不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOP金融商品取引法等における投資家区分の移行の「期限日」について

金融商品取引法等における投資家区分の移行の「期限日」について

2008年2月
金融商品取引法等における投資家区分の移行の「期限日」(=異なる投資家区分に移行した場合の有効期間の末日)については、当社では毎年「8月末日」といたします。
  • 金融商品取引法等においては、お客様は「特定投資家」と「特定投資家以外の顧客」(以下「一般投資家」といいます)という2つの投資家区分に区分されますが、お客様のお申出に基づき一定のお手続きを経て、「特定投資家」から「一般投資家」へ、あるいは「一般投資家」から「特定投資家」へ移行できる場合がございます。
  • このように異なる投資家区分へ移行された場合、その有効期間の末日は、最初に到来する「期限日」(毎年8月末日)となります。引き続き移行した投資家区分をご希望される場合は、更新をお申出くださいますようお願いいたします。更新のお申出は、期限日前であってもお手続きされることが可能です。
  • 更新のお申出がないまま当該「期限日」を経過しますと、移行前の投資家区分に戻ります。
※本内容は金融商品取引法および金融商品取引業等に関する内閣府令に基づき公表するものです。