三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
再調達価格(建物の〜)
読み:さいちょうたつかかく(たてものの~)

同等の建物建築する場合に要する建築費。

通常、建物構造ごとに定める建築単価(1平方メートル当たりの建築費)に床面積を掛け算して算定する。

算定が必要となるのは、保険や金融において、中古建物の現在価格を算定する場合などである。

再調達価格と現在価格との関係は、次のとおりである。
現在価格=再調達価格×(残耐用年数÷耐用年数)

建物

民法では、土地の上に定着した物(定着物)であって、建物として使用が可能な物のことを「建物」という。 具体的には、建築中の建物は原則的に民法上の「建物」とは呼べないが、建物の使用目的から見て使用に適する構造部分を具備する程度になれば、建築途中であっても民法上の「建物」となり、不動産登記が可能になる。

建築

「建築物を新築し、増築し、改築し、または移転すること」と定義されている(建築基準法2条13号)。

床面積

建築物の各階において、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積をいう(建築基準法施行令2条1項3号)。 なお具体的な床面積の判定の方法については、建設省(現国土交通省)が、通達(昭和61年4月30日付建設省住指発第115号)によって詳しい基準を設けている。