不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOPお役立ち情報大切な家族を想う将来の相続対策「Section3相続の手続き」Column 相続税を納税義務者以外の人が払った場合

大切な家族を想う将来の相続対策

相続

イザとなってからでは遅いから…大切な家族を想う将来の相続対策

大切な家族を想う将来の相続対策TOPへ

相続対策について、主に不動産を中心にまとめました。「相続をめぐる最近の状況」、「相続対策のポイント」、「成功事例と失敗事例」及び「相続の手続き」をQ&Aなどにより解りやすく解説しています。

Section3

相続の手続き

column

相続税を納税義務者以外の人が払った場合

コラム

相続税を納税義務者以外の人が払った場合

相続税は、原則として相続人等が取得した財産額に応じて納税の義務を負います。これを本人に納税資金がないために他の人が立て替えて支払った場合には、相続税を本来支払うべき人が相続税相当額の贈与を受けたものとみなされ、贈与税が課税されるおそれがあります。この場合、相続税を支払った人から本来納めるべき人が相続税の納税資金を借りることには問題はありませんが、後日の税トラブルを避けるため、確実に返済を行っていくことが必要です。

本コンテンツの内容について

このコンテンツは平成29年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。