三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
Society5.0
読み:そさいえてぃ5.0

先端技術を産業や社会生活に広範に導入し、さまざまな社会課題の解決と多様なニーズに応えることのできる社会。日本政府による造語で、AI、IoT、ロボットなどに代表される技術(第4次産業革命)を多様な分野に大幅に取り入れることによって実現する社会とされ、政府の産業政策や科学技術政策の共通目標とされている。

Society 5.0の具体的な姿は明確ではないが、例えば「新産業構造ビジョン」(2017年)では、Society 5.0を形作るために戦略的に取り組む分野として、(1)移動困難を限りなく解消するなどの「移動する」分野、(2)スマートサプライチェーンの構築などの「⽣み出す・⼿に⼊れる」分野、(3)健康寿命の延伸などの「健康を維持する・⽣涯活躍する」分野、(4)災害に強く地域活力のある街づくりなどの「暮らす」分野をあげている。