このまちアーカイブス INDEX

「千里山花壇」と「関西大学」の開設

北大阪電気鉄道(現・阪急千里線)沿線には、住宅地が開発されるとともに大学の誘致、遊園地の建設も行われた。大阪市内の上福島に「福島学舎」があった「関西大学」は、広い土地を求めて「千里丘陵」に移転した。また、「北大阪電気鉄道株式会社」は、現在の「関西大学第一中学校・高等学校」のあたりに「千里山花壇」を建設。後に「千里山遊園」となり、閉園後は「関西大学」が買収している。


桃の名所に「千里山花壇」の開設 MAP 8

現在の阪急千里線の「関大前駅」東側にある「関西大学第一中学校・高等学校」の付近には、1921(大正10)年、「北大阪電気鉄道株式会社」が「千里山花壇」として開園した遊園地があった。園内には子ども遊戯場、飛行塔、運動場、野外音楽堂、小動物園などがあり、家族連れで賑わった。また、桜・桃・菊・紅葉の名所としても有名だった。1938(昭和13)年には拡張工事を行い施設を充実させ、名称を「千里山遊園」と変更。俯瞰図は拡張後、名称変更の前に発行されたものと思われる。

その後1943(昭和18)年に「千里山厚生園」と改名し、1945(昭和20)年に軍事物資の貯蔵庫となり閉鎖されたが、戦後に再開。しかし入場者数が減少し1950(昭和25)年に閉園した。【画像は1938(昭和13)年】

拡張前の子ども遊戯場の様子。様々な遊具があり、親子連れで賑わっている。【画像は大正~昭和戦前期】

もともと桃の名所であった千里山に整備された「千里山花壇」は、春は桃・桜・ツツジ、夏は納涼、秋は菊花壇の見物客で賑わった。中でも秋の菊花壇は、日本一の懸崖菊花壇として枚方の菊人形とともに人気を呼んだ。【画像は大正~昭和戦前期】

現在の「関西大学 第3学舎」のあたりに立っていた飛行塔。小高い丘の上にあり、つり下げられたゴンドラが上昇すると大阪市内が一望できたという。MAP 9(飛行塔)【画像は大正~昭和戦前期】

「関西大学」が大阪市内から「千里山学舎」に移転 MAP 10

「関西大学」の前身である「関西法律学校」は1886(明治19)年に大阪西区(現・大阪市西区)の「願宗寺」で開校した。1905(明治38)年に社団法人「私立関西大学」と改組すると翌年北区上福島に「福島学舎」を建設。1918(大正7)年に大学令が公布されると、大学昇格に必要となる校地を探し、風光明媚な土地であった千里山に白羽の矢が立った。写真は1922(大正11)年4月に「千里山学舎」で初めての建物として竣工した「予科校舎」。同年6月に法学部と商学部をもつ大学として認可されている。【画像は1922(大正11)年】

1928~34(昭和3~9)年頃撮影された「千里山学舎」全景。手前に広がるのは1926(大正15)年に建設され東洋一と称されたグラウンド(現在は「総合図書館」と「尚文館」(大学院学舎)となっている)。右奥に写るのが1928(昭和3)年に竣工した図書館(現「簡文館」)。その左隣が1927(昭和2)年に「住友合資会社」(現「住友グループ」)の旧社屋を移築した「大学本館」(現「第1学舎」)で、さらに左隣が「予科校舎」。1番左に写るのがグラウンドとともに整備されたクラブハウスである。【画像は昭和戦前期】

「予科校舎」はその後1934(昭和9)年に焼失、1949(昭和24)年には跡地に大学院学舎や大学ホール、研究室などが建設された。現在このあたりには「岩崎記念館」が建っている。

1964(昭和39)年に2駅が統合され、「関大前駅」が誕生 MAP 11

日本一改称の多い駅として知られている「関大前駅」。1921(大正10)年10月、北大阪電気鉄道(現・阪急千里線)が豊津から千里山まで延伸された際に、「千里山花壇」の玄関口として「花壇前駅」の名称で開業した。その半年後の1922(大正11)年には「千里山駅」と「花壇前駅」の間に「大学前駅」が新設された。「花壇前駅」は1951(昭和26)年4月に「花壇町駅」となるまで5度改称している。「花壇町駅」と「大学前駅」がわずか400mしか離れていなかったこともあり、1964(昭和39)年に統合されて、現在の「関大前駅」が誕生した。写真は昭和中期の「大学前駅」である。【画像は昭和中期】

現在の「関大前駅」は「花壇町駅」からは少し移動して建設された。「千里山キャンパス」へのアクセス駅として若者の姿が多い。


次のページ 「千里ニュータウン」の開発


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る