三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
履行不能
読み:りこうふのう

債務不履行の一つ。債権が成立した時点より後に、債務者の故意または過失により、債務の履行が不可能となったことをいう。

債務不履行

債権・債務関係において、債務が履行されない状態をいう。 例えば、売買契約において、代金を支払ったにもかかわらず、売り主が物件を引き渡さないときは、売り主は引渡し義務を怠っていて、「債務不履行」にあたる。 このような債務不履行に対しては、法律(民法)により、債権者が債務者に対して損害賠償を請求することができるとされている。 ただし、債務不履行を理由とする損害賠償を請求するには、次の条件を満たすことが必要である。 1.債務者が債務を履行しないこと(履行不能・履行遅滞・不完全履行の3形態がある) 2.債務者に故意または過失があること 3.債務不履行を正当化するような法律上の理由が存在しないこと

債権

私法上の概念で、ある人(債権者)が、別のある人(債務者)に対して一定の給付を請求し、それを受領・保持することができる権利をいう。 財産権の一つであり、物権とともにその主要部分を構成する。