このまちアーカイブス INDEX

東京有数の繁華街だった須田町界隈

須田町(現・神田須田町)は江戸期から8つの道が集まり、「神田川」の舟運もある交通の要衝で、市場もある賑わう地であった。明治後期になると路面電車(のちの市電、都電)が開通、「万世橋駅」も開業し、東京有数の繁華街となった。その後、青物市場の移転、「万世橋駅」の廃止などもあり、現在は主にオフィス街となっているが、明治期創業の老舗の飲食店も数軒見ることができる。


「万世橋」と「租税寮」

現在の「万世橋」周辺は、江戸期には「中山道」など8つの道が集まる交通の要衝で、また火事の際に延焼を防ぐ火除地としての広場もあったことから「八ッ小路」「八辻ヶ原」と呼ばれた。「八ッ小路」には、明治維新後の1873(明治6)年に東京最初の石橋「万世(万代)橋(よろずよばし)」(図中央)が架けられ、翌年「租税寮」(現「財務省主税局」に相当、図では橋の奥)が置かれた。 MAP __(1873年架橋の万世橋の位置) MAP __(租税寮があった場所)【図は1874(明治7)年】

写真は現在の同地点の様子。現在の「万世橋」は「まんせいばし」と読み、場所も明治初期に架橋された位置より下流寄り(写真では左下奥)となっている。

交通の要衝「万世橋駅」と「神田郵便局」

須田町には、1903(明治36)年から翌年にかけて上野、芝口一丁目(現「新橋駅」付近)、両国など各方面を結ぶ路面電車が開通、さらに1912(明治45)年に官設鉄道(現・JR中央線)の起終点となる「万世橋駅」(写真右)も開業した。この駅舎は、同時期に建設されていた「東京駅」と同様、辰野金吾の設計による赤煉瓦造りであった。ここはかつて「租税寮」があった場所で、「八ッ小路」は駅前広場となり、ここには「日露戦争」で部下を助けるために戦死し、日本初の「軍神」として祀られた広瀬中佐の銅像(写真中央)が1910(明治43)年に建立され、東京を代表する名所となった。写真左の建物は「神田郵便局」。【画像は明治後期】

「神田郵便局」は1872(明治5)年、現在の外神田に開設された「神田郵便取扱所」を前身とする。その後、数度の名称変更と移転を経て、1910(明治43)年に現在地となる連雀町(現・神田淡路町二丁目)に移転した。「神田郵便局」と、日本橋にあった「東京中央電信局」の間には日本初となる気送管(エアシューター)が設けられ、電報の送受が行われた。 MAP __(神田郵便局)【画像は明治後期】

1919(大正8)年、「東京駅」まで中央線が延伸され、「万世橋駅」は起終点ではなくなり、近隣に「神田駅」が開業、1923(大正12)年の「関東大震災」(以下震災)後には「秋葉原駅」が旅客営業を開始、「須田町交差点」が南に移動し市電の停留場が遠くなったこともあり、利用客は減少していった。震災の翌々年、「万世橋駅」は簡素な駅舎で再建されたのち、戦時中の1943(昭和18)年に休止(のち廃止)となった。駅前の広瀬中佐の銅像は1947(昭和22)年、GHQの占領政策を受けて、東京都により撤去された。現在、駅の跡地は「JR神田万世橋ビル」(写真右のビル)、JRの商業施設「マーチエキュート神田万世橋」となっている。「神田郵便局」は震災で全焼したのち、1934(昭和9)年、この地に復興建築が完成、現在はさらに建替えられ、写真左奥の高層ビルの左で営業している。 MAP __(マーチエキュート神田万世橋)

震災復興後の「大正通り」と「須田町交差点」

須田町一帯は震災による火災の被害を受けた。その後、震災復興事業が行われ、現在の「靖国通り」(当時は「大正通り」)、「中央通り」が拡幅・新設され、「須田町交差点」は南へ移動した。写真は移動後の「須田町交差点」。塔のある建物が「高久洋服店」で、塔の左の道が「中山道」の旧道となり、この先に「万世橋駅」がある。塔の右の道は復興事業により新たに作られた現在の「中央通り」で秋葉原方面へ向かっている。路面電車の横面が見えるあたりが「大正通り」で、写真では左右に貫く形で通る。【画像は昭和戦前期】

写真は現在の同地点の様子。 MAP __(撮影地点)

写真は震災復興事業で拡幅・新設された「大正通り」。左で分岐する直線の道が旧道で、この先に「万世橋駅」がある。分岐の先にある建物の屋上には「須田町食堂」の看板が見える。「須田町食堂」は、1924(大正13)年、この地で創業した洋食店で、急速にチェーン展開し、1934(昭和9)年には創業10周年を記念した「食堂デパート 聚楽」を新宿に開店するなど、昭和10年代には89店まで店舗網を拡大していたが、その後「太平洋戦争」の影響で縮小を余儀なくされた。【画像は1930(昭和5)年頃】

現在の「靖国通り」の様子。かつて「須田町食堂」があった場所は、現在は「串揚げじゅらく 神田須田町店」となっている。「聚楽」は、戦後には「上野駅」前に「聚楽台」を出店したほか、ホテル事業にも進出し、CMでも有名になった。 MAP __(撮影地点)

東京地下鉄道(現・東京メトロ銀座線)は、1927(昭和2)年に浅草・上野間が開業、上野から神田方面への延伸工事も行われていたが、「神田川」の下のトンネル工事に時間がかかったため、1930(昭和5)年に手前の「万世橋駅」(仮駅)までを開業、翌年に「神田駅」まで延伸した(その際、仮駅は廃止)。当時の交通の要衝であった「須田町交差点」は通過してしまうため、「神田駅」から交差点に向かう地下道が設けられ、「須田町交差点」には地下鉄の出入口もある「須田町地下鉄ストア」が1932(昭和7)年に開業、さらに日本初となる地下商店街「地下道市場」(のちの「神田駅地下街」)も開設された。写真は1935(昭和10)年頃の様子で、右のビルが「須田町地下鉄ストア」。左のビルは、江戸末期(当時は神田に青果市場があった)創業の果物商「万惣」が、1927(昭和2)年に開業した「万惣フルーツパーラー」。【画像は1935(昭和10)年頃】

「須田町地下鉄ストア」だったビルは1998(平成10)年に解体、現在は「東京メトロ」のビル(写真中央右側のビル)となっており、地下鉄の出入口も設けられている。「神田駅地下街」は2011(平成23)年までに全ての店舗が営業を終えた。「万惣フルーツパーラー」は昭和中期に建替えられていたが2012(平成24)年に閉店、跡地はホテルなど(写真中央左側)になっている。 MAP __(須田町地下鉄ストア跡)


次のページ 近代化と神田


MAP

この地図を大きく表示



トップへ戻る