大切な家族を想う将来の相続対策

相続

イザとなってからでは遅いから…大切な家族を想う将来の相続対策

大切な家族を想う将来の相続対策TOPへ

相続対策について、主に不動産を中心にまとめました。「相続をめぐる最近の状況」、「相続対策のポイント」、「成功事例と失敗事例」及び「相続の手続き」をQ&Aなどにより解りやすく解説しています。

Section3

相続の手続き

column

相続の用語:限定承認

コラム

相続の用語:限定承認

相続人は、相続開始時より亡くなった人(被相続人)の財産に関する一切の権利義務を引き継ぐのが原則です。したがって、相続人は被相続人のプラスの財産のほか、債務も引き継ぐことになります。ただし、相続人だから無条件に多額の債務を引き継がないといけないというのは酷ですから、民法では、相続放棄のほか、財産が債務を上回った場合のみ相続するという「限定承認」の制度を設け、相続人に選択の機会を与えています。

相続人が限定承認をする場合は、原則として相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に、相続人全員が家庭裁判所に申し出る必要があります。相続人が相続財産の全部もしくは一部を処分したとき、または、3ヵ月以内に限定承認もしくは放棄をしなかったときには、被相続人の財産に関する一切の権利義務を引き継ぐことを承認したものとみなされます。

限定承認を行った場合は、被相続人が相続財産を時価で相続人に売却したものとみなされ、譲渡所得課税がされるので注意が必要です。たとえば、相続財産のなかに多額の含み益のある土地があると、その含み益に対して譲渡所得税が課税され、準確定申告において納税することになります。なお、この場合の譲渡所得税については、被相続人に係る相続税の計算上、債務控除の対象となります。

本コンテンツの内容について

このコンテンツは平成29年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。