三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
住居番号
読み:じゅうきょばんごう

「住居表示に関する法律」により、各建物に付された番号のこと。
土地登記簿に記載された地番とは異なる。

建物

民法では、土地の上に定着した物(定着物)であって、建物として使用が可能な物のことを「建物」という。 具体的には、建築中の建物は原則的に民法上の「建物」とは呼べないが、建物の使用目的から見て使用に適する構造部分を具備する程度になれば、建築途中であっても民法上の「建物」となり、不動産登記が可能になる。

土地登記簿

一筆の土地ごとに作成される登記記録のこと。

地番

土地登記簿の表題部に記載されている土地の番号のこと(不動産登記法第79条)。 民有地には地番が付されているが、公有地は無番地であることが多い。 なお、分筆された土地の場合には、原則として分筆の旨を示す記録・記号が付けられている。

関連用語