このまちアーカイブス INDEX

「明治神宮」の鎮座と原宿の発展

1906(明治39)年に山手線の「原宿駅」が開業した。間もなくして、駅の西側には1909(明治42)年に陸軍の「代々木練兵場」「衛戍監獄」が設けられ、この北側には1920(大正9)年に「明治神宮」が鎮座した。「原宿駅」周辺には「明治神宮」の正面参道となる「表参道」が開かれ賑わいを見せた。


明治天皇と昭憲皇太后を祀る「明治神宮」 MAP 27(明治神宮) MAP 28(「明治神宮」の第三鳥居)

明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする「明治神宮」。江戸時代は彦根藩井伊家の下屋敷だった「南豊島御料地」に建設され、1920(大正9)年に鎮座祭が執り行われた。「社殿」、「宝物殿」、「神橋」などがある内苑と、「明治神宮野球場」「聖徳記念絵画館」「明治記念館」などがある外苑に分かれている。画像は「御社殿」の南に位置する「第三鳥居」。【画像は大正期】

2016(平成28)年に「第三鳥居」は1920(大正9)年の創建以来、初めて建て替えられた。

「明治神宮」の「表参道」は駅名に MAP 29

「青山通り」から「神宮橋」に至る通りは、「明治神宮」の「表参道」として、1919(大正8)年に整備された.。1927(昭和2)年に建設された「同潤会青山アパートメント」は、2003(平成15)年に取り壊され、跡地に「表参道ヒルズ」が誕生した。【画像は大正期】

幅員36mの両側にブランドショップや飲食店などが並ぶ人気の買い物スポットとなった「表参道」は、東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線の駅名にもなっている。美しいケヤキ並木が続く道路として「新・日本街路樹100景」にも選定されている。

現存する都内最古の木造駅舎「原宿駅」 MAP 30

1906(明治39)年、日本鉄道山手線(現・JR山手線)の駅として開業した「原宿駅」。開業の翌日に「日本鉄道」は国有化された。当初は利用客が少なかったが、1920(大正9)年に「明治神宮」が完成すると、その最寄り駅となり利用客も増加した。1924(大正13)年に完成したイギリス風の外観をもつ二代目駅舎は、現在、都内に残る最古の木造駅舎となっている。【画像は1924(大正13)年】

「原宿駅」の二代目駅舎は、現在も原宿のランドマークであり続けている。

「代々木練兵場」は戦後、「ワシントンハイツ」に MAP 31(代々木公園) MAP 32(代々木練兵場跡) MAP 33(衛戍監獄跡)

現在、「代々木公園」「NHK放送センター」がある場所には江戸時代、大名や旗本の下屋敷があった。1909(明治42)年に陸軍の「代々木練兵場」と「衛戍(えいじゅ)監獄」が設置され、この場所では、1910(明治43)年、陸軍の徳川好敏大尉が日本最初の飛行機の飛行に成功している。また、「衛戍監獄」では、1936(昭和11)年に発生した「二・ニ六事件」の首謀者の死刑が執行された。戦後、この地にはアメリカ軍の兵舎・家族用宿舎「ワシントンハイツ」が置かれ、返還後の1964(昭和39)年には「東京オリンピック」の「代々木選手村」が置かれた。画像は「代々木練兵場」で行われた観兵式の様子。【画像は大正期】

1967(昭和42)年に開園した「代々木公園」にはサイクリングコースや野外ステージ、陸上競技場(織田フィールド)などの施設が整備されている。


次のページ 「関東大震災」からの復興


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る