このまちアーカイブス INDEX

軍隊の町から文教エリアへ

市川は、文人ゆかりの地としても知られ、過去には永井荷風、幸田露伴、北原白秋などの数多くの文人が好んで住んだ。彼らの文学作品の中には、身近だった市川に関する記述も多い。そして、国府台から八幡にかけては、大正期から「国府台高等女学校」(現「国府台女子学院」)など私立学校の創立が相次ぎ、文教・学園都市として知られるようになった。


陸軍用地から大学校の設置場所へ MAP 14

1872(明治5)年に学制が布かれ、「文部省」(現「文部科学省」)により一度は大学校の建設地として選定された国府台だったが、反対意見が出て立ち消えとなった。1885(明治18)年、空いた用地に「陸軍教導団」が設置され、その廃止後も国府台は「野砲兵連隊」が駐屯する「軍隊の町」となる。写真は「教導団砲兵生徒隊」(1枚目)と「教導団工兵生徒隊」(2枚目)。戦後は比較的戦災による爪跡が少なかったことから、兵舎などの跡地に大学の校舎が整備された。東京都内から、1946(昭和21)年には「和洋女子大学」が、翌年には「東京医科歯科大学付属病院国府台分院」が相次いで移転。軍隊の町から学園都市へと、街の様相が一変することになった。【画像は明治中期】

兵営跡地の一角に置かれた「東京医科歯科大学付属病院国府台分院」は、1965(昭和40)年に廃止され、現在は「東京医科歯科大学教養部 国府台キャンパス」となっている。

私立学校の設立、文教エリアへ MAP 15

京成電車沿線が住宅地として開発が進んだ大正から昭和初期にかけて、地元有力者によって私立学校の設立が相次いだ。まず、1926(大正15)年に「国府台高等女学校」(現「国府台女子学院」)が開校、1934(昭和9)年に「日出学園」、1937(昭和12)年に「市川中学校」(現「市川中学校・高等学校」)、そして1940(昭和15)年に「昭和女子商業学校」(現「昭和学院」)が誕生している。こうした学校の完成により、市川は首都圏でも屈指の文教エリアとして発展を遂げた。写真は「国府台高等女学校」。【画像は1935(昭和10)年】

「国府台女子学院」の校舎は2010(平成22)年から全面的に建替えが行われ、近代的で広々とした校舎に生まれ変わった。

市民の娯楽であった映画館 MAP 16 MAP 17 MAP 18

1935(昭和10)年頃の市川には、「市川橋」手前の「市川館」(後の「本八幡ハタシネマ」)、「三本松」正面の「三松館」(後の「市川オークラ劇場」)、東側の新田には「市川松竹館」(後の「市川東宝映画劇場」)の3館の映画館があった。「三松館」は戦後に「日活株式会社」と契約し「市川日活館」と改称、1枚目の写真はこの時代のもの。2枚目の写真は「市川松竹館」の館報。昭和初期の市民にとって映画は生活の楽しみであった。また、市川は風光明媚な土地柄で東京からも近いため、映画のロケ地としても定番だった。1925(大正14)年に封切された『異人娘と武士』は、国府台で撮影された傑作である。【1枚目の画像は1952(昭和27)年、2枚目の画像は1941(昭和16)年】

3館はそれぞれ閉館しており、当時の面影を見ることはできない。写真は「三松館」があった場所。現在は「野村證券 市川支店」になっている。


文人が愛した市川

中村味噌醸造所『市川市要覧 : 市川市制施行記念』 1935年

中村味噌醸造所『市川市要覧 : 市川市制施行記念』 1935年

大黒屋

大黒屋 MAP 19

中村家住宅主屋

中村家住宅主屋 MAP 20

市川の豊かな水と緑に恵まれた自然環境は、これまでに多くの著名な芸術家や文化人に愛され、彼らを惹きつけてきた。市川市教育委員会発行の『市川の文学』によると、市川に関連する作家は約120名で、近代文学に絞っても、夏目漱石、正岡子規、与謝野晶子、谷崎潤一郎など、そうそうたる面々が挙げられるほどだ。そのため、文化人が贔屓にした店が市内各地に点在している。

例えば、「市川が好き、市川を墳墓の地と決めた」と話すほど市川を愛した小説家・永井荷風ゆかりの店として知られるのが「京成八幡駅」からも近い「大黒屋」である。荷風は1959(昭和34)年4月29日、「大黒屋」で一級酒1本とカツ丼を食べ、帰宅後に日記を記してこの世を去ったという。また、「私の戦後の代表作はすべて市川の水で描かれています」と話したのは、日本画家・東山魁夷(ひがしやまかいい)である。魁夷は1946(昭和21)年から、市内で味噌を醸造していた「中村家」の工場の2階を間借りして生活していたことでも知られる。市川の風土、環境が彼らの創作活動に大きな影響を与えたことは間違いない。

こうした市川ゆかりの文学者をはじめ、映像作家、写真家など、様々な分野の作家の資料を展示・収集する拠点として、2013(平成25)年に「市川市文学ミュージアム」が開館した。


次のページ 製塩業と「行徳船」


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る