不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOPお役立ち情報大切な家族を想う将来の相続対策「Section3相続の手続き」Q5 相続税の計算方法について教えてください。

大切な家族を想う将来の相続対策

相続

イザとなってからでは遅いから…大切な家族を想う将来の相続対策

大切な家族を想う将来の相続対策TOPへ

相続対策について、主に不動産を中心にまとめました。「相続をめぐる最近の状況」、「相続対策のポイント」、「成功事例と失敗事例」及び「相続の手続き」をQ&Aなどにより解りやすく解説しています。

Section3

相続の手続き

Q5

相続税の計算方法について教えてください。

Q5

相続税の計算方法について教えてください。

A

以下の図表の流れで計算を進めます。

解説

解説

相続税の計算方法は、次のステップで進めます。

1.課税価格を計算します

亡くなった人(被相続人)の財産と相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産を合計した額から債務および葬式費用を控除し、これに相続開始前3年以内に被相続人から受けた一定の贈与財産を加算して、相続税の課税対象となる課税価格を計算します。

2.課税遺産総額を計算します

課税価格が一定限度以下の場合には相続税は課税されません。この一定限度を「遺産に係る基礎控除」といいます。基礎控除は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の算式で計算されます。

1.で計算した課税価格から基礎控除額を差し引くと課税遺産総額になります。

3.相続税の総額を計算します

課税遺産総額を、実際に財産を取得したか否かに関係なく「法定相続人が法定相続分で分割したもの」と仮定して、その分割後の金額に対して各人ごとに税率を適用して各法定相続人の相続税額を計算します。この各法定相続人の相続税額を合計した金額が相続税の総額となります。このような計算方法とされているのは、どのように遺産分割しようとも、相続税の総額が変わらないように配慮されているためです。

4.各人の算出税額を計算します

実際に財産を取得した人が、相続税の負担をします。各人が取得した財産の課税価格の比率に応じ、相続税の総額を按分することにより各人の算出税額が計算されます。

5.納める相続税額を計算します

各人の算出税額に、相続により財産を取得した人の属性に応じて相続税額の加算と減算(税額控除)を行います。相続税額の加算とは、財産を取得した人が兄弟姉妹など被相続人の配偶者、父母、子以外の者である場合、税額控除を差し引く前の相続税額にその20%相当額を加算する制度です(【column】孫が相続財産を取得した場合の相続税額の割増(加算)制度 参照)。

税額控除のうち代表的な「配偶者の税額軽減」とは、被相続人の配偶者が相続により取得した正味の財産額が、1億6,000万円と配偶者の法定相続分相当額のどちらか多い金額までは、配偶者に相続税がかからないという制度です。

本コンテンツの内容について

このコンテンツは平成28年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。