不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOPお役立ち情報大切な家族を想う将来の相続対策「Section3相続の手続き」Q3 遺言の方法について教えてください。

大切な家族を想う将来の相続対策

相続

イザとなってからでは遅いから…大切な家族を想う将来の相続対策

大切な家族を想う将来の相続対策TOPへ

相続対策について、主に不動産を中心にまとめました。「相続をめぐる最近の状況」、「相続対策のポイント」、「成功事例と失敗事例」及び「相続の手続き」をQ&Aなどにより解りやすく解説しています。

Section3

相続の手続き

Q3

遺言の方法について教えてください。

Q3

遺言の方法について教えてください。

A

遺言の方法には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。なかでも、家庭裁判所の検認手続きが不要で紛失のおそれのない公正証書遺言の作成が一番望ましい方法です。

解説

解説

遺言は、民法で定める方式に従わない場合は無効とされますので、作成には注意を要します。遺言の方法には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

1.自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、遺言者がその全文、日付および氏名を自書し、これに印を押すことにより作成します。長所は、遺言者が自書するため、他の2つの方法に比べ費用がかからないことです。短所は、紛失や改ざんのおそれがあること、本当に本人が書いたものかどうか争いになることがあることです。また、相続開始後には、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。家庭裁判所は、検認する日を決めて相続人を集め、その立会いのもと遺言書の内容等を確認します。遺言の執行の際には、この検認済証明書が必要になります。

【参考資料1】
遺言書(自筆証書遺言)の例 ※記載内容に関しては公正証書遺言と共通

2.公正証書遺言とは

公正証書遺言は、証人2人の立会いのもとに、遺言者が遺言の趣旨を公証人に伝え、公証人がそれを筆記し、これに遺言者、証人および公証人が自署押印することにより作成します。長所は、公証人が作成するため、極めて証拠能力が高いことです。また、遺言書の原本が公証役場に保管されているため、紛失や改ざんのおそれがありません。短所は、証人2人の立会いのもとに公証人が作成するため、手間と費用がかかることです。

3.秘密証書遺言とは

秘密証書遺言とは、遺言者が証書に署名押印し、その証書を証書に用いた印章で封印し、その封書を公証人および証人2人以上の前に提出して、自己の遺言書である旨ならびに遺言者の氏名および住所を申述し、公証人がその証書を提出した日付および遺言者の申述を封紙に記載した後に、遺言者および証人が自署押印することにより作成します。また、相続開始後には自筆証書遺言と同じく、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。

それぞれに長所と短所がある遺言の方法ですが、費用がかかるものの、家庭裁判所の検認手続きが不要で、紛失や改ざんのおそれがない公正証書遺言が一番望ましい方法といえます。

本コンテンツの内容について

このコンテンツは平成28年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。