町田センターのブログ

地域の情報・出来事 

地域の情報・出来事
公認会計士と税理士の違いとは? 【72丁目】
2018/10/23
こんにちは!


町田センターの「せんとくん」こと、新人の菊地です!


本日は不動産の売買でお世話になることもある『税理士』さんと良く聞く『公認会計士』さんの違いについて書かせていただきます!


この二つの職業が、『なんとなく似ているのは知っているけれど、具体的にどう違うの?』という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。


大きな違いは業務内容と対象のお客様にあります。


まず税理士さんの主な業務はその名前の通り税務業務です。

具体的には、税務申告の代理、税務書類の作成、税務に関する相談などが挙げられます。

『確定申告が必要になったけどどうしよう、、、』

『税務書類の書き方が分からない』

『この税金について詳しく知りたい!』

このような悩みを解決してくれるのが税理士の方々です!

また一般の方に寄り添った業務であると言えるため、対象のお客様としては個人のお客様が多いと言えます。


一方で、会計士の主な業務は監査業務です。

監査業務とは、企業が作成した財務諸表が適正であるかどうかを第三者の立場から評価する業務のことです。
________________________________________________________________

※財務諸表とは?
企業がどのくらいの利益を上げているのか、どのくらい借金をしているのか、社内のお金の流れはどうなっているのか等が記載されている書類の総称です。

その企業の利害関係者が企業の状態を判断する重要な指標です。
________________________________________________________________

この財務諸表から分かるように、主なお客様は企業などの法人です。


このように税理士は主に個人の相談者の側に立って税務に関する依頼を引き受け、会計士は中立の立場から法人の監査業務を行う専門家であると言えます。


精進します!
三井住友トラスト不動産町田センターでは、 町田市全域から、町田駅を中心とした小田急線沿線と横浜線沿線の物件を数多く取り揃えております。このエリアでのご売却・ご購入のご相談は町田センターまでお気軽にお寄せください。
  • ご売却相談
  • ご購入相談
  • この店舗へのお問い合わせ