる「濠川」が開かれ、その後、さらに西側に角倉了以・素庵(そあん)親子により、「高瀬川」が開削されている。町人地の中心となったのは、南北に延びる「京町通」、「両替町通」沿いの地域であり、南から一丁目、二丁目…と分けられた。現在はこの付近を京阪、近鉄両線が走っている。

「銀座」は「関ケ原の戦い」の翌年、1601(慶長6)年に家康が日本で初めて設けた。その跡地には、石碑と案内板が建てられ、銀座町一~四丁目の町名に名残がある。この場所は南北に長い両替町の中央部分(五~八丁目)にあたる。また、1666(寛文6)年に江戸幕府により置かれた「伏見奉行所」は、現在の「桃陵団地」付近にあった。奉行前町、西奉行町などの町名があり、団地内には石碑もある。


次のページ 京都と大坂を結ぶ交通の要


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る